MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラメとの駆け引きが最高! 沼津沖のヒラメ釣りの仕掛け(明栄丸)

ヒラメとの駆け引きが最高! 沼津沖のヒラメ釣りの仕掛け(明栄丸)

駿河湾の沼津エリアのヒラメは、10月からシーズンがスタートする。沼津多比「明栄丸」は、毎年この時期、ヒラメを狙っている。今年も開幕日の10月1日から狙っているが、イワシの反応付近を狙って良型ヒラメが連発した。3〜4㎏サイズの釣果が目立ち、まずまずのスタートを切った。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ポイントは根回り主体! アタったら待つのではなくこちらから食い込ませる

沼津沖は周囲の景色も最高だ!

千本浜沖でヒット!

ヒラメだ!

まずまずのサイズをゲット!

穏やかな海上で沈黙を破ってついにヒット!

良型ヒラメが浮上!

イワシ反応のそばで仕掛けを投入すると即ヒット!

根周りを狙うと高級魚のマハタがヒットすることも!

お土産にも最適だ!

夜釣りのタチウオも好調な沼津沖

潮が濁ると昼間でもイワシエサにアタックしてくる!

綾部船長のオススメは親バリは上アゴ掛け

孫バリは背中側に刺しても腹側に刺してもOK!

エサは元気なマイワシを使用!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津多比「明栄丸」。

駿河湾の沼津沖でも10月からヒラメが開幕している。毎年、この時期ヒラメにこだわって狙っている沼津多比「明栄丸」は、今年も10月からヒラメをスタートさせた。開幕直後はイワシの群れにヒラメが付いていたようで、3〜4㎏クラスの良型の釣果が目立ち、まずまずのスタートを切った。
「ヒラメは年が明けた1月頃まで狙います。潮が澄めば好釣果が期待できます」と話すのは「明栄丸」の綾部通雄船長。
綾部船長がメインに攻めるのが、沼津沖一帯の根周り。ヒラメのほか高級魚のマハタなどもまじるのが魅力だ。また、イワシの群れも回遊しており、それを追っている良型ヒラメも期待できるのだ。
沼津沖のヒラメはまだまだ始まったばかり。波静かな海で、じっくりとヒラメの駆け引きを楽しむことができる釣り場だ!

沼津多比「明栄丸」のヒラメ仕掛け。ノーマルタックルのほかライトタックルでも!

沼津沖は波静かで、ほかのエリアがシケて出船できない状況でも、出船できる確率が高いのが特徴だ。また、比較的潮の流れが緩いエリアで、潮が速くて釣りづらいという状況が少ないのも特徴だ。
そのため、細い道糸と軽いオモリを用いたLT(ライトタックル)でも狙いやすい。今回取材した「明栄丸」では、LTで狙うことも認められている。
ノーマルタックルであれば、竿は2.7〜3.3mのヒラメ専用竿、リールは小型電動か手巻きの中小型両軸。道糸はPEラインの3〜5号を巻いておく。オモリは水深と潮の速さによって60号と80号を使い分ける。
LTの場合、竿はLT用胴調子の1.8〜2.4m、リールは超小型電動か手巻きの小型両軸。道糸はPEラインの2号以下。オモリは40号を基本に、潮の速さなどによって重くしたり軽くするなどして調整しよう。
「明栄丸」の仕掛けは、上のイラストで示したとおり。根周りを主体に狙うので、孫バリにトレブルフックは使わない。また、捨てイトも短めのバランスだ。
綾部船長おすすめのエサ付けは、親バリをイワシの上アゴに刺し、孫バリは背中側または腹側のどちらに刺してもOKだ。

明栄丸・綾部船長のオススメのタナの取り方。竿を上下して根掛かりを回避!


「明栄丸」では根周りをメインに狙う。そんななかでのタナ取りは、上のイラストのとおり。オモリが着底したら、竿先を海面に向けてイトフケを取り、竿が水平になるまで起こした位置でアタリを待つ。この方法だと即座にタナ取りができるので、根掛かり防止にも役立つのだ。
タナを取ったあとは根掛かり防止策として、頻繁にゆっくりと竿を上下させることを推奨する綾部船長。この動作中にオモリが海底にぶつかるようであれば、タナを取り直すようにする。

アタリがあったらゆっくり誘いあげる! 食い込むまでじっくり待つ

アタリがあったら、食い込むまでじっくりと待つのが一般的。しかし、綾部船長は待つのではなく、ゆっくり誘い上げることをすすめている。
「根周りではアタってから食い込むまで待つと、根掛かりしてしまいます。ですから、ゆっくりと誘い上げてください。そうすると、ヒラメがエサをくわえなおして完全に食べようとします。ずっ〜と誘い上げていくと、アワせることなくハリ掛かりしますよ」と話す、綾部船長。

以上の記事は「つり丸」2014年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
最新記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル