MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
身厚で甘〜い! 旬で美味い相模湾ヤリイカを釣りに行こう!(坂口丸)

身厚で甘〜い! 旬で美味い相模湾ヤリイカを釣りに行こう!(坂口丸)

ここ数年、開幕がどんどん早くなっているヤリイカ。だが、本来のヤリイカの旬は秋から冬にかけて。つまり、“これから”だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

サイズは中型が主体で、この中型が身厚で柔らかく、甘みをあって最高にうまい!

当日のポイントは小田原南沖と瀬の海。状況に合わせて攻めていく

取材日はちょっと渋めで拾い釣りの展開だったが、ダブルもあって良型も登場。まずまずの釣果となった

良型サイズのヤリイカゲットだ!

常連さんもダブル! この日は後半に乗りがよかった。アタリは多いのでイカはいる! あとは、イカのゴキゲン次第…

イカは釣りたてが最高!

スルメも時々まじった

誘った後は竿先のアタリを注視! 渋いときはただ巻きも有効だ

中型の食べごろサイズが主体。このサイズは身が厚いのに柔らかく、とっても甘くてメッチャうまい!

「坂口丸」ではオリジナル仕掛けも販売中。プラヅノは11㎝、オモリは120号だ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小田原早川港「坂口丸」。

「海がおかしくなって来ているんでしょうね…。そんな理由から近年は9月が一番いいことが多いんですが、今年はまだ盛り上がりに欠けているので、おそらくこれから期待できると思いますよ!」と話す、小田原早川港「坂口丸」の久保田忍船長。

実際、釣りをしてみると、アタリはかなり多い。だからイカはいるのだ。ただ、潮が気に入らないのか、しっかりとツノを抱かないのである。

「触りがあってもなかなか乗らないときは、空アワセを多めに入れてみてください。渋いときは、意外と“ただ巻くだけ”というのも効果的ですので、ぜひ試してみてください」

サイズは中型が主体で、この中型が身厚で柔らかく、甘みもあって最高にうまい! また今後は、乗り味バツグンの大型にも期待とのことだ。

旬を迎える絶品ヤリイカは、年明け頃まで楽しめるよ!

以上の記事は「つり丸」2016年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル