MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

長竿の弾力を利用して、小さく鋭くシャクる。ここで大切なことは、竿に十分に力を加えることだ。竿が曲がった後、その反動で腕が引き戻されるくらいまで力を込めることにより餌木に鋭い動きを与えることができ、アオリイカへのアピール効果も高まる。

アオリイカ仕掛け。シンプルな中オモリ仕掛け。シャクリで釣果に差がでる

東京湾で「野毛屋」がアオリ乗合を始めたのは1995年のことだ。当時アオリイカ専用竿はなく、手バネ竿やカワハギ竿などを流用して釣っていた。

ポイントも手探り状態で、黒川勇治船長は東京湾の西側から東側、深場、浅場とアオリイカの居着く場所を探し回り、データを蓄積していった。根周りやかけ上がりなど、イカの付くパターンがわかると、そこを狙い撃ちして釣果を上げた。高根の上などのピンポイント狙いを多用するのが「野毛屋」アオリイカ船の特徴とも言える。

そして2004年、勇治船長の提唱により長竿釣法が登場する。竿の長さと弾力を生かして餌木に鋭い動きを与える長竿は、初心者でも楽にシャクれるというメリットもあり、いまや相模湾でも長竿が主流となっている。

この釣りの専用竿も市販されているが種類は多くない。専用竿がなくとも、メバル用の3m前後の竿や9フィート前後のライトアクションのシーバスロッドなどが流用できる。

中オモリは初期の浅場では5号、年末からは深場も攻めるのでそのころは8号を使う。ハリスは5~6号を初期は3m、後期は5m、餌木は3.5号から4号。

「野毛屋」では海面から中オモリまでの長さが指示ダナとなるので、道糸のマークでしっかりとタナを合わせることが大事だ。根の中を流すこともあるので、根掛かりを避けるため、底まで中オモリを落としてからタナを取ることはない。

誰もが気にするのが餌木の色だが、東京湾のアオリイカに「必須のカラーはない」といってもいいだろう。それだけ様々な色の餌木に乗ってくる。

まずは奇を衒った色は使わず、ピンク、オレンジのアピールカラーと、グリーン、茶色、青のナチュラルカラーを揃えておけば十分だ。下地はマーブル、金テープの2種類を混ぜて揃えたい。

餌木のカラーよりもアクションが大事なのが東京湾のアオリイカの特徴。

長竿の弾力を利用して、小さく鋭くシャクる。ここで大切なことは、竿に十分に力を加えることだ。竿が曲がった後、その反動で腕が引き戻されるくらいまで力を込めることにより餌木に鋭い動きを与えることができ、アオリイカへのアピール効果も高まる。

東京湾 アオリイカ釣行レポート

シュッ、シュッと風を切りながら3mを超えるロングロッドがしなる。ロングロッドは、小さな力で餌木に大きな動きを与えることができる

ロングロッドでイカを乗せると、竿が満月に引き込まれ釣趣バツグン。グイン、グインと、元気のいい引きを楽しませてくれる

東京湾もアオリイカが好調だ。「野毛屋」では、乗合開始日からトップ9杯。今後もサイズアップしながら、数釣りが期待できそうだ

今シーズンの東京湾はアオリの沸きがいいようだ

船中あちこちで釣れ上がる。ビギナーにも十分楽しめる状況だ

まじりでスミイカも。超美味イカ2種の食べ比べができる!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」。

シュッ、シュッと風を切りながら3mを超えるロングロッドがしなる。他の釣りとはちょっと違った風景、これが船のアオリイカ釣りだ。不意に竿がガツンと止められる、乗った、竿が折れんばかりにしなっている。「乗ったよー、おっと二人に同時に乗ったぞ!」と黒川勇治船長のアナウンスが船に響いた。

金沢八景「野毛屋」のアオリ船は開始日にトップ9杯、船中58杯という好釣果を出した。翌日からの土曜、日曜はやや乗りが落ちたとはいえ、いずれも船中28杯と今年のアオリの湧きの良さが感じられた。

ポイントは広く、大貫沖から竹岡沖、観音崎~鴨居沖、下浦沖~剣崎沖と船長は毎回コースを変えながら攻めている。根に着くイカなので、同じ場所を続けると型が小さくなり釣れる数も減るという。
ロングロッドのアオリ釣りの魅力は、シャクった竿が止められる衝撃と、竿が満月に絞り込まれる引き味にあるだろう。それほど数が出るイカではないが、集中してシャクり続けて取った一杯には誰もが満足感を感じるに違いない。

東京湾のアオリイカシーズンはこれから春先までのロングラン。「野毛屋」では小潮まわりにはアオリ乗合、大潮まわりにマダイ乗合という予定だが、マダイの釣況次第では潮まわりに関わらずアオリ乗合になる。出船状況については船宿ホームページ等で確認してほしい。

シャクリの起承転結。根掛かりのように竿が止められる乗り!

アオリイカが乗ると、竿がまるで根掛かりのように止められるので、竿を起こしたままゆっくりとリールを巻く、このときにポンピングをするとバラシの原因となる。

イカを乗せたら竿は動かさない、と覚えておこう。穂先がグーングーンと引っ張られたらアオリイカで、引きがない場合はスミイカのことが多い。

慣れないうちは早くイカの顔をみたくて、中オモリを竿先まで巻いてしまう人が多いが、これはNG。

竿が長いのでハリスに手が届かなくなり、糸もたるみやすくバラシの原因となる。中オモリが海中に見えたらそこでリールを巻くのを止めて、最初に中オモリを掴むことを心がける。中オモリを手にし、竿を置けば両手が使えるようになるので、落ち着いてハリスを緩めないように手繰ってやれば良い。

イカがしっかり餌木を抱いている場合そのまま抜き上げる、足の先一本で掛かっている場合は、船長に声をかけてタモを使おう。

抜き上げたら、まずは片方の手で餌木を掴み、次にもう片方の手でイカの背側から目の後ろ(首根っこ)を掴む。こうすると墨は吐かれない。イカの足は海側に向けておけば、水噴射されたときでも安心だ。バケツに入れるときもゆっくり優しく置いてやると墨は吐かれない。スミイカが釣れたときも扱い方は同じだ。

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読