MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏の数釣りは終わり、秋は大型のタチウオが狙えるぞ!【東京湾】

夏の数釣りは終わり、秋は大型のタチウオが狙えるぞ!【東京湾】

夏になると開幕する東京湾のタチウオ釣りは、秋の訪れと供に徐々に深場に移り、サイズもよくなっていく。引き味、食味が増し、秋冬に楽しみな釣りものだ。新安浦港の「村上釣舟店千代吉丸」に取材に伺ったのは8月25日、気温は35度の予測で、じっとしてても汗ばむ真夏日だった。

東京湾のタチウオは深場へ移行し大型シーズンへ!

徐々に深場に落ちてきて、大型が多くなってくる。この日は指4本サイズも上がった。

タチウオ船団は30mダチの浅場から、観音崎沖の深場へと移動中。

独特の重厚な引きが楽しめる時期だ。

おいしいタチウオ。良型は脂の乗りもいい。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「村上釣舟店千代吉丸」。

7月に開幕した東京湾のタチウオ釣りも、盛夏を過ぎてそろそろ落ちへと向かっている。タチウオ船団は、大貫沖や第二海堡近辺の30mダチから、観音崎沖へと移動中だ。浅場の釣りより若干オモリは重くなったが、その分型ぞろいのタチウオが重厚な引きを楽しませてくれる時期へと入った。
新安浦港の「村上釣舟店千代吉丸」では、午前船でタチウオに出船中。宮下隆寿船長は丹念に反応を探し、その上に船を乗せて投入合図を出す。抜き上げられたタチウオは90〜100㎝と良型ぞろいだ。
現在のポイントは港から15分ほどの至近距離、第二海堡から観音崎沖にかけての水深50m前後、オモリも50号とまだまだライト感覚で楽しめる。
秋の深まりとともにポイントは観音崎沖90m、久里浜沖の100mと移動して盛期を迎える。タチウオは年末まで続くは東京湾の注目ターゲットだ。

以上の記事は「つり丸」2012年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
最新記事
広丸(御宿岩和田)の釣果情報を掲載
極限の陸上での使用を想定したマスターオブGシリーズからブラックをまとったモデル登場!G-SHOCK「マスターオブGブラックアウト」 GW-9400J
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読