MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のLTアジはレジャーフィッシングに最適だ【東京湾・八景沖】

東京湾のLTアジはレジャーフィッシングに最適だ【東京湾・八景沖】

気が付けば夏の終わりも近づき、これからは海風が気持ちいい時期。仲間や家族と一緒にレジャーフィッシングを楽しむにもいい季節だ。東京湾のLTアジは、そんなレジャーフィッシングに最適の釣りといっていいだろう。ライトなタックルで比較的浅場を狙い、釣り方もカンタン。ライトタックルは引き味もいいし、東京湾のアジは食味もいい!

レジャー感覚で気軽に楽しもう

東京湾のアジは食味も折り紙付き。仲間や家族とおいしいアジ料理を楽しもう。

8月中は日ムラがあったものの9月に入って絶好調。9月4日には半日でトップ88匹! の大爆釣。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「弁天屋」。

夏の終わりも近づく今日この頃。海風も涼しくなってきた。
これからは、仲間や家族を連れて、レジャーフィッシングを楽しむのにもいい季節だ。東京湾のLTアジは、そんなレジャーフィッシングに最適の釣りといっていいだろう。
ビギナーでも扱いやすいライトなタックルを使い、ビシアジ釣りに比べるとぐっと浅い釣り場を狙う。釣り方も簡単だ。
LTアジは午前、午後の半日船で出船する場合が多いので、初心者連れでも安心して乗船でき、気軽にアジ釣りが楽しめる。
このLTアジ乗合で出船している金沢八景の「弁天屋」では、8月中は潮色の影響などで食いが渋い日が多く、トップで10匹台など、ややさみしい釣果が続いていた。
しかし、9月に入って一転、15〜30㎝前後をトップ30〜50匹と急上昇。トップ88匹と爆釣の日もあるほどだ。半日船で88匹は、ほぼずーっと入れ食いっていう状態。そんな状況なら、初心者でも十分満足できるだろう。

正確なタナ取りができれば食う!

ビシは30号。船でテンビとセットのビシが借りられる。

エサは赤タンとアオイソ。潮色などによって食いが違うので、どちらが効くか試してみよう。

アジ釣りはタナ取りが肝心だ。タナ取りは道糸のマーカーを見て正確に。

「弁天屋」のLTアジ乗合は30号のビシを使用する。コマセはイワシミンチ。竿はLTロッド、ゲームロッドなど。あまり軟らかい胴調子の竿だとコマセが振り出しにくいので、やや先調子気味、7対3調子前後のものがいいだろう。
リールは小型両軸。道糸はPE2号以下を使おう。
仕掛けはハリス2号、ムツ10号など、全長2mほどの2〜3本バリ仕掛け。クッションゴムはなくてもよいが、大サバがまじることもあるので、1.5㎜30㎝ほどのものを付けておいてもいい。
釣り方は、ビシ着底後コマセを振りながらハリス分、底から2mほどのタナに合わせ、アタリを待つ、というのが基本。タナさえ正確に取れていればアジが食ってくる確率は高いので、ビギナーはとくに、しっかりタナを取るように心がけたい。
ビシが着底したら、まず糸フケを取り、糸が斜めになっているようなら、もう一度底を取り直してしっかり底ダチを取る。
そして、PEラインのマーカーを見て、正確にタナを合わせる。
正確なタナ取りをするためには、このふたつが肝心だ。
タナに合わせてしばらくアタリがないようなら、再びビシを着底させタナの取り直し。これで食わなければ、仕掛けを上げてコマセの入れ換えを行おう。
タナは海底からハリス分、つまり2m前後の場合が多い。渋いときは2.5〜3mとタナを探ってみてもいい。潮が速いときはビシが浮き気味になっていることが予想されるので、2mより低めにセットして、様子を見てみてもいいだろう。キスやカサゴなど底にいる魚ばかり食ってくるようなら、タナは低すぎだ。

ライトだからこそ手持ちで誘いを

ポイントは八景沖など広範囲を狙う。

手返しよく仕掛けを入れなおし、アジを寄せよう。

ビシ30号のライトタックルの釣りなので、子供やビギナーでも気軽に楽しめる。

ビシアジ釣りに比べ、ビシやタックルが格段に軽いLTアジでは、一日手持ちで釣れて、小さなアタリなども敏感に感じられるのがメリット。
「小さななアタリがあるがハリ掛かりしない」、などといった海中からのシグナルも感知しやすいのだ。
そんなときは、タックルの軽さを生かして、こまめに誘いをかけてやってもいいだろう。竿を小さく小刻みに上下する、またはゆっくり持ち上げてゆっくり下げるなど。誘いをかけたとたんクンクンクン! とハリ掛かりすることもある。トップ50匹など数釣れるているときなら、群れの魚影も濃く、魚の食い気も高い状態なので、積極的に追い食いを狙おう。
LTは浅場狙い中心で、釣れるアジは中型主体だが、この中アジが脂が乗っていて非常に美味。たくさん釣って刺身、タタキ、塩焼き、フライなどおいしいアジ料理をたくさん楽しんでいただきたい。それから、まじりで釣れる大サバも絶品のアジ。脂乗り乗りの「トロサバ」だ。
仲間や家族とLTアジ釣りを楽しんだあとは、みんなでアジ料理パーティーっていうのもいいね!

以上の記事は「つり丸」2012年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読