MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
島に行かなくても釣れる⁉︎ 大原沖で高級魚シマアジを釣る(春栄丸)

島に行かなくても釣れる⁉︎ 大原沖で高級魚シマアジを釣る(春栄丸)

大原沖ではイサキにまじって超高級魚が釣れている。それはシマアジだ。大原港「春栄丸」では、シマアジとイサキの両狙いで出船中。竿とリールはイサキと兼用で、タナも10m前後と浅い。近場で手軽に高級魚狙いができる絶好のチャンスが訪れている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

8月の後半はシマアジはハイシーズン! イサキはラストスパート

船中同時ヒットもしばしば。シマアジはヒットと同時に一気に竿を引き絞る

大原沖で超高級魚のシマアジが釣れている。伊豆諸島遠征に行かなくても、外房でも釣れるんです!

シマアジは0.5~1㎏がレギュラーサイズだが、さらに大型もいる

言わずと知れた高級魚シマアジ。刺身もいいが塩焼きも最高だ!

本命ゲット! ホントにウレシイ!

口切れ、ハリ外れなどバラシが多いので要注意。せっかくヒットさせたらぜひとも上げたい

本命? のイサキ。こちらも良型が釣れてお土産になるのだが、皆さんイサキはそっちのけ…

こちらもイサキがまじった

イサキのほかマダイ、メジナなどもまじりお土産はバッチリ。でもやっぱりシマアジが釣りたい!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「春栄丸」。

引きは強烈で、キロ級になると竿が立てられないほどだ。ときには2、3人の竿が同時に曲がる入れ食いタイムもあり、船長はタモ入れに大忙しだ。
シマアジは0.5~1㎏がレギュラーサイズだが、仕掛けを一瞬で切っていく良型も潜んでいる。ハリスは3~5号を使い、ドラグを緩めにして対処しよう。この日は全員にシマアジがアタり、船中23匹のシマアジが上がったが、バラシも20回以上、まさにフィーバー状態だった。もうひとつの本命、イサキは30㎝オーバーの良型中心でトップ26匹とまずまず。
シマアジ自体は昔から大原沖にいた。しかし近年になって数が釣れるようになった、と白川永一船長は言う。大原の新しい釣りものとして定着を期待したい。
8月の後半はシマアジはハイシーズン、イサキはラストスパートの時期となる。しかし今年から大原地区は9月にヒラメが部分解禁になるため、シマアジが狙える時期は残り少ないかも。早めの釣行をおすすめしたい。

以上の記事は「つり丸」2018年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
半日船で手軽に楽しめる東京湾のビシアジ!今回お世話になったのは鴨居大室港「五郎丸」さん。沖揚がりまで釣れ続け、たったの4時間でなんと80匹!大漁で大満足の釣行となりました。
最新記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル