MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真夏の最高シーズンがやってきた! 銚子沖のヒラメ(孝進丸)

真夏の最高シーズンがやってきた! 銚子沖のヒラメ(孝進丸)

ヒラメというと冬のイメージがある魚だが、ここ銚子・外川沖では夏ビラメも人気が高い。海が穏やかで水温も高く高活性、イワシを丸呑みすることも多く、数、型ともに期待大なのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》真夏の最高シーズンがやってきた! 銚子沖のヒラメ(孝進丸)の画像をチェック! navigate_next

イワシを丸呑みすることも多く、数&型ともにチャンス激高だ!

ポイントは外川~犬吠埼沖30m前後がメインだが、深場を狙うことも

ライトタックルで強烈な引きに耐える!

「でけえ!」。無事にタモに入って一安心

開始1投目から好調に食っていった

常連の渡辺啓二さんは高めのタナを狙って5.6㎏。その直後には3㎏級、さらに2㎏級と3枚で10㎏オーバーを達成。最終的に数も2ケタに迫った

活性が高く一気にエサをひったくっていく

この日は2kg前後も多かった

開始から中盤までは小型が多かったが中盤から終盤には大判サイズも。そしてラスト近くに当日最大の6.5㎏がキャッチされた

沖揚がり直前にも良型が食った

少し小ぶりだけど食べるにはちょうどいいサイズだ

深場ではウスメバルもよくまじる

この時期はライトタックルがおすすめだ

エサはマイワシ。水温高く弱りやすいので自分のバケツに入れるのは3匹までにしよう

手を濡らして素早く付けて投入する

船宿仕掛けは掛かりを優先したトレブルフックタイプだ

オモリは40~60号を使い分ける

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・銚子犬若港「孝進丸」。

「これからのこのエリアは誰でも釣りやすい時期ですよ。2ケタ釣果も珍しくなく、ビギナーの人が始めるのにもいいですね。特にライトタックルが面白いです」と、ダイワフィールドテスターの福田豊起さんは話す。
7月下旬の取材日は水温は20度を切り、まだ海の中は夏本番ではなかったが、開始から好調に食いが続く。最初は小型が数アタったが中盤には大型も出現し、さらに終盤には良型主体に食ってラストに6.5㎏で締めるという「孝進丸」大川文博船長の心憎い演出もあって絶好調。
「これから水温がもう少し上がればもっと安定しますよ。ちょうどお盆ごろからが夏ビラメの最盛期です」と船長は話す。今がチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2018年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル