MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好乗り好発進! 餌木シャクリのアオリイカの仕掛け(さえむ丸)

好乗り好発進! 餌木シャクリのアオリイカの仕掛け(さえむ丸)

「さえむ丸」のアオリイカはオーソドックスなショートロッドを用いたスタイルが主流だ。タックルは1.3〜1.5mほどのアオリイカ専用竿ほか、軟らかめのマルイカ竿やライトゲーム用のロッドなども流用できる。もちろんロングロッドでもOKだ。

金谷沖アオリイカ仕掛け。ショートロッドメイン。ゲームロッドも流用可能

「さえむ丸」のアオリイカはオーソドックスなショートロッドを用いたスタイルが主流だ。タックルは1.3〜1.5mほどのアオリイカ専用竿ほか、軟らかめのマルイカ竿やライトゲーム用のロッドなども流用できる。もちろんロングロッドでもOKだ。

リールは小型両軸リール。ロッドを右手で持ってシャクる場合は左巻き、左で持つ場合は右巻きが便利。シャクったあとにいちいち持ち替えなくていいからだ。

道糸はPE2号程度。小型両軸リールには0.8号程度を巻いている人が多いが、つねにシャクリを繰り返すアオリイカの場合、シャクリ時の高切れのリスクが高くなる。このため、少し太めの道糸を使用したほうが無難だ。細い道糸を使う場合は、シャクリ時にガイドの糸がらみがないかなど、つねに注意を払って釣ろう。
中オモリは10号。ハリスは4〜5号を4mが基本。その先に餌木用の小型スナップを付けておくと、餌木の交換が楽だ。

餌木はこの時期なら3.5号が基本となる。ただし、大きな餌木のほうが乗ることもあるので4号も用意しておくといい。また、小型が多いときなど3号でもいいだろう。周りと少し変化を付けてみるのも一手だ。

「餌木はここらは昔からずっとピンク、オレンジ系がいいね。マーブルのやつね。この2本は最低でもあったほうがいいよ」

最近の餌木はバリエーションが豊富。全体のカラーリングのほか、腹のカラーにも注目しよう。アオリイカは上から落ちてくる餌木にアタックしてくるが、そのときにアピールするのは腹側だからだ。

アオリイカは濁り潮のときに良く乗る。警戒心が薄れるためだが、こんなときはピンク、オレンジの定番系に分がある。さらに腹の部分のベースが金色のものなどアピール度が高く実績が高い。

逆に潮が澄んでいるようなときは、ブルーや茶色系など、目立たないナチュラル系カラーに実績があるという。

また、最近はどんな状況でも実績が高い紫系も人気が高い。これらを準備しておこう。また、実績が高い餌木は当然使用頻度も高くなる。アオリポイントは根掛かりもする場所のため、餌木のロストもあるので、特に「乗る」餌木は予備も用意しておこう。

「1回釣れる餌木はずっと釣れることが多いよ。噛んだ跡がついてボロボロになってもよく乗るよ」

餌木は「乗る」と信じて使わなければ乗ってこない。ローテーションも必要だが、あまりにコロコロ交換するのもおすすめできない。また、周りの人がどんな餌木で釣ったかも観察しておこう。その系統の餌木に交換してもいいし、まったく逆の攻め方をしてもいいだろう。

内房・金谷沖 アオリイカ釣行レポート

ポイントは金谷沖5〜10分程度の近場主体だ。アオリのサイズが小さいときや水深が浅いときは、シャクリは弱めにしよう

開始早々に来た600g級。カラーはやはり定番のピンク系に

最後まで引き続けるアオリイカ。まるで魚のような引きだ

諦めずにシャクり続けるといいことがある。「今日、初挑戦だったんです」

良型スミイカも乗ってくる。冷凍しておいてお正月に食べるのもおすすめ

餌木は各種用意しよう

オレンジ、ピンク系は外せないアイテムだ。サイズは3.5号基本に今は3号もあるといい

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・金谷港「さえむ丸」。

内房・金谷沖のアオリイカもこれから面白くなる。

「今年は開始からいいよ。サイズは500gぐらいが多いけど、いい日はトップ10杯前後釣れることもあるよ。スミイカもまじるしね」

こう話すのは、金谷沖のアオリイカの生き字引、「さえむ丸」の三浦市郎船長だ。御年、80歳を超える今も元気いっぱいにアオリを狙っている。

金谷沖のアオリのポイントはいずれも近く、鋸山から落ち込んだ起伏に富んだポイントが無数にあるのが強みだ。現在狙う水深は20〜30mほど。取材日は、潮が伊豆諸島の堤防を思わせるようなきれいな真っ青な潮に。澄みすぎてしまい乗り渋ったが、まずまずのサイズも出た。

「この場所はピンクやオレンジのマーブル系の餌木が基本だよ。これからイカが大きくなるから期待十分です」スミイカも良型が揃うぞ!

正しいタナ取りをしよう! 「さえむ丸」では底からタナ取りをする

「さえむ丸」は底からタナ取りをする。基本のタナは「下から5m」。ハリスは4mなので餌木が少し浮いた状態になる。投入は最初に餌木を入れ、続いて中オモリ。海底に中オモリが着いたら道糸のマーカーで正確にタナ取りをする。潮が流れていないときは、中オモリ着底後、少し餌木が潮に馴染むのを待ってからタナ取りしよう。潮が流れないときにすぐに巻き上げてシャクると、餌木が道糸にからんでしまうこともあるからだ。

タナ取り時に注意したいことがある。それは竿を平行にして5m上げた場合、シャクリ開始時には竿は海面に向くので、5m上げたつもりでも4mぐらいしか上がっていない。これだと根掛かりが頻発するか、スミイカしか釣れないことも。このため、タナはシャクリ開始時の竿が下がった状態を基準に考えよう。

金谷沖アオリイカの釣り方。オーソドックスなシャクリスタイルで

シャクリは竿を海面に向けた状態から頭上までスッを素早く持ち上げる。次はそのままストンと竿を下げる。シャクリ上げたときに中オモリと餌木が持ち上がり、下げたときに餌木はゆっくりと後にスライドしていく。このときにアオリイカが抱きついてくる。そして次のシャクリでズドン! と乗ってくるわけ。

シャクリ上げた後に竿を下げるとき、道糸がガイドに絡まないようにしよう。

一度シャクったら10秒前後待つ。この待ち時間は早いときは5秒ほど、長いときは20秒ほどと、潮の流れや釣れ具合によって調整しよう。潮が速いときほど短め、緩いときは長めにするのが基本だ。
タナの基本はハリス分1mほどが基本だが、自分で変化を付けてみよう。潮が速いときなどは餌木が浮くので低めに、緩いときは高めに。

「スミイカばっかり釣れる人はタナが低いですよ。アオリイカがほしかったらそれよりも1mは上げてみてね」

また、イカの活性が上がり浮くこともある。2〜3m高めのタナでひとり乗り乗りになることも。

乗った瞬間は衝撃的。アオリイカの場合はその後、魚のようにギューンギューンと引く。スミイカの場合はそこまで引かない。触腕に掛かっている場合は特に引きが強くなる。

やり取りは、竿を少し立てた状態にしておき、強く引き込んだら竿を下げていなすようにしたい。竿を下げた状態で巻き上げてくると、いきなり突っ込んだときにバラしてしまうので注意。大型が増えてきたときはハリス切れもあるほど引きが強い。

フィニッシュは必ずタモ入れしよう。それも自分でタモ入れするのが望ましい。タモ入れ時の注意点は、餌木が外に出た状態でイカのみをタモの中に入れること。

イカが1杯釣れると連続して釣れることが多い。1杯釣って、タモの中にドボンと入れた場合、餌木が網にからまって、さらにイカを外してなどとやっていては時間が掛かる。

イラストのようにタモ入れしたら、その場で餌木を外してスグに投入しよう。これを続ければ連チャンも可能だ。モタモタしていたら、ほかの人に釣られてしまう。

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読