MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

外房・飯岡沖の一つテンヤマダイが好調だ。アタリが多く、数釣りが楽しめている。トップ2ケタを記録することも珍しくなく、今回取材した飯岡港「梅花丸」ではトップ16枚を記録する日もあった。11月前半の時点でも数釣りが継続している。

サイズのいいマダイは、いつアタリがくるかわからないのでドラグ調整は必須

「どんどん糸が出るな〜」と榎戸さん。ノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛80H」がぐいぐい絞り込まれる!

大ダイが浮上!

午前船の最後の最後に「オーバルテンヤ」のマットピンク4号にアタった3.8㎏

こちらも終了間際にヒット!

良型マダイがタモに収まった

こちらは2㎏オーバーの良型

これはキロ級

アベレージサイズをゲット

少し小ぶりだが食べるにはちょうどいいサイズ

釣れたてはやっぱり刺身だね!

ハナダイもまじる

イナダもアタる

着底と同時にアタったヒラメ

「梅花丸」で用意しているエビがこれ

梅花船長オススメのエサ付け

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「梅花丸」。

中小型の数釣りというのが、この時期のパターン。飯岡沖でも1㎏前後までのサイズが多いが、突然、大型のアタリがくることもある。取材当日は3.8㎏、2㎏といったサイズが取り込まれたが、ほかに4発もの良型バラシがあったのだ。サイズのいいマダイは、いつアタるかわからないので、ドラグ調整は怠らず、油断しないで臨むことが大事だ。

今後はどんな展開になるのか予測できないが、過去には真冬に大型、良型の連発ということもあった飯岡沖。大ダイがアタるということを、つねに頭に入れて楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
更新: 2019-06-15 12:00:00
相模湾・平塚沖のヒラメ五目は朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!シーズンは7月いっぱいぐらいまで。上向き傾向の相模湾ヒラメ&高級ゲストの根魚を狙いに出かけてみよう!
更新: 2019-06-15 07:00:00
いま、上越沖が熱い!待望のマダイの乗っ込みシーズンが開幕。と同時に夜ヒラメ釣りも絶好調だ。GW頃からマダイが釣れ始め、夜のヒラメも4月中から釣れ出している。24時間フィッシングも可能?!早めの釣行を!!
更新: 2019-06-14 12:00:00
最新記事
キマダラヒメダイは、スズキ目フエダイ科ヒメダイ属する海水魚の一種。小笠原諸島や鹿児島、沖縄では重要な食用魚。しかしマダラヒメダイはなかでも珍しい種。
更新: 2019-06-17 07:00:00
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
今全国各地で盛り上がっている釣り“スーパーライトジギング”とは文字通りPE0.8号前後のライトライン&タックルで楽しむジギング。イサキが代表的ターゲットだが狙いは全国各地に生息するすべての魚たちが対象!
更新: 2019-06-16 07:00:00
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
更新: 2019-06-15 12:00:00
相模湾・平塚沖のヒラメ五目は朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!シーズンは7月いっぱいぐらいまで。上向き傾向の相模湾ヒラメ&高級ゲストの根魚を狙いに出かけてみよう!
更新: 2019-06-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読