MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
安定釣果のマアジ&活性急上昇中のイシモチをWで狙う(あい川丸)

安定釣果のマアジ&活性急上昇中のイシモチをWで狙う(あい川丸)

美味しいターゲットがいっぱいの秋本番の沖釣りだが、手軽に楽しむなら東京湾のLTアジ&イシモチのリレー船でキマリ! なんたって、同じタックルで両魚種が狙えるし、釣り方もイージー。そして何よりただいま絶好調で、ビギナーや子供でもお土産が確実に釣れ、楽しまれているのだ。

リレー船でガッツリ楽しむ! 滑り出しとしては二重マルの状態だ!

大きなアジの群れに当たった時にはダブルヒットが連発! 手返し良く数を伸ばそう

脂の乗りは折り紙付きの金アジと今後、数がまとまって釣れるイシモチ。「食欲の秋を満たすにはもってこいの釣りモノですよね」と良型を手にしたお客さんがいう

ダブルでヒットだ

LTだからと侮るなかれ。40㎝級の大アジも顔を出す!!

これぞ「あい川丸」のアジ狙いで醍醐味でもある。良型が釣れるポイントへ船長が案内してくれるので、気を引き締めて釣ろう

刺身になめろう、アジフライでも美味しいね

仲良く二人でイシモチゲットだ

良型のイシモチが釣れる

にっこり笑顔に…

イシモチはどんどん旨味を増していく時期だ

リレー船でWで狙えるから楽しいね

道糸はPE2号が標準。ビシの重さと胴付きのオモリは共に30号で、これが背負えるゲームロッドと小型の両軸リールで挑もう

太さや幅など計算しつくされた輪ゴムクッション&テンビンを使うのが「あい川丸」流のアジ釣りで、巻き上げ時のバラシが激減する

アジはビシ釣りで、イシモチは胴付き仕掛けを使用。仕掛けは船宿で購入できる

エサはアオイソメ

アジは2〜3㎝。イシモチは5〜6㎝に切って使おう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「あい川丸」。

「水温が下がり出し、アジが安定して釣れるようになりましたからね。イシモチはこれからの魚ですが、今期は食いが良く、滑り出しとしては二重マルをあげられる状態にありますよね」とニッコリ顔で話してくれたのは、アジをメインに周年リレー釣りを行う金沢八景「あい川丸」の相川和万船長だ。

ちなみに船長が狙うアジは、東京湾のブランド・金アジ。周年を通して美味しいが、これからはさらに味が良くなり、イシモチもどんどん旨みを増してくるという。

「あい川丸」が攻めるポイントの水深は、年間を通して浅く、攻めやすいのが特徴で、現在、アジは17m。イシモチは20m前後。今後、真冬になっても水深30m以内を攻め続ける。

アジは海底から2mが基本のタナで、状況で探り、イシモチはたまにオモリが底を叩く位置でリフト&フォールを繰り返して誘うのがセオリーとなる。

いずれも食い渋り時は、誘いがキモになるが、そこは適宜、船長が的確なアドバイスを出してくれる。指示に従って数をバッチリ伸して行こう!

以上の記事は「つり丸」2016年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
最新記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読