MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キャスティング&ジギングで狙う! 東京湾奥のシーバス(小峯丸)

キャスティング&ジギングで狙う! 東京湾奥のシーバス(小峯丸)

千葉・寒川港「小峯丸」では、ジギングでの攻略をメインとする一般的なシーバスルアー乗合船とは異なり、キャスティングも行う。しかもその比率はかなり高い。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

東京湾のシーバスタックル。キャスティングとジギングを用意しよう

千葉・寒川港「小峯丸」では、ジギングでの攻略をメインとする一般的なシーバスルアー乗合船とは異なり、キャスティングも行う。しかもその比率はかなり高い。

通常の乗合船は両舷に釣り人を乗せるため、安全の面からキャスティングはまず行われることはない。ところが「小峯丸」は、「人数限定片舷乗合」という方式で、片方の舷しか釣り人を乗せないため、小型チャーターボートなどでしか行うことができない、オーバーヘッドでのキャスティングゲームを安全に楽しめるのだ。

したがってタックルは、ジギング用のベイトタックルとキャスティング用のスピニングタックルの両方が必須だ。

ジギングで使用するメタルジグは、80gを中心に60〜120gと幅広くそろえたい。

釣り方は、ジグをいったん海底まで沈め、水深の半分ほどまでを速めのただ巻きで繰り返し攻める。

キャスティングで使用するルアーは、当日最もヒットが多かったのはメタルバイブレーション。ここまで強烈に連続ヒットを見せつけられてしまうと、絶対に持参してください! と言わざるをえない。それほどまで当たりルアーだった。

使い方は、基本はただ巻きでOK。リトリーブ中にソフトなジャークを加えられればなおよいだろう。
また、海中に柱が何本も入ったストラクチャー周りでは、できるだけルアーを奥の方まで撃ちこむことができれば、よりヒット率は高まる。かなりテクニカルだが、ぜひ積極的に狙っていきたい。

その他、秋から冬にかけてのシーズンは、シーバスたちはカタクチイワシの他にコノシロを捕食していることもあるので、大型バイブレーションや大型のロングリップミノーなども持参するとより攻略の幅が広がるだろう。

また、ベイトがカタクチイワシのときは細身のシンキングミノーが有効となる場面も多く、さらに秋は状況によってはオープンエリアでトリヤマが立ち、シーバスの他に青物もターゲットとなる。ベイトを追ってボイルしていることもあるので、トップウォータープラグもぜひ準備しよう。

よりよい釣果を得るためには、正確なキャストがカギとなる!

人数限定片舷乗合だから、思う存分オーバーヘッドキャストが可能(要後方確認)。オープンエリアでは青物の可能性も。当日もイナダのボイルが見られたが、残念ながら型は見られなかった

片舷しか乗せないので、常にストラクチャー側を攻められる。釣り人には嬉しい限り

シーバスといえば、このエラ洗い。バラシ対策としてロッドを下げてファイトしよう

今期は水温がまだ高く、シーズンは遅れ気味とのこと

見事なテクニックで良型を連発した小峯翔太船長。分からないことがあればどんどん聞こう

まるでシイラのようなシーバスのジャンプ! シーバスはこの豪快ファイトが最高にエキサイティングだ

当日の最大はこのナナマル(70cm)! もちろんハチマル(80cm)オーバーもいる!

ネットを使わず抜きあげる際は、リーダーを掴んで行おう

こんな良型魚が手軽に楽しめるのがシーバスの魅力だ

日本一シーバスの魚影が濃い東京湾。いよいよ秋のベストシーズン到来だ

アベレージはこのサイズ

10月下旬現在、トップ30本前後と好調。今後はさらに上向くだろう

小峯丸」は乗合船でありながら、こんなテクニカルゲームも楽しめる。できるだけ奥にルアーを撃ち、シーバスを引きずり出そう

タックルはジギング用ベイトタックルと、キャスティング用スピニングタックルを必ず用意しよう

ジグは80gがメイン。船長オススメのメタルバイブレーションは必携!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・寒川港「小峯丸」。

「魚は多いですよ。サイズも大型がヒットしています。ただ、まだ水温が若干高めですので、それが下がってくれば、群れが固まっていよいよ本番です。より釣りやすくなりますよ」と、千葉・寒川港「小峯丸」の小峯雄大船長は話す。つまり、今後はこれ以上の釣果が期待できるのだ。

「コツは、できるだけ奥の方までルアーを撃ち込んで、中にいるシーバスを引きずり出すことです」とは、見事なテクニックで次々と良型をヒットさせた小峯翔太船長。

基本はジギングもキャスティングもただ巻きでOK。つまり、誰でも手軽に楽しめるが、よりよい釣果を得るためには、正確なキャストがカギとなる。

「小峯丸」は、人数限定片舷乗合。この秋、ここでしか楽しめないテクニカルでエキサイティングなシーバスゲームを満喫しみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2015年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル