MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トップ束釣りも珍しくない! 東京湾のハゼ釣り(冨士見)

トップ束釣りも珍しくない! 東京湾のハゼ釣り(冨士見)

誰でも手軽に楽しめる東京湾のハゼ釣り。今年も例年どおり順調な模様が続いてる。深川「冨士見」では、木更津沖を主に狙い、トップは束釣りする日が続いている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

釣り方カンタン! オモリで海底をトントンするように竿を上下!

当日は木更津沖の水深3m前後を狙った

手バネ竿2本を操るベテラン! 「冨士見」では手バネ竿の貸し竿もある

親子でチャレンジ! ファミリーFもオススメ

当日は10㎝前後がアベレージで、12〜15㎝がまじった

軽い道具を使うとアタリがわかりやすい

釣りたてはテンプラが絶品!

たくさん釣れるから楽しいね

貸し道具もあるから初心者にもオススメ

付けエサはアオイソメ。タラシを長くしないことがポイント

今回、取材にご協力いただいたのは、東京湾・深川「冨士見」。

アタリは多く、平均で30〜40匹釣れているので、初心者や家族連れにもオススメできる。オススメする理由の一つが道具の軽いこと。リールを使わない手バネ竿とオモリ3号程度の組み合わせは、とにかく軽い。子供や女性でも十分に扱える重さ。そして、この軽さがハゼ釣りを面白くしている。

「軽い道具を使うとアタリがわかりやすいですし、引きも楽しめます。初めての方や慣れていない方こそ、手バネ竿を使ってハゼ釣りの魅力を知ってほしいですね。手バネの貸し道具を用意してあります。遠慮なく使ってみてください」と斎藤正雄船長。

釣り方も簡単。オモリで海底をトントンするように竿を上下しているとアタリは訪れる。慣れてきたら、次のステップに挑戦しよう。ハゼはエサを食わえてもジッとしていることがある。この時、わずかに重みが竿先に伝わっている。これが「モタレ」といわれるアタリ。ベテランは、この重みを感じ取り、それをアワせていく。竿先の変化に注意して釣ってみよう。このアタリがわかるようになると断然ハゼ釣りが楽しくなる。

以上の記事は「つり丸」2016年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル