MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
メインベイトはトビウオ! キハダのルアーキャスティング(邦丸)

メインベイトはトビウオ! キハダのルアーキャスティング(邦丸)

相模湾のキハダゲームがついに開幕! この瞬間を首を長〜くして待っていたアングラーも多いことだろう。ただ、である。はっきりと言ってしまえば、今年は例年とは異なりやや厳しい状況となっている。

perm_media 《画像ギャラリー》メインベイトはトビウオ! キハダのルアーキャスティング(邦丸)の画像をチェック! navigate_next

ルールを必ず守って、このエキサイティングなゲームを楽しもう!

「邦丸」はローテーション制。何回かのチャンスの後、船長の合図で数人ずつ交代する

7月下旬現在のベイトは小型のトビウオ。潮目での誘い出しが攻略の中心だ

キャストの際は必ず後方を確認し、「投げます」と声を掛けよう

7月27日、23.5kg

7月30日にキャッチされた27kgキハダ。ルアーは「CB ONE ライアン180」

7月30日 23kgキハダ

8月1日キャッチ

144㎝シイラキャッチ

タックルは3〜4号が中心。ノットなど、すべてを完璧にしておこう

「3号邦丸」は主に乗り合いに、「7号邦丸」は主に仕立に出船中

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯港「邦丸」。

「残念ながらまだ本格化とはいえませんね…。主なベイトは小トビウオで、潮目などでの誘い出しがメインの攻略法となっています」と話す、このキハダゲームに熱い情熱を注ぐ大磯港「邦丸」の味澤清二郎船長。
キハダの回遊数自体がまだ少なく、ベイトとなるイワシも少ない。それゆえ、チャンスは一日に何回もあるわけではない。その限られたチャンスを逃さないためにも、タックルやメンタルは常にベストな状態にしておくようにしたい。
とはいえ、魚は確実に入って来ている。今後イワシの回遊があれば、そして潮次第では、状況は激変する可能性もある。大いに期待したいとこだ。
さて、このキハダゲームでは、とくにキャスティング時にフックを他人に刺してしまった、他人のタックルを破損してしまったなどのトラブルが絶えない。フックはバーブレスにする、キャスティング時は後方確認をしっかりと行うといったことはルール。ルールは必ず守って、このエキサイティングなゲームを楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2018年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル