MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラメの宝庫! 秋の最高潮を逃すな! 亘理沖ヒラメ(大海丸)

ヒラメの宝庫! 秋の最高潮を逃すな! 亘理沖ヒラメ(大海丸)

秋のピークを迎えている仙台湾のヒラメ。特に亘理沖は好調で、シケ後の悪条件でも船中ボウズなし、最大5.4㎏の大判も上がった。亘理沖のヒラメの釣り方は、横流しをやらず糸を立てて流す。その日の潮、風にヒラメの活性、食い気などを計算に入れて、ポイントを這うように攻めていく。

秋の絶好期! ツ抜けは当たり前! 身厚の大判ヒラメを釣ろう!

ポイントは亘理沖30〜40mダチ、ビギナーからエキスパートまで楽しめる好況が続いている

長竿がグイーンと締めこまれる!

最初の流しで釣れた1.5㎏

重量感あふれる引き込みがヒラメ釣りの魅力の一つ

横浜市から遠征の方に当日最大の5.4㎏! 大ビラメの期待十分なのだ

同時ヒットも多いのでタモ入れは協力して。大型は船長に頼もう

シケ後の薄濁りのせいか、空が明るくなってくるにつれてヒラメのアタリが増えてきた

ラスト一時間に食いが立ち、府中市から遠征の方に1.8㎏

ヒラメ低活性のときはゲストも少ない。イナダが船中数本程度だった

港内の生簀からイワシを積み込む

大海船長が各自のバケツにイワシを分け入れてくれる

イワシのサイズは15〜20㎝。イワシすくい用の小網は各釣り座に用意してある

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理「大海丸」。

「大海丸」山川大海船長の、流していく筋の見極めは絶妙だ。

だからオモリを底につけっぱなしにせず、船の流しと呼吸を合わせるように底の取り直しをすることが肝心。特に取材時のような食い渋りでは、船が流れて仕掛けが移動して、新たな場所に入った瞬間の反射食いが多かった。マメな底ダチ、泳がせるタナの取り直しが釣果に結びついた。

これから初冬にかけて、水温の低下とともに下降線をたどるのが通例だが、今年も昨年のように年明けまでヒラメ好釣況が続きそう。

エサのイワシの入荷状況にもよるが、大判サイズのヒットに期待で見通しは明るい。

常磐道開通でアクセスも良くなり、この好況で関東圏からの遠征組も多くなってきた。

名物ハラコ飯など、秋ならではの味覚も多く、秋の宮城観光と合わせて楽しめる絶好期です。

以上の記事は「つり丸」2015年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読