MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
江戸前の趣深き釣りの世界へ…木更津沖のハゼ釣り(冨士見)

江戸前の趣深き釣りの世界へ…木更津沖のハゼ釣り(冨士見)

ハゼ釣りといえば、初心者も楽しめる手軽な釣り、ファミリー向けの釣り、というイメージを持つ人も多いのではないだろうか。だが、ハゼを侮ることなかれ。そこそこに釣るのなら誰でも楽しめるが、そこから上を目指すとなれば、超ウルトラディープな世界が待っている。

手軽だけど、超ディープ! ハンパなく面白い! 初心者にもオススメ

ベテランたちは“モタレ”を取ってアワせていく

11月以降は数は少なくなるが、サイズがよくなる。少ないといってもトップは100匹前後だ

リール竿の場合はベイトリールがオススメ

2本バリ仕掛けでダブルも

「この釣りは奥が深く本当におもしろい!」と大満足のコジレイ。「また行きたい!」

2本竿で同時に良型!

「このサイズならいいね!」

2本の延べ竿を巧みに操るベテランたち

ハゼは新鮮なものほど美味しい。活けで持ち帰って刺し身に、大型はぜひてんぷらで。柳川もオススメです!

ゲストでシロギスも

「冨士見」には延べ竿のレンタルタックル完備。まずはこれから始めてみよう

ハリは袖の5〜8号。オモリは竿に合わせる。和竿は4〜5号、リールは4〜8号

和竿の仕掛けは超シンプル。エサ付けも重要ですぞ

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・深川「冨士見」。

ブルンと手元に伝わるアタリでアワせるのは遅い。ベテランたちは2本の和竿を巧みに操るなかで、ハゼがエサをくわえたときの微かな重みを竿先に感じ取り、それをアワせていく。
そんな奥深い世界へと我々を誘ってくれるのは、深川「冨士見」。そしてその第一歩は、クーラーボックスだけで出掛けてみよう。レンタルの延べ竿があるので、これを利用するのだ。
「11月以降は水深が深くなりますので(といっても5~8m程度)、ウデの差が出やすいです。だからこそ、おもしろいんです」と話す、登藤晃弘船長。この秋、ディープなハゼ釣りにハマってみませんか?

以上の記事は「つり丸」2014年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読