MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏休みに超オススメ! 誰にも気軽に楽しめるLTルアー(島きち丸)

夏休みに超オススメ! 誰にも気軽に楽しめるLTルアー(島きち丸)

相模湾の人気看板のひとつ、LTルアー。片瀬「島きち丸」では、6時と11時の二便体制で出船中だ。気軽に夏休みの釣りを楽しみたい! というファミリーやカップルはもちろん、この釣りに魅了されて通っているという常連さんなど、多彩な釣り人たちを惹きつけている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

その季節によって釣り物が変わっていくのもLTルアーの魅力だ!

2隻で情報交換しながら群れを探した。渋い状況ではこの攻略は強い!

思いのほかよく引く! そんな感想を述べる人が多いのがサバだ

このサイズがあれば満足!?

サバは意外なファイターだ

アンチョビットで仕留めたナイスサイズ! バーチカルな展開ではヘビージグも活躍する

渋いときに強力な助っ人となるのがジグサビキだ

富名腰菜摘さんと堀田豊登さんは、各地を釣り歩く釣り大好きカップル。LTルアーも常連だ

渋い時間帯でもヒットを連発していた名人!? ルアーセレクトとアクションに秘訣、あり

ひとつのジグに2本のサバ。珍しくはないパターンだ

サバはマサバとゴマサバがまじった

小型ながら2本のシイラを仕留めた女性

︎タックルは比較的なんでも流用可能。ライトなほうが楽しめる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬「島きち丸」。

同船取材をお願いしたのは7月下旬。それまでサバを中心にコンスタントな釣果を記録し続けていたが、台風通過直後だけに状況変化が心配された。
予感は的中。トリがまったく見えず、探索に走り回るばかり。ようやく反応を捉えて50m前後から探り始めたが、ポツリポツリ、という状況。「この夏で最悪」という岩本隆弘船長の言葉どおり、辛抱の時間が続いた。
しかし、前日も後半からトリヤマが立ったという船長の言葉通り、どこにいたのか、にわかにトリヤマ&ボイル状態に突入! こうなればコッチのもの? 船中あちらこちらでロッドが絞られるいつものLTルアー乗合となった。
「例年なら8月初旬はワカシを狙う機会が増えるけど、今年はサバが長続きするかもしれないね」と話す、船長。
秋になればイナダ中心に気配がある限り出船していく、という。季節によって釣り物が変わっていくのもLTルアーの魅力。まずは盛夏の釣りを堪能していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル