MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
昼はヒラメ&キジハタ、夜はアカイカ狙いのLTゲーム【金沢沖】

昼はヒラメ&キジハタ、夜はアカイカ狙いのLTゲーム【金沢沖】

石川県金沢沖で丸一日釣りを楽しむことができる「北龍丸」。船はフル装備最新鋭の遊漁船。昼はライト泳がせでヒラメ&キジハタを。夜は大ブレイク中のひとつスッテ&バーチカルエギングでアカイカ釣り。朝から晩まで最先端のライトゲームで遊べるのだ。

昼は釣った小アジを泳がせて、ヒラメ&キジハタ狙い

美味なるヒラメ&キジハタを求め、いざ!

アジに食らいつくのは、日本海の高級魚たち。ヒラメは味がよいと評判だ。

キジハタは最高レベルの高級魚だ。

キジハタだっ! 堪らなく嬉しい瞬間。

エサは港近くの浅場で釣る。泳がせのポイントで基本的にエサ釣りはしないので、エサは各自しっかりと数を確保することが大事だ。豆〜小アジまで使える。

安藤船長オリジナルライト泳がせ仕掛けがコレ。はっきり言って、釣れます!

船上で購入できる小アジサビキはコレ。アミコマセを使用。オモリは30号。

金沢「北龍丸」が昼のメインゲームにしている“ライト泳がせ釣り”。
金沢港近くの浅場で、サビキ仕掛けでまずエサとなる小アジを釣り、各イケスに確保。
そこから1時間ほど沖のポイントに移動しオモリ60号使用のライト泳がせ釣りで、ヒラメをメインにキジハタ、クロソイを狙うというもの。
いわゆる、泳がせ釣りだが、安藤岳志船長がすすめる釣り方は実にユニークだ。
ズバリ言うと、ムロアジの泳がせカンパチ釣りの小アジバージョン。
カンパチ釣りを知らない人もいるので、簡単にそのやり方を説明する。
まず、泳がせ仕掛けに釣った小アジをハリを掛ける。親バリは鼻掛け、口の中から上アゴにハリを抜いてもよい。孫バリはアジのどこにでもよいので軽く刺しておく。
これで準備は完了。さて本題はここから。
オモリ着底と同時にすばやく糸フケを取り、そこからデッドスローでリールを巻き上げる。最低でも10mは巻き続ける。
アタリがあったらそこでその手を止めてはいけない。我慢して巻き続ける。タイラバの要領だ。
「ガクガクガク」と魚信があっても我慢。完全にグイグイと引きこまれてから、大アワセを入れずに電動リールスイッチオン。さて、なぜこのような釣り方でヒラメを釣っているのか。安藤船長に聞くと、
「金沢沖は砂地がほとんで根魚のポイントが少ないんですよ。狙うフィッシュイーターたちは数少ない岩礁帯の際にいて、小アジやイワシを捕食しています。ようするに根際を中心にピンポイントで攻めているので、ベタ底で置き竿などという、釣り方が通用しないんですよ。そんなことしたら、すぐ根掛かり。あっという間に仕掛けをロストします」とのこと。
エサとなるアジは小アジだが、豆アジも多く釣れる。10〜12㎝前後の小アジがエサのメインだが、5〜6㎝の豆アジもエサとして使える。臨機応変に豆アジを使ってみるといいだろう。
この豆アジが秋のマッチザベイトだと安藤船長が教えてくれた。エサの大きさとフィッシュイーターの魚を大きさが比例するとの考えが主流だが、きっと豆アジでも大型魚が釣れるハズだ。

夜は大ブレイク中の最新LTゲームでアカイカ狙い

大ブレイク!! ひとつスッテゲーム&バーチカルエギング。

安藤船長がすすめるバーチカルエギングは、金沢沖ではかなり強力だ。デカスッテに反応するアカイカばかりなので餌木も3〜3.5号を大きめを使う。

最先端のタックルを使って沖釣りのニュースタイルを提案する安藤岳志船長。

ひとつスッテも快釣だ。ウキスッテは直ブラ式が流行!?

今回、取材にご協力いただいたのは、石川・金沢港「北龍丸」。

夜は、港から航程30分の金沢沖でアカイカ(ケンサキイカ)釣りが楽しめる。
釣り方は、今季大ブレイク中の最新LTゲーム、ひとつスッテ(イカメタルゲーム)、安藤船長が薦めるバーチカルエギングがそれ。
「7月から始まった金沢沖のアカイカの回遊ですが、開幕当初は港前の浅場水深20m前後で釣れていました。だんだんとポイントは陸近くから離れていき、8月末には、航程30分沖の水深60mまで深くなりました」と安藤船長。
乗りダナは、福井県小浜沖と同じ、水深20m前後。もちろん、ボトムでも乗るが効率のよさを考慮しても、断然このレンジが乗るという。
安藤船長は、一般的に行われているパラシュートアンカーを入れる潮流しはしない。常にラインを垂直にたてるように流すエンジン流しを行っている。
使用するナマリスッテのサイズは、8号(約30g)で十分。予備に10号(約38g)も用意しておけば、万全だ。
エギングは、ティップラン用の餌木各種。3号から3.5号餌木が適合する。通常の餌木を使うなら後付けシンカー10〜20gを装着。水深によってシンカーのサイズを変えるとよい。餌木のサイズは、大きめと感じられるが、金沢沖では、大きめの餌木やスッテに実績が高いという。
誘い方は、ひとつスッテもバーチカルエギングも同じ。乗りダナ付近でカワハギ釣りの使うタタキ、またはマルイカで利用するシェイクでスッテや餌木を揺さぶり、イカにアピール。そのシェイクをしながらシャクリ上げ、スーとテンションフォールさせるなど、タナ周辺をアノ手コノ手で攻めるとよい。
アタリは比較的明確に出る。竿先に少しでも変化を感じたら、強めにアワセを入れよう。
気になるアカイカのシーズンは、9月いっぱいとのこと。ちょうど、10月からはケンサキイカの亜種、ブドウイカ(シロイカ)にバトンタッチ。
だが、安藤船長は10月からは、港前もしくは航程15分沖でエンジン流しをしてバーチカルエギングでアオリイカを専門に夜狙うという。昼も夜も盛りだくさんの金沢沖へ観光がてらにぜひ出かけてみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00 公開: 2019-02-06 07:00:00
暖冬で年が明けても暖かい日が続いているが海の中も暖冬のようで、例年であればすでにベストシーズンを迎えて極寒の中、夜な夜な熱いバトルが繰り広げられる「夜タチウオ」が昨年末に来てようやく調子を上げてきた。
更新: 2019-01-24 07:00:00 公開: 2019-01-24 07:00:00
イカが高活性のときは、プラヅノ仕掛けがいい。というか、なんでも乗るって感じかな。夜はね。お月さまの明かりの関係でどうしてもムラがある。乗りが渋いときは、エサ巻き餌木の釣りが確実だ。
更新: 2019-01-15 00:49:26 公開: 2019-01-12 22:00:00
いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。
更新: 2018-12-25 00:48:52 公開: 2018-12-08 22:00:00
沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【剣崎松輪港・一義丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。ワラサ、アジ、マダイなどが主なターゲット。
更新: 2018-12-06 01:06:56 公開: 2018-11-22 04:40:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読