MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

茨城海域のヒラメ釣りが11月1日に解禁した。とはいうものの、解禁されたのは北緯36度00分から北緯35度52分の一部のみ。12月に茨城県ほぼ全域がヒラメ釣り可能になる予定だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ヒラメパラダイス健在! 釣り座の優位は関係なし! 胴の間が最高のポジション

横流しスタイルで効率よくヒラメをバイトさせる。釣り座はあまり気にしなくてよい

若船長の洋行さんが難しいタモ入れを担当。なれた手つきで確実にヒラメを掬いあげる

11月1日、茨城海域ヒラメ部分解禁初日、開始直後から怒涛のラッシュだ

解禁初日の最大はコレ、3.7㎏。イワシが南下してくれば、このサイズが当たり前になるハズだ

8時ごろの船上。すでに足元にオケはヒラメでいっぱいだ

爆釣ぶりはごらんのとおり!

あいにくの雨模様だが、ヒラメは高活性。リールを巻く手に力が入り、身体は自然と暖かくなる

解禁初日は2流し目で全員ボウズなし!

解禁エリアのもっとも深いディープゾーンではこんなサイズばかりがキャッチされる

「こんなんでいいんかい?」と常連さん。次々にヒラメの枚数を重ねる

ゲストはワラサ

エサは陸送されたマイワシだ

ちょっと食い込みが浅いヒラメはこんな感じに噛みつきハリ掛かりせずに外れてしまう

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「庄栄丸」。

解禁初日は、あいにくの雨。そんな天気にはおかまいなく、最初の第1投げから良型ヒラメが入れ食いになった。これが解禁パラダイスだ。

「今年は高水温の影響か、ヒラメの魚影はそんなに濃くないと予想されたけど、いるところにはどっさりいる感じだね。魚の活性が高いので例年どおり釣れるんじゃないかな」と話す、漁師でもある波崎「庄栄丸」の幸保重行船長。ヒラメ漁をやっているのだから、ヒラメの居所も詳しいので確実に釣らせてくれる頼もしい船長だ。

船長はまずは良型狙いということで、解禁エリアの一番深場の水深50mを攻めた。すると、2流し目にはほぼ満席の釣り人が全員ヒラメを手にして坊主なし。その後も各ポイントで好調にヒットし続けた。

「今年は昨年に比べてちょっと小ぶりなヤツが多いけど、なかには大型もまじるから、小さくても確実に魚を掛けることが大事です」と、船長はアドバイス。

年内いっぱいは12月の解禁もあり、かなり注目される鹿島沖〜神栖沖のヒラメ。ツ抜け釣果も夢ではないぞ。

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル