MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギングorキャスティングで攻める! 東京湾奥シーバス釣り(小峯丸)

ジギングorキャスティングで攻める! 東京湾奥シーバス釣り(小峯丸)

定番人気ゲーム、東京湾のシーバスシーズンが始まっている。「例年、いまくらいから平場で食い出すことが多いんですが、今年はまだですね。ここのところはストラクチャー周りが中心ですね」10月中旬の取材時、「小峯丸」の小峯雄大船長の言葉だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

11月から平場でのキャスティングゲームが主体! 釣法はポイントによって変える

オープンエリアではキャスティングがメイン。11月以降はシャローエリアを攻めるようになるだろう

10月中旬の取材時、ストラクチャー周りが絶好のポイントだった

本命ゲットに一安心

スタートからヒットが続く

アベレージサイズは40cmクラスだ

どんな状況であってもジギング、キャスティングと両スタイルを展開する可能性がある。そのため、すべてのタックルを用意し、状況やポイントに応じて使い分けるのが同船での基本

豪快なエラ洗いで抵抗を繰り返すシーバス

シーバスベストシーズン開幕!

良いサイズを誰でも楽しめる時期だ

ラインはPEのほかキャスティングゲームではナイロンラインも使いやすい

ジグは40〜60gを中心に、最大で80gくらいまで使用。バイブレーション、鉄板系、スピンテールなどは、ポイントを問わず必携のルアー

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・寒川港「小峯丸」。

小型チャーターボートなどをのぞくと、この時期にシーバス狙いに繰り出す船は多くはない。しかし、「小峯丸」はシーバスゲーム黎明期からの老舗。固定ファンも数多く、積極的な出船を繰り返している。
取材日は船長の言葉通り、ストラクチャー周りから攻め始めた。釣法はポイントによって、もしくはアングラーによってジギング、キャスティングと分かれた。スタートからヒットは続いた。しかし、サイズは伸び悩む。事前情報からも連日のアベレージサイズは40㎝クラス、最大は60㎝強と理解していたが、まさに同様のパターンだった。
平場に移ってからは今期で一番の食い、という状況にも遭遇したが、やはりサイズはいまひとつ。本格シーズンまではあと少し、という感触を残し、ストップフィッシングとなった。
「11月になれば平場でのキャスティングゲームが主体になると思います。いいサイズを誰でも楽しめる時期。青物の回遊も期待できますよ」
佳境はいま! となっていることだろう。チャレンジをおすすめする!

以上の記事は「つり丸」2014年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル