MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

11月に入って茨城エリアでもヒラメが解禁したが、房総エリアも解禁からコンスタントに釣れ続いている。外房大原沖もヒラメ好調ポイントのひとつ

大きくても2〜3kgクラスだが、イワシが回遊してくれば5kgオーバーも

大原沖では横流しで狙うことが多い(状況によって潮流しもある)。ポイントの水深は20~50m前後

茨城エリアが解禁し盛り上がっているが、房総エリアも好調持続中。大原沖でヒラメを狙った侍ドクター近藤惣一郎さん。「ヒラメの魚影は濃いですね。アタリが頻繁で楽しいですねー!!」

この日は0.4〜1.7kgを4〜8枚と数釣れた。今後はヒラメ回遊とともに大型が多くなってくる。11月以降は大物の期待も高まるぞ!

現在、大きくても2~3㎏クラスだが、イワシが回遊してくれば5㎏オーバーも期待大。10kgに迫るモンスターも有り得る!

水温が下がるとともに食味もアップ。イワシの群れに着いてイワシを捕食している個体はさらに旨い!

小ぶりながらマハタがまじった

この日のドクター近藤のタックルは、竿が「極鋭ヒラメMHー270」、リールは「ミリオネア バサラ200H」

ハリスに比較して捨て糸が短めな、横流し専用仕掛けも市販されている

オモリ80号が基本。横流しでオモリが浮きあがっていまうときは100号、120号も使用する

道糸PE1.5号以下のライトタックルならオモリ60号、50号もOK

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「春栄丸」。

大原港「春栄丸」では、このところトップ8枚前後の日が多く、状況によっては2ケタ釣果もあがっている。

「食いは順調です。トップで7、8枚、2番手以下でもでも5枚、6枚と数釣る日が多いですよ」そう話すのは、「春栄丸」白川永一船長。

型は0.5~1㎏前後主体に1~2㎏クラスがまじるという状況。2~3㎏クラスはポツポツという感じで、それほど大型は多くないようだが…

「大ビラメはこれから! 11月、12月になるとイワシの群れが大原沖に入ってくるんです。そうなると大型が食ってきます。5㎏、6㎏、10㎏にせまる大型も入ってきますよ!!」と白川船長。いよいよヒラメシーズン本番だ!

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読