MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

茨城海域のヒラメ釣りが11月1日に解禁した。とはいうものの、解禁されたのは北緯36度00分から北緯35度52分の一部のみ。12月に茨城県ほぼ全域がヒラメ釣り可能になる予定だ。

ヒラメパラダイス健在! 釣り座の優位は関係なし! 胴の間が最高のポジション

横流しスタイルで効率よくヒラメをバイトさせる。釣り座はあまり気にしなくてよい

若船長の洋行さんが難しいタモ入れを担当。なれた手つきで確実にヒラメを掬いあげる

11月1日、茨城海域ヒラメ部分解禁初日、開始直後から怒涛のラッシュだ

解禁初日の最大はコレ、3.7㎏。イワシが南下してくれば、このサイズが当たり前になるハズだ

8時ごろの船上。すでに足元にオケはヒラメでいっぱいだ

爆釣ぶりはごらんのとおり!

あいにくの雨模様だが、ヒラメは高活性。リールを巻く手に力が入り、身体は自然と暖かくなる

解禁初日は2流し目で全員ボウズなし!

解禁エリアのもっとも深いディープゾーンではこんなサイズばかりがキャッチされる

「こんなんでいいんかい?」と常連さん。次々にヒラメの枚数を重ねる

ゲストはワラサ

エサは陸送されたマイワシだ

ちょっと食い込みが浅いヒラメはこんな感じに噛みつきハリ掛かりせずに外れてしまう

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「庄栄丸」。

解禁初日は、あいにくの雨。そんな天気にはおかまいなく、最初の第1投げから良型ヒラメが入れ食いになった。これが解禁パラダイスだ。

「今年は高水温の影響か、ヒラメの魚影はそんなに濃くないと予想されたけど、いるところにはどっさりいる感じだね。魚の活性が高いので例年どおり釣れるんじゃないかな」と話す、漁師でもある波崎「庄栄丸」の幸保重行船長。ヒラメ漁をやっているのだから、ヒラメの居所も詳しいので確実に釣らせてくれる頼もしい船長だ。

船長はまずは良型狙いということで、解禁エリアの一番深場の水深50mを攻めた。すると、2流し目にはほぼ満席の釣り人が全員ヒラメを手にして坊主なし。その後も各ポイントで好調にヒットし続けた。

「今年は昨年に比べてちょっと小ぶりなヤツが多いけど、なかには大型もまじるから、小さくても確実に魚を掛けることが大事です」と、船長はアドバイス。

年内いっぱいは12月の解禁もあり、かなり注目される鹿島沖〜神栖沖のヒラメ。ツ抜け釣果も夢ではないぞ。

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖のマゴチは6月1日から解禁した。「テンヤ+ワーム」で狙うスタイルでは、多くのポイントでアタリがあり、まずまずの釣果!さらに上向いていることが期待される鹿島沖のマゴチ!パターンにハマれば連発もある!
更新: 2019-06-17 12:00:00
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
更新: 2019-06-15 12:00:00
相模湾・平塚沖のヒラメ五目は朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!シーズンは7月いっぱいぐらいまで。上向き傾向の相模湾ヒラメ&高級ゲストの根魚を狙いに出かけてみよう!
更新: 2019-06-15 07:00:00
いま、上越沖が熱い!待望のマダイの乗っ込みシーズンが開幕。と同時に夜ヒラメ釣りも絶好調だ。GW頃からマダイが釣れ始め、夜のヒラメも4月中から釣れ出している。24時間フィッシングも可能?!早めの釣行を!!
更新: 2019-06-14 12:00:00
最新記事
鹿島沖のマゴチは6月1日から解禁した。「テンヤ+ワーム」で狙うスタイルでは、多くのポイントでアタリがあり、まずまずの釣果!さらに上向いていることが期待される鹿島沖のマゴチ!パターンにハマれば連発もある!
更新: 2019-06-17 12:00:00
キマダラヒメダイは、スズキ目フエダイ科ヒメダイ属する海水魚の一種。小笠原諸島や鹿児島、沖縄では重要な食用魚。しかしマダラヒメダイはなかでも珍しい種。
更新: 2019-06-17 07:00:00
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
今全国各地で盛り上がっている釣り“スーパーライトジギング”とは文字通りPE0.8号前後のライトライン&タックルで楽しむジギング。イサキが代表的ターゲットだが狙いは全国各地に生息するすべての魚たちが対象!
更新: 2019-06-16 07:00:00
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読