MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

11月に入って茨城エリアでもヒラメが解禁したが、房総エリアも解禁からコンスタントに釣れ続いている。外房大原沖もヒラメ好調ポイントのひとつ

大きくても2〜3kgクラスだが、イワシが回遊してくれば5kgオーバーも

大原沖では横流しで狙うことが多い(状況によって潮流しもある)。ポイントの水深は20~50m前後

茨城エリアが解禁し盛り上がっているが、房総エリアも好調持続中。大原沖でヒラメを狙った侍ドクター近藤惣一郎さん。「ヒラメの魚影は濃いですね。アタリが頻繁で楽しいですねー!!」

この日は0.4〜1.7kgを4〜8枚と数釣れた。今後はヒラメ回遊とともに大型が多くなってくる。11月以降は大物の期待も高まるぞ!

現在、大きくても2~3㎏クラスだが、イワシが回遊してくれば5㎏オーバーも期待大。10kgに迫るモンスターも有り得る!

水温が下がるとともに食味もアップ。イワシの群れに着いてイワシを捕食している個体はさらに旨い!

小ぶりながらマハタがまじった

この日のドクター近藤のタックルは、竿が「極鋭ヒラメMHー270」、リールは「ミリオネア バサラ200H」

ハリスに比較して捨て糸が短めな、横流し専用仕掛けも市販されている

オモリ80号が基本。横流しでオモリが浮きあがっていまうときは100号、120号も使用する

道糸PE1.5号以下のライトタックルならオモリ60号、50号もOK

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「春栄丸」。

大原港「春栄丸」では、このところトップ8枚前後の日が多く、状況によっては2ケタ釣果もあがっている。

「食いは順調です。トップで7、8枚、2番手以下でもでも5枚、6枚と数釣る日が多いですよ」そう話すのは、「春栄丸」白川永一船長。

型は0.5~1㎏前後主体に1~2㎏クラスがまじるという状況。2~3㎏クラスはポツポツという感じで、それほど大型は多くないようだが…

「大ビラメはこれから! 11月、12月になるとイワシの群れが大原沖に入ってくるんです。そうなると大型が食ってきます。5㎏、6㎏、10㎏にせまる大型も入ってきますよ!!」と白川船長。いよいよヒラメシーズン本番だ!

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読