沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ヒラメの宝庫! 秋の最高潮を逃すな! 亘理沖ヒラメ(大海丸)

ヒラメの宝庫! 秋の最高潮を逃すな! 亘理沖ヒラメ(大海丸)

秋のピークを迎えている仙台湾のヒラメ。特に亘理沖は好調で、シケ後の悪条件でも船中ボウズなし、最大5.4㎏の大判も上がった。亘理沖のヒラメの釣り方は、横流しをやらず糸を立てて流す。その日の潮、風にヒラメの活性、食い気などを計算に入れて、ポイントを這うように攻めていく。


秋の絶好期! ツ抜けは当たり前! 身厚の大判ヒラメを釣ろう!

ポイントは亘理沖30〜40mダチ、ビギナーからエキスパートまで楽しめる好況が続いている

長竿がグイーンと締めこまれる!

最初の流しで釣れた1.5㎏

重量感あふれる引き込みがヒラメ釣りの魅力の一つ

横浜市から遠征の方に当日最大の5.4㎏! 大ビラメの期待十分なのだ

同時ヒットも多いのでタモ入れは協力して。大型は船長に頼もう

シケ後の薄濁りのせいか、空が明るくなってくるにつれてヒラメのアタリが増えてきた

ラスト一時間に食いが立ち、府中市から遠征の方に1.8㎏

ヒラメ低活性のときはゲストも少ない。イナダが船中数本程度だった

港内の生簀からイワシを積み込む

大海船長が各自のバケツにイワシを分け入れてくれる

イワシのサイズは15〜20㎝。イワシすくい用の小網は各釣り座に用意してある

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理「大海丸」。

「大海丸」山川大海船長の、流していく筋の見極めは絶妙だ。

だからオモリを底につけっぱなしにせず、船の流しと呼吸を合わせるように底の取り直しをすることが肝心。特に取材時のような食い渋りでは、船が流れて仕掛けが移動して、新たな場所に入った瞬間の反射食いが多かった。マメな底ダチ、泳がせるタナの取り直しが釣果に結びついた。

これから初冬にかけて、水温の低下とともに下降線をたどるのが通例だが、今年も昨年のように年明けまでヒラメ好釣況が続きそう。

エサのイワシの入荷状況にもよるが、大判サイズのヒットに期待で見通しは明るい。

常磐道開通でアクセスも良くなり、この好況で関東圏からの遠征組も多くなってきた。

名物ハラコ飯など、秋ならではの味覚も多く、秋の宮城観光と合わせて楽しめる絶好期です。

以上の記事は「つり丸」2015年11月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。


今期もヒラメラッシュ確定! 爆釣必至のヒラメ釣り(三栄丸)

今期もヒラメラッシュ確定! 爆釣必至のヒラメ釣り(三栄丸)

「今期のヒラメも絶好調だよ。部分解禁した11月1日から船を出しているけど、出船すれば2ケタ釣果のお客さんが何人か必ず出るし、ボウズもナシ。この分で行けば12月1日の全面解禁直後も安泰。爆釣必至だと思うよ」と、近況から見通しまでを端的に語ってくれたのは、11月中旬に取材で訪れた波崎港「三栄丸」の木村卓三船長だ。


駿河湾では珍しい貴重なヒラメ釣り穴場ポイントをご紹介(龍神丸)

駿河湾では珍しい貴重なヒラメ釣り穴場ポイントをご紹介(龍神丸)

竿はヒラメ専用竿、手持ちで狙うのが基本なので持ち重りしないよう軽量なものがおすすめ。軽いライトロッドでもいいが、使用するオモリは基本60号統一なので、60号を背負って操作性がいいものをセレクトしよう。


仙台湾、潮流しのヒラメ釣りテクニックを学ぶ(第一謙信丸)

仙台湾、潮流しのヒラメ釣りテクニックを学ぶ(第一謙信丸)

仙台湾のヒラメ釣りは三陸沿岸のヒラメ釣りをルーツとしたライト仕様であり、オモリは40〜60号で狙う。そんな釣り方から、3mの長竿よりも操作性の良い短めの竿がピッタリとくる。そして近年は2mほどのショートロッドも多く使われるようになってきて、ショートロッド対応の専用仕掛も船宿、釣り具店に各種並んでいる。


10月から大原沖ヒラメ全面解禁! 釣れるタックル&仕掛け(松栄丸)

10月から大原沖ヒラメ全面解禁! 釣れるタックル&仕掛け(松栄丸)

「松栄丸」ではオモリ80号を使用する。そのため竿は80号オモリに対応したヒラメ専用竿がおすすめ。長さは2.4〜3mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸リール。前述したように取材当日は、水深10m台〜20m台の浅場を狙った。この水深なら手巻きリールでも仕掛けの上げ下げは苦にならないだろう。


最新の投稿


誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本程度。その中に1本は7㎝のスッテや11㎝プラヅノに赤白の糸を巻いたものをまぜておこう。潮の濁り具合によって、グリーンや黄色系などが乗ることもあるので、基本のブルー、ピンク、ケイムラのほかにも用意しておこう。


変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、オーソドックスなコマセマダイ用があれば楽しめる。竿は80号のビシに対応したコマセマダイ用がオススメ。長さは2.7〜3.3mが扱いやすいだろう。


今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。


メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

タックルのサビと塩ガミ防止に効果抜群のスプレー。噴き付けがラクなトリガーノズルです!


外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読