MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。

魚は多いのでビギナーの人も楽しめる! この機会にぜひ挑戦を!

ポイントは航程10〜20分ほどの大磯沖70〜90mダチ。この日は浅場のポイントのほうが良型が多かった

奥は深いけど底は浅い!

アマダイに恐れられる男、末岡兼さんは開始から立て続けに良型3匹キャッチ。電光石火の早業に乗り合わせた乗客もポカン。「アマダイはすごく奥が深いと思うけど、誰でも釣れる底の浅さもあるからみんな楽しめます」。いかに数釣るかという研究に余念がない

「この独特の引きが楽しいよね」。不意の突っ込みをかわすために、巻き上げ中のロッドは立て気味にしよう

ダイワフィールドテスターの田渕雅生さんは当日最大級の40cmオーバー

ラスト30m付近でギュンギュンギュンときてアマダイを確信!

良型のアマダイをゲットした!

船長の絶妙な流しでアマダイが連発! 後半は入れ食い状態も

「置き竿で釣る時は3本バリに。サビキ仕掛けを横にして這わせるようなイメージで狙っています」

狙ってダブルを達成した末岡さん。釣果は19匹を記録! 「タナはべた底のイメージで、アタリがあったら即アワセがボクの基本です。ちょっと普通の人と違うかも(笑)」

良型のニベもよくまじる

オニカサゴも定番ゲスト

エサはオキアミを1匹掛けする

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯港「邦丸」。

「型はまじりですが魚は多いですよ。トップ20匹なんて日もありますよ」と話す、大磯港「那丸」の味澤藤吉船長。

ポイントは大磯ロングビーチの沖、水深70〜100mダチ。この日は開始から名手の末岡兼さんが良型3連発でスタート。その後、少しずつ深みを狙っていくもアタリは活発に出てたちまち10匹超え。アタリがなくなると、1m単位の水深で流すラインを変えて再びアタリを出す。

「ここの船長はアマダイ釣りが抜群にうまいです」と船長に絶大の信頼を置く末岡さんは止まることなくアタリを出していく。末岡さんのアマダイ釣りは、1m切ったタナから落とし込んでアタリを出すというもの。

「アタったら聞きアワセするよりも即アワセです」と言いながらビシっとアワせては巻き上げていく。気がつけば釣果は20匹に迫る勢い。

「魚は多いのでビギナーの人も楽しめますよ。ぜひ挑戦してみてください」と船長。いよいよベストシーズンだ。

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読