沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

11月に入って茨城エリアでもヒラメが解禁したが、房総エリアも解禁からコンスタントに釣れ続いている。外房大原沖もヒラメ好調ポイントのひとつ


大きくても2〜3kgクラスだが、イワシが回遊してくれば5kgオーバーも

大原沖では横流しで狙うことが多い(状況によって潮流しもある)。ポイントの水深は20~50m前後

茨城エリアが解禁し盛り上がっているが、房総エリアも好調持続中。大原沖でヒラメを狙った侍ドクター近藤惣一郎さん。「ヒラメの魚影は濃いですね。アタリが頻繁で楽しいですねー!!」

この日は0.4〜1.7kgを4〜8枚と数釣れた。今後はヒラメ回遊とともに大型が多くなってくる。11月以降は大物の期待も高まるぞ!

現在、大きくても2~3㎏クラスだが、イワシが回遊してくれば5㎏オーバーも期待大。10kgに迫るモンスターも有り得る!

水温が下がるとともに食味もアップ。イワシの群れに着いてイワシを捕食している個体はさらに旨い!

小ぶりながらマハタがまじった

この日のドクター近藤のタックルは、竿が「極鋭ヒラメMHー270」、リールは「ミリオネア バサラ200H」

ハリスに比較して捨て糸が短めな、横流し専用仕掛けも市販されている

オモリ80号が基本。横流しでオモリが浮きあがっていまうときは100号、120号も使用する

道糸PE1.5号以下のライトタックルならオモリ60号、50号もOK

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「春栄丸」。

大原港「春栄丸」では、このところトップ8枚前後の日が多く、状況によっては2ケタ釣果もあがっている。

「食いは順調です。トップで7、8枚、2番手以下でもでも5枚、6枚と数釣る日が多いですよ」そう話すのは、「春栄丸」白川永一船長。

型は0.5~1㎏前後主体に1~2㎏クラスがまじるという状況。2~3㎏クラスはポツポツという感じで、それほど大型は多くないようだが…

「大ビラメはこれから! 11月、12月になるとイワシの群れが大原沖に入ってくるんです。そうなると大型が食ってきます。5㎏、6㎏、10㎏にせまる大型も入ってきますよ!!」と白川船長。いよいよヒラメシーズン本番だ!

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。


横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

茨城海域のヒラメ釣りが11月1日に解禁した。とはいうものの、解禁されたのは北緯36度00分から北緯35度52分の一部のみ。12月に茨城県ほぼ全域がヒラメ釣り可能になる予定だ。


大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

外房・飯岡沖の一つテンヤマダイが好調だ。アタリが多く、数釣りが楽しめている。トップ2ケタを記録することも珍しくなく、今回取材した飯岡港「梅花丸」ではトップ16枚を記録する日もあった。11月前半の時点でも数釣りが継続している。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読