MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
このヒラメ爆釣劇はいつまで続くのか!?【外房・飯岡沖〜外川沖】

このヒラメ爆釣劇はいつまで続くのか!?【外房・飯岡沖〜外川沖】

夏場から絶好調、爆釣が続く、外房・飯岡沖〜銚子沖のヒラメ。9月に入ってもその勢いは止まらず、連日のように多くの船がトップがツ抜けを記録するほどだ。 とにかくスゴい外房・飯岡沖〜外川沖のヒラメ。ビギナーにもおすすめのエリアだ。

連日続く爆釣! とにかく魚影が濃い

エイテックの深石実来さんは初挑戦でこのとおり!

この大きな口でイワシをとらえる!

1㎏前後が多いが、2〜3㎏の良型も顔を出す。取材前日は4㎏台の連発もあった!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡「清勝丸」。

今シーズンの外房・飯岡沖のヒラメは夏場から絶好調続き。トップ二桁、ボーズなしという好釣果が連日のように続き、それが9月に入っても継続している。
釣れるサイズはキロ前後がアベレージだが、ここにきて3㎏台、4㎏台の釣果も目立ってきた。これから晩秋〜冬に向かって、さらなる大型の期待も高まる。
釣り場は飯岡沖〜外川沖と広範囲だが、比較的岸に近く、ポイントの水深も浅い。今回、取材は飯岡「清勝丸」で行ったが、熱田純一船長が狙ったポイントはどこも水深10m台だった。
そのため手返しが楽で、アタリも大きく出て釣りやすい。数が釣れるうえ、釣りやすいのでビギナーにもオススメだ。
飯岡沖のヒラメシーズンは、まだまだロングランで続くが、果たしてこの爆釣劇はいつまで続くのだろうか? 今後も目が離せないエリアだ!

ハリスと捨て糸の長さのバランスが大事

親バリは鼻掛けのほか、上アゴ掛けにする。

孫バリは背掛け、または下腹部に掛ける。トレブルフックの場合は背掛けがおすすめ。

「清勝丸」で準備している仕掛け。ハリスは100㎝、捨て糸は50㎝。

飯岡沖のヒラメ釣りは、標準的なヒラメ釣り用のタックルと仕掛けがあれば楽しめる。
タックルは2.4〜3.3mのヒラメ専用竿。頻繁にタナ取りや誘いをする手持ち派は短め。置き竿派は3m以上の長めがいいだろう。
これに中小型の両軸リールを組み合わせる。もちろん、小型電動リールでもOK。道糸はPEラインの3〜4号を使用する人が多いようだ。
そして仕掛けで重要になってくるのが、ハリスの長さと捨て糸の長さのバランスだ。これはタナの設定とも関連してくるが、いかにエサのイワシを海底付近に泳がせることができるかを念頭に仕掛けを作るといいだろう。
仕掛けのバランスとタナ次第で、アタリの数がかなり変わるので注意しよう。分からない人は船長に推奨仕掛けとタナを聞くのが一番だ。
ちなみに、「清勝丸」の熱田純一船長がすすめる仕掛けは、ハリス6号100㎝、捨て糸4号50㎝。この仕掛けのバランスで、海底から50㎝のタナをキープする。
エサはマイワシを使う。親バリは鼻掛けか上アゴ掛け。孫バリは背掛けか肛門付近の下腹部に掛ける。後者の場合、イワシの内臓にハリが刺さると弱ってしまう(最悪の場合死んでしまう)ので注意しよう。孫バリにトレブルフックを使う場合は、背掛けにしたほうが根掛かりしにくい。
またイワシの取り扱いにも注意しよう。陸では秋の気配が漂っているが、海水温はまだまだ高い。イワシは高海水温に弱いので、足元のバケツにはたくさんのイワシを入れないように。足元のバケツにキープするのは1、2匹程度におさえて、大事に使うようにしよう。

頻繁に誘うよりはマメにタナを取り直そう

同時に何人もがアタる場面が何度もあった。

エイテックの関森さんも好調に食わせた。使用竿は「夢人ヒラメリミテッド270」。

エイテックの深石さんが使用した竿は、手持ちに最適な「ウルトラコンタクト・HIRAME240」。

釣り方は上のイラストのとおり。好調が続いているので、基本を実行すれば、アタリをもらうのは、そう難しくはないはずだ。
バランスの仕掛けを使用する場合、オモリを海底から50㎝ぐらい上げたタナをキープすることを「清勝丸」の熱田船長はすすめている。
そして、頻繁にタナを取り直すことも大事だと熱田船長はいう。最近では、竿を上下させて誘う人をよく見るが、これは上級者向けだという。頻繁に誘うなら、むしろ頻繁にタナを取り直すことをした方がアタリが出るそうだ。タナの取り直しは、水深が変化する場所でタナをキープすることにつながり、また根掛かり防止にもつながるのだ。
アタリがあったら即アワセは厳禁。以前から言われていることだが、アタリがあったらそのまま待ち、食い込んだらアワセるというのが基本。ただ、ヒラメによってアタリの出方が違う。「コンコン」とか「ガツガツ」とアタリが来たら、そのまま待ち、アタリが大きく強くなったところでアワせるといいだろう。

海面でのバラしも多い。タモに入るまで油断禁物

勝負は下駄を履くまで分からない。油断するべからず。

アタリがあって、うまくハリ掛かりさせることができたら、ラインを緩めないように巻き上げるのが基本。途中、激しく抵抗したときは、無理して巻くことはせず、じっと耐えて待つ。抵抗が弱まったら再び巻き上げはじめる。
これを繰り返して海面まで巻き上げてくるのだが、ここで油断は禁物。海面に浮上したヒラメは激しく抵抗することもしばしば。油断してタモ取り直前にバラすことが意外と多いので注意しよう。
取り込みは糸(仕掛け)を手繰っておこなうのではなく、竿先まで仕掛けを巻いて、竿でヒラメをタモに誘導して掬ってもらう。なので、同船者はタモ入れに協力しよう。

以上の記事は「つり丸」2012年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
最新記事
ファスナーの動きをよくするメンテナンススプレー「ファスナーするするスプレー」
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読