MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。

良型カツオでシーズンスタート! 釣り方を理解してチャンスを逃すな!

ポイントは相模湾一帯。パヤオ周り、群れを追うなど様々な展開がある

NEWロッド「マッドバイパースティング」で挑んだ

8月1日、相模湾の解禁日にドクター近藤惣一郎は一瞬のチャンスを逃さずに良型カツオをゲット。「船の動きや船長のアナウンスを読んでチャンスタイムを察するのも重要です!」

カツオは良型の場合はハリス12〜14号程度で挑みたい。パヤオ狙いなど状況によっては細めのハリスを使用することもあり臨機応変に!

解禁日は群れが薄く大苦戦したが、一瞬のチャンスにキメジがやってきた

ドクターのタックルは「マッドバイパースティング175」と「シーボーグ800MJ」のコンビ

コマセ、付けエサともにオキアミを使用する。ビシは船宿によって号数が異なるが80〜120号程度

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪港「洋征丸」。

相模湾のコマセ釣りによるキハダ、カツオは8月1日に開幕を迎えた。当日は約9カ月ぶりの出船を待ちわびたファンの熱気で、最高気温までもぐんぐん上げる勢いだった。昨年は開幕からカツオ、デカキハダとも好調だったため期待は高まったが、今年はなかなか群れが見つからず苦戦。
「今年は事前情報では相模湾にはカツオ、キハダはあまり多くないようでした。ただ、回遊魚なのでいきなり食うこともありますよ」と話す、小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
コマセをいきなり食うこともあれば、慣れるまでに時間がかかることもある。現在、もう爆釣しているかもしれないし、明日突然食うかもしれない。
当日は良型のカツオの群れで一時、大船団が形成されることも。来たるべき「その日」に備えて準備はしっかりとしておきたい。
今年もまた夢を見る季節がやってきた。さあ、行こう!

キハダ&カツオ仕掛け。タックルは強度重視。船宿によっても異なる

カツオ&キハダの基本タックルは、竿が1.7~2mほどのカツオ・キハダ専用ロッド、ライト泳がせロッド、遠征五目ロッドなどを使用する。適した竿がない場合は、グラスムーチング系のビシアジ竿なども流用できる。
リールは、レバードラグ式の両軸リールか電動リールを使用する。両軸リールは落下速度が速く、ドラグ力も強いためベテランが好んで使う。慣れない人は電動リールがおすすめだ。大型キハダとのやり取りが長時間になっても電動リールなら体力に自信がなくても安心だ、ダイワなら「シーボーグ800MJ」、「シーボーグ800J」、シマノなら「ビーストマスター6000」などが定番。これらのリールは巻上力は余裕がある。ともにPE8~10号を400~500m巻く。PEラインは同じ号数でも強度に違いがある。値段は張るが、強度があるものを選びたい。
テンビンはカツオ、キハダ用の頑丈なものを選びたい。通常の形のもののほか、チドリテンビン、遊動式などを選択する。
仕掛けは船宿によってローカルルールがあるので理解しておこう。そのおもなものは遊動式テンビン、クッションゴムの使用を可とするか不可とするかだ。これは事前に確認しておこう。
ビシは80~120号。ステン缶かプラビシを使用する。釣り方によってビシを使い分けることも有効だ。この場合、コマセの量が少なく済む細身のビシ、落下の速い重いビシを使い分ける。
仕掛けはカツオの場合は、パヤオならハリス8~12号2~3mほど、その他の場合は12~14号程度を使用する。ハリは青物系(ヒラマサなど)の13~14号ほど。キハダの場合は、ハリス20~30号3~6m、ハリはキハダ系の16号前後。結びは南方延縄結び、管付きバリの場合は、ウエノットなどがおすすめ。
その他、接続部分などは強化パイプなどで補強する。どこか不安な部分があったら迷わず補強しよう。

カツオの釣り方。ストップ&ゴー。群れを探して先回りする釣り方

群れを魚探やソナーで捉えて、群れよりも先回りして仕掛けを落として釣る。船長が魚の群れの動きを読んで仕掛けを落とすので、速く落とすのがカギとなる。このため、ビシは落下の速い重いものが有利になる。ハリスの長さは短めが標準となる。
カツオの群れが上層部に、その下にキハダがついていることも多く、カツオを狙いたいときは「30~40m」という場合は30mを、キハダを狙いたいときは40mを狙うといいだろう。
群れを追いかけて食わなければすぐに回収、再び群れを追うというスピーディな展開となるので、遅れないように準備しておこう。

続いて、キハダの釣り方をご紹介。釣り方の違いでハリスを変える

キハダはコマセに慣れると、船の周りをグルグルと回遊し、コマセを向こうから食いに来るようになる。この場合は、船の下のコマセを食いに来るキハダを待つ釣りとなる。中盤から終盤にかけてこのシーンが多くなる。ソナーで「入ってくるよ」などとアナウンスがあると激アツだ。このときカツオも食うが平均して大型が多い。
いずれの場合も、カツオ、キハダを問わず、手持ちで待つのをすすめたい。どうしても置き竿ではバラシが多くなる。特にキハダの場合は、手持ちでアタった瞬間に大アワセをしてフッキングできるかで取れる確率が、まったく変わってくる。
完全にカツオを狙っている場合と、キハダを狙う場合、そしてどちらも狙える場合と状況は変化する。「いま、どんな釣りをしているのか」、「船はどんな動きをしているのか」などの状況を察知して、狙いわけよう。
「おすすめなのは、テンビン、ビシともカツオ用、キハダ用とわけておき、スナップで付け替えるだけの状態にしておきます。これだと、どちらでもすぐに狙うことができます」と話す、近藤惣一郎さん。

以上の記事は「つり丸」2018年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
最新記事
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
ファスナーの動きをよくするメンテナンススプレー「ファスナーするするスプレー」
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読