MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
江戸前の趣深き釣りの世界へ…木更津沖のハゼ釣り(冨士見)

江戸前の趣深き釣りの世界へ…木更津沖のハゼ釣り(冨士見)

ハゼ釣りといえば、初心者も楽しめる手軽な釣り、ファミリー向けの釣り、というイメージを持つ人も多いのではないだろうか。だが、ハゼを侮ることなかれ。そこそこに釣るのなら誰でも楽しめるが、そこから上を目指すとなれば、超ウルトラディープな世界が待っている。

手軽だけど、超ディープ! ハンパなく面白い! 初心者にもオススメ

ベテランたちは“モタレ”を取ってアワせていく

11月以降は数は少なくなるが、サイズがよくなる。少ないといってもトップは100匹前後だ

リール竿の場合はベイトリールがオススメ

2本バリ仕掛けでダブルも

「この釣りは奥が深く本当におもしろい!」と大満足のコジレイ。「また行きたい!」

2本竿で同時に良型!

「このサイズならいいね!」

2本の延べ竿を巧みに操るベテランたち

ハゼは新鮮なものほど美味しい。活けで持ち帰って刺し身に、大型はぜひてんぷらで。柳川もオススメです!

ゲストでシロギスも

「冨士見」には延べ竿のレンタルタックル完備。まずはこれから始めてみよう

ハリは袖の5〜8号。オモリは竿に合わせる。和竿は4〜5号、リールは4〜8号

和竿の仕掛けは超シンプル。エサ付けも重要ですぞ

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・深川「冨士見」。

ブルンと手元に伝わるアタリでアワせるのは遅い。ベテランたちは2本の和竿を巧みに操るなかで、ハゼがエサをくわえたときの微かな重みを竿先に感じ取り、それをアワせていく。
そんな奥深い世界へと我々を誘ってくれるのは、深川「冨士見」。そしてその第一歩は、クーラーボックスだけで出掛けてみよう。レンタルの延べ竿があるので、これを利用するのだ。
「11月以降は水深が深くなりますので(といっても5~8m程度)、ウデの差が出やすいです。だからこそ、おもしろいんです」と話す、登藤晃弘船長。この秋、ディープなハゼ釣りにハマってみませんか?

以上の記事は「つり丸」2014年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
銭洲・御蔵島は4月の解禁直後から良型カンパチが回遊中。冬場でも水温が下がらずに安定しており、ゲストの定番、高級魚のウメイロが大発生。夢の大物、激うま魚が盛りだくさんの伊豆遠征釣りに行こう!
アタリが頻繁、数もまとまり、食べれば超美味!東京湾のハゼが、連日、束超えを記録!ビギナーでも20や30匹は軽く釣れる。しっかり釣り方を覚えて、江戸前のハゼを天ぷらなどで存分にいただきましょう!!
剣崎沖の広範囲のポイントでマダイ、イナダ、ワラサが好調に釣れている。どの魚種が掛かるかわからないので、仕掛けのセレクトがカギ!今回はそれぞれの仕掛け、釣り方を紹介する。秋の剣崎沖を存分に楽しもう!!
波勝崎沖のアコウダイがアツい!ヘビー、ライト何れのタックルでも可能だが、今回はハリ数5~6本、オモリ350号に中型電動リールの「ライトアコウダイ」でテンポよくを選択。当日は4.6㎏のビッグワンも浮上!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」2020年2月8日~9日に開催される。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
ゼロテン操作時にエサのナチュラルフォールを演出可能なカワハギ仕掛け「カワハギ幹糸仕掛けFB(フォールビーズ)」
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読