沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

茨城海域のヒラメ釣りが11月1日に解禁した。とはいうものの、解禁されたのは北緯36度00分から北緯35度52分の一部のみ。12月に茨城県ほぼ全域がヒラメ釣り可能になる予定だ。


ヒラメパラダイス健在! 釣り座の優位は関係なし! 胴の間が最高のポジション

横流しスタイルで効率よくヒラメをバイトさせる。釣り座はあまり気にしなくてよい

若船長の洋行さんが難しいタモ入れを担当。なれた手つきで確実にヒラメを掬いあげる

11月1日、茨城海域ヒラメ部分解禁初日、開始直後から怒涛のラッシュだ

解禁初日の最大はコレ、3.7㎏。イワシが南下してくれば、このサイズが当たり前になるハズだ

8時ごろの船上。すでに足元にオケはヒラメでいっぱいだ

爆釣ぶりはごらんのとおり!

あいにくの雨模様だが、ヒラメは高活性。リールを巻く手に力が入り、身体は自然と暖かくなる

解禁初日は2流し目で全員ボウズなし!

解禁エリアのもっとも深いディープゾーンではこんなサイズばかりがキャッチされる

「こんなんでいいんかい?」と常連さん。次々にヒラメの枚数を重ねる

ゲストはワラサ

エサは陸送されたマイワシだ

ちょっと食い込みが浅いヒラメはこんな感じに噛みつきハリ掛かりせずに外れてしまう

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「庄栄丸」。

解禁初日は、あいにくの雨。そんな天気にはおかまいなく、最初の第1投げから良型ヒラメが入れ食いになった。これが解禁パラダイスだ。

「今年は高水温の影響か、ヒラメの魚影はそんなに濃くないと予想されたけど、いるところにはどっさりいる感じだね。魚の活性が高いので例年どおり釣れるんじゃないかな」と話す、漁師でもある波崎「庄栄丸」の幸保重行船長。ヒラメ漁をやっているのだから、ヒラメの居所も詳しいので確実に釣らせてくれる頼もしい船長だ。

船長はまずは良型狙いということで、解禁エリアの一番深場の水深50mを攻めた。すると、2流し目にはほぼ満席の釣り人が全員ヒラメを手にして坊主なし。その後も各ポイントで好調にヒットし続けた。

「今年は昨年に比べてちょっと小ぶりなヤツが多いけど、なかには大型もまじるから、小さくても確実に魚を掛けることが大事です」と、船長はアドバイス。

年内いっぱいは12月の解禁もあり、かなり注目される鹿島沖〜神栖沖のヒラメ。ツ抜け釣果も夢ではないぞ。

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。


解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

11月に入って茨城エリアでもヒラメが解禁したが、房総エリアも解禁からコンスタントに釣れ続いている。外房大原沖もヒラメ好調ポイントのひとつ


大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

タックルはいわゆる普通のひとつテンヤマダイ用のものでいいだろう。道糸はバランス重視の0.8号。ハリスは2~3号を3~5mほど。5kg級の大ダイがヒットしているようなときは、ドラグを少し強めに設定しておこう。


初公開! 日本海コマセマダイ&LT泳がせの釣り方をご紹介(北龍丸)

初公開! 日本海コマセマダイ&LT泳がせの釣り方をご紹介(北龍丸)

初公開! 10mロングハリス使用のコマセ釣りで秋ダイをキャッチ! 定番メニューはオモリ60号LT泳がせで楽しむヒラメ&根魚。


待ちにまった10月全面解禁だ! 片貝沖のヒラメ仕掛け(正一丸)

待ちにまった10月全面解禁だ! 片貝沖のヒラメ仕掛け(正一丸)

「正一丸」での使用オモリは60号。そのため、竿はオモリ60号に対応したものを使う。一番のオススメはヒラメ専用竿。長さは2.4〜3mぐらいが扱いやすいだろう。また近年人気なのがライト用ロッド。ライトタックルでは総じて軽いオモリを使うが、60〜80号のオモリに対応したライト用ロッドもあるので、それがオススメ。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読