MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
6.9kgも上がった⁉︎ 浅場で大ダイのチャンス!(一之瀬丸)

6.9kgも上がった⁉︎ 浅場で大ダイのチャンス!(一之瀬丸)

昨年晩秋11月に突然フィーバーした八景沖のマダイ。4~5㎏級の大ダイが水深20mタナ10m前後の超浅場で、それこそバホバホと食ったのには驚いた。

この時期は浅場での釣りが主体。大ダイの実績もあるのでドラグ調整は万全に

八景沖の水深20m、タナ10mといった浅場でマダイが食ってくる

東京湾、八景沖でマダイが好機を迎えている。今シーズンは、6.9㎏を筆頭に大ダイを連発した日もある

台風のシケの影響か取材日は食いがイマイチで、小型ポツポツという感じ

翌日は2.6㎏を筆頭にトップ9枚と復調

こちらはハナダイ

イナダ、ワラサがまじることも

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」。

金沢八景の「一之瀬丸」では、今季は昨年よりも早く秋口から八景沖を狙い始め、すでに6.9㎏を筆頭に大ダイを連発した日もあり、健在ぶりを証明している。
取材日は連続して来襲した台風に翻弄され、思ったような釣果には恵まれなかったが「まだ水温は21度もあります。昨年の好調時の水温が18度台だったことを思えば、今後まだまだ期待出来ると思いますよ」とは「一之瀬丸」でマダイ船を担当する瀧本晃史船長。今後は状況を見ながら八景沖、久里浜沖を狙う予定とのこと。久里浜沖も八景沖ほどではないにせよ、この時期浅場での釣りとなる。もちろん大ダイの実績もあるポイントだから、どちらのポイントにおいてもドラグ設定は万全で臨みたい。

以上の記事は「つり丸」2014年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読