MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
安定釣果のマアジ&活性急上昇中のイシモチをWで狙う(あい川丸)

安定釣果のマアジ&活性急上昇中のイシモチをWで狙う(あい川丸)

美味しいターゲットがいっぱいの秋本番の沖釣りだが、手軽に楽しむなら東京湾のLTアジ&イシモチのリレー船でキマリ! なんたって、同じタックルで両魚種が狙えるし、釣り方もイージー。そして何よりただいま絶好調で、ビギナーや子供でもお土産が確実に釣れ、楽しまれているのだ。

リレー船でガッツリ楽しむ! 滑り出しとしては二重マルの状態だ!

大きなアジの群れに当たった時にはダブルヒットが連発! 手返し良く数を伸ばそう

脂の乗りは折り紙付きの金アジと今後、数がまとまって釣れるイシモチ。「食欲の秋を満たすにはもってこいの釣りモノですよね」と良型を手にしたお客さんがいう

ダブルでヒットだ

LTだからと侮るなかれ。40㎝級の大アジも顔を出す!!

これぞ「あい川丸」のアジ狙いで醍醐味でもある。良型が釣れるポイントへ船長が案内してくれるので、気を引き締めて釣ろう

刺身になめろう、アジフライでも美味しいね

仲良く二人でイシモチゲットだ

良型のイシモチが釣れる

にっこり笑顔に…

イシモチはどんどん旨味を増していく時期だ

リレー船でWで狙えるから楽しいね

道糸はPE2号が標準。ビシの重さと胴付きのオモリは共に30号で、これが背負えるゲームロッドと小型の両軸リールで挑もう

太さや幅など計算しつくされた輪ゴムクッション&テンビンを使うのが「あい川丸」流のアジ釣りで、巻き上げ時のバラシが激減する

アジはビシ釣りで、イシモチは胴付き仕掛けを使用。仕掛けは船宿で購入できる

エサはアオイソメ

アジは2〜3㎝。イシモチは5〜6㎝に切って使おう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「あい川丸」。

「水温が下がり出し、アジが安定して釣れるようになりましたからね。イシモチはこれからの魚ですが、今期は食いが良く、滑り出しとしては二重マルをあげられる状態にありますよね」とニッコリ顔で話してくれたのは、アジをメインに周年リレー釣りを行う金沢八景「あい川丸」の相川和万船長だ。

ちなみに船長が狙うアジは、東京湾のブランド・金アジ。周年を通して美味しいが、これからはさらに味が良くなり、イシモチもどんどん旨みを増してくるという。

「あい川丸」が攻めるポイントの水深は、年間を通して浅く、攻めやすいのが特徴で、現在、アジは17m。イシモチは20m前後。今後、真冬になっても水深30m以内を攻め続ける。

アジは海底から2mが基本のタナで、状況で探り、イシモチはたまにオモリが底を叩く位置でリフト&フォールを繰り返して誘うのがセオリーとなる。

いずれも食い渋り時は、誘いがキモになるが、そこは適宜、船長が的確なアドバイスを出してくれる。指示に従って数をバッチリ伸して行こう!

以上の記事は「つり丸」2016年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読