MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山芝崎「正一丸」では10月からマダイ五目乗合を開始。スタートからマダイの好釣果が続き、乗船者全員が型を見ることも珍しくない。嬉しいゲストもまじっている。

エサ取り、サバ&ソウダ対策を万全にしておくことが大事だ!

この時期の「正一丸」は、亀城根を主体に広範囲を狙う!

10月中旬の取材時は水深20〜60mを狙った!

竿がグイグイ絞り込まれる! 良型か?

体高が高く、丸々と太った2kgオーバーが取り込まれた!

清水希香さんヒット!

早い時間帯に本命を手にした希香さん!

嬉しい1枚をゲット! とりあえず本命の顔を見ることを目標に!

0.5〜1kgがこの時期は多い!

本命ゲットに一安心だ

この時期は嬉しいゲストもまじる

希香さんはイシダイにカンパチをゲット!

お土産にちょうどいいサイズだ

イナダは定番ゲスト

付けエサはオキアミ。1匹付けが基本

ビシはFLサイズを推奨している「正一丸」

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山芝崎「正一丸」。

「エサ取りと相談して釣んなよ〜」とマイクでアドバイスする葉山芝崎「正一丸」の横森正一船長。
越冬で深場に落ちる前のマダイは活性が高い。同時に他魚も活性が高く、エサ取りも活発だ。エサの取られかたを見ながら、タナを上下させたり、コマセの出方や誘いを工夫することが、本命のマダイを食わせるコツだ。

また、この時期はゲストも豊富。イナダ&ワラサ、ヒラソウダ、メジ(クロマグロの子)、カンパチ、イシダイ、アジ、サバなど、美味しい魚種がまじる。青物のヒットが多い時期なので、ハリスは4号以上を使用したい。

今回の「正一丸」の取材は10月後半。水深20m台の浅場から水深60m台のポイントでもマダイはヒットした。今後水温が下がれば、水深80〜100mの深場でも釣れる見込み。相模湾のコマセマダイは、これからさらに熱くなるだろう!

葉山沖のマダイ仕掛け。ハリスは4号以上。ビシはFLサイズを推奨

葉山沖のマダイ釣りは、オーソドックスなコマセマダイ用のタックルがあれば楽しめる。

今回取材した葉山芝崎「正一丸」では80号のビシを使用する。そのため、竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用の2.7〜3.3mがオススメ。

リールは仕掛けの回収が楽な小型電動がオススメ。道糸としてPEラインの4号前後を200m以上巻いておけば高切れしても安心だ。

仕掛けは青物が掛かることを想定してハリス4号、6〜8m。クッションゴムはハリスに適合した太さのもので、長さは1m。ハリはイセアマ8〜9号、またはマダイ8〜9号。

「この時期はイナダやワラサなどの青物が掛かります。またタイも大きなやつがアタることもありますから、ハリスは4号以上でやってください」と「正一丸」の横森正一船長。

「正一丸」ではビシはオモリ80号を使用するが、大きさはFLサイズを推奨している。東京湾のコマセマダイではFLサイズのビシを使用するのが当たり前となっているが、ここ葉山沖でも少量コマセで狙うスタイルが浸透しつつあるようだ。

葉山沖のマダイ釣り。エサの取られ方によってタナを上下する!

「正一丸」では海底からのタナ取りをおこなう。ビシを一度海底まで落としたら、イトフケを取り、コマセをまきながらビシをタナまで巻き上げる。

この時期のタナはハリス分〜ハリス分プラス3m。エサの取られ方によって、この範囲でタナを調整する。エサ取りが多ければタナを高くしていき、エサが取られないタナでアタリを待つのが定石。
そして、エサ取りが多いときは、仕掛けを入れ替えるペースを速くしよう。エサ取りがとくに活発なときは、タナ取り後、数十秒で仕掛けを回収するといいだろう。

エサ取りが少ないときは、じっくりとアタリダナを探ることができる。またタナに迷うときは、タナを決めてじっくりとアタリを待つことを横森船長はススメている。

状況によってはイシダイやイナダのアタリが多いときもある。これらの魚を釣りたい時は、3〜4mの短めのハリスで、高めのタナを探るようにするとアタリがいいようだ。

ソウダやサバが多い時は「隠しバリ」。マダイのヒット率も上がる

サバやソウダガツオが多いときは、仕掛けを投入すると、落下している付けエサを食ってしまい、ビシが底まで落ないことも珍しくない。ビシにコマセ入をれなかったり、仕掛けに付いているアクセサリー類を取り外すなどの対策をおこなうが、どうにもならないこともしばしばだ。

そんなときは上のイラストで紹介している「隠しバリ」がオススメ。ハリスが絡むこともあるが、慣れれば投入の成功率も上がり、ビシが海底まで落ちてマダイのヒット率も上がる。

この「隠しバリ」をおこなうときは、ビシの下部に隙間がある「サニービシ」などのプラビシを使用することが大前提だ。最初に下の隙間から付けエサの付いたハリをビシのなかに入れる。そして付けエサにかぶせるようにコマセを入れる。

ビシを投入する際は、まずハリスを海に入れ、絡んでいないことを確認。そしてハリスが絡まないようにビシを投入する。

ビシが着底したら、1〜2m巻き上げて一気にコマセを出す。ここでモタモタしているとハリスが絡むので、迅速に動作をおこなうようにしよう。

以上の記事は「つり丸」2015年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読