沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ヒラメ仕掛け。ピンポイント潮流し釣りが基本。タナは自分で探りあてる

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。

「捨て糸が短めなのは、お客さんに自分でタナを探りあててもらいたいから。ポイントの地形はさまざま。根周り、砂地、魚礁など。とにかく、気をつけてほしいのは根掛かり。根がきついときはちょっと高めにタナをあげて構えているとよいですね。マメなタナとりが誘い動作になって、ヒラメに高アピールします」と話す。

今年のヒラメは高活性! ポイントは広範囲。根回りでは大型も!

風光明媚な駿河湾。富士山はポイントによりさまざまな顔を見せてくれる

佐野船長が得意とするのは久能沖周辺。ピンポイントで攻める

ハリ掛かりよければ、小型のヒラメは抜き上げOK。できるだけ、タモ入れしよう

基本を押さえて確実ゲット!

早アワセは禁物。タナは自分で探る、が「龍神丸」流。根掛かりする場所も多いので仕掛けは多めに持参しよう

良型も多い。大型がヒットすると浅場では横走りすることもザラ

おいしいヒラメを全員キャッチ!

魚影が濃い

1枚ヒットすると次々に同時ヒットする

サイズ問題なし!

二人でこれだけ釣れれば御の字。数釣りも可能だ

うれしいゲストのキジハタ

エサはマイワシ。大事に扱おう

船にはイワシ専用イケスが2ヵ所設けられている

浅場の釣りでも小型電動リールは必需品。その機能をフル活用するには、小型リチウムイオンバッテリーがおすすめ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「龍神丸」。

駿河湾内でも各地でヒラメ釣りが解禁。そのなかでも注目したいのが、サクラエビ漁で有名な由比港を基地とする「龍神丸」のヒラメ釣り。9月半ばに解禁してからは他の釣りものに見向きもせずヒラメ専門乗合で釣らせてくれている。

「今年のヒラメは活性が高いですよ。だいたい、朝のうちに勝負がついてしまいみんなお土産を確保します。小ぶりなのもいますが、三保沖や人工魚礁周り、根周りでは大型が期待できます」と話す、佐野栄俊船長。ヒラメへのこだわりぶりはお墨付きだ。

釣り方は、横流しではなくポイントで潮流し釣りがメイン。ピンポイントで攻めるので、タナ設定は釣り人におまかせしているという。

「乗船者8人限定の釣り場ですが、10月に解禁した三保沖の水深30〜60mもおもしろいですよ。ここでは良型が期待できます」と船長。

とにかく佐野船長の独自のポイントの数は多い。水深15m前後の浅場だけでほぼ半日釣り続けられるというが、ちょっと深場はまったく手付かずというのだ。それだけ、潜在能力の高いフィールドともいえるだろう。

佐野船長によれば、年内いっぱいは十分ヒラメ釣りが楽しめるという。富士山の絶景を楽しみながらのヒラメ釣りをぜひ味わってみてほしい。

「龍神丸」の由比沖周辺のヒラメ釣り。手持ち竿で早アワセ厳禁!

船長がとっておきにしているポイントは、陸の景色を見ると海底はフラットに思えるが意外に根がきつかったり、起伏があったりする。

このピンポイント釣りでは置き竿釣法ではなく、手持ち竿でヒラメのアタリを待つようにしよう。
高ダナでアタリを待っていれば、底からジャンプしたヒラメがイワシを捕食後、一気に海底にエサを引きこむのでアタリは大きく明確に出る。

逆に低めのタナ、つまりオモリトントンくらいだと、アタリが小さいことも多い。

高ダナでは一気にヒラメが食い込む分、向こうアワセになってフッキングしていることが多いが、後者のタナ低目では、ヒラメはイワシを咥えているだけの状態もある。なので、早アワセは厳禁だ。十分すぎるほど待ってから、大きくアワセるのではなく、聞き上げるようにアワセを入れよう。こうすることで、エサのスッポ抜けは少なくなるハズだ。

イワシは十分船に積んであるが、ムダな使い方は厳禁だ。エサの数には限りある。できるだけイワシを弱らせないように扱い、無駄にエサを取り替えないようにしたい。

イワシが多少弱っていてもヒラメは十分食ってくるハズである。

以上の記事は「つり丸」2016年11月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。


解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

11月に入って茨城エリアでもヒラメが解禁したが、房総エリアも解禁からコンスタントに釣れ続いている。外房大原沖もヒラメ好調ポイントのひとつ


横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

茨城海域のヒラメ釣りが11月1日に解禁した。とはいうものの、解禁されたのは北緯36度00分から北緯35度52分の一部のみ。12月に茨城県ほぼ全域がヒラメ釣り可能になる予定だ。


秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

大物狙いの春の乗っ込みに対して、秋は中型までの数釣りのイメージがあるマダイ。確かにどのエリアでもその傾向にあるが、ここ御前崎沖の秋は、数釣りの中に超豪華なゲストがまじって楽しめるので要チェックなのだ。


水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

これから年末にかけては、うまい紅い魚が気になる季節だ。そんな魚の代表がアカムツ。激うまな身を一度でも味わってしまったら、あなたはこの魚のとりこだ。近年では大型アカムツが潜む水深200〜300mの深海を普段使い慣れたタックルで手軽に釣れるようになった。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読