MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
江戸前の趣深き釣りの世界へ…木更津沖のハゼ釣り(冨士見)

江戸前の趣深き釣りの世界へ…木更津沖のハゼ釣り(冨士見)

ハゼ釣りといえば、初心者も楽しめる手軽な釣り、ファミリー向けの釣り、というイメージを持つ人も多いのではないだろうか。だが、ハゼを侮ることなかれ。そこそこに釣るのなら誰でも楽しめるが、そこから上を目指すとなれば、超ウルトラディープな世界が待っている。

手軽だけど、超ディープ! ハンパなく面白い! 初心者にもオススメ

ベテランたちは“モタレ”を取ってアワせていく

11月以降は数は少なくなるが、サイズがよくなる。少ないといってもトップは100匹前後だ

リール竿の場合はベイトリールがオススメ

2本バリ仕掛けでダブルも

「この釣りは奥が深く本当におもしろい!」と大満足のコジレイ。「また行きたい!」

2本竿で同時に良型!

「このサイズならいいね!」

2本の延べ竿を巧みに操るベテランたち

ハゼは新鮮なものほど美味しい。活けで持ち帰って刺し身に、大型はぜひてんぷらで。柳川もオススメです!

ゲストでシロギスも

「冨士見」には延べ竿のレンタルタックル完備。まずはこれから始めてみよう

ハリは袖の5〜8号。オモリは竿に合わせる。和竿は4〜5号、リールは4〜8号

和竿の仕掛けは超シンプル。エサ付けも重要ですぞ

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・深川「冨士見」。

ブルンと手元に伝わるアタリでアワせるのは遅い。ベテランたちは2本の和竿を巧みに操るなかで、ハゼがエサをくわえたときの微かな重みを竿先に感じ取り、それをアワせていく。
そんな奥深い世界へと我々を誘ってくれるのは、深川「冨士見」。そしてその第一歩は、クーラーボックスだけで出掛けてみよう。レンタルの延べ竿があるので、これを利用するのだ。
「11月以降は水深が深くなりますので(といっても5~8m程度)、ウデの差が出やすいです。だからこそ、おもしろいんです」と話す、登藤晃弘船長。この秋、ディープなハゼ釣りにハマってみませんか?

以上の記事は「つり丸」2014年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読