沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


魚は多いのでビギナーの人も楽しめる! この機会にぜひ挑戦を!

ポイントは航程10〜20分ほどの大磯沖70〜90mダチ。この日は浅場のポイントのほうが良型が多かった

奥は深いけど底は浅い!

アマダイに恐れられる男、末岡兼さんは開始から立て続けに良型3匹キャッチ。電光石火の早業に乗り合わせた乗客もポカン。「アマダイはすごく奥が深いと思うけど、誰でも釣れる底の浅さもあるからみんな楽しめます」。いかに数釣るかという研究に余念がない

「この独特の引きが楽しいよね」。不意の突っ込みをかわすために、巻き上げ中のロッドは立て気味にしよう

ダイワフィールドテスターの田渕雅生さんは当日最大級の40cmオーバー

ラスト30m付近でギュンギュンギュンときてアマダイを確信!

良型のアマダイをゲットした!

船長の絶妙な流しでアマダイが連発! 後半は入れ食い状態も

「置き竿で釣る時は3本バリに。サビキ仕掛けを横にして這わせるようなイメージで狙っています」

狙ってダブルを達成した末岡さん。釣果は19匹を記録! 「タナはべた底のイメージで、アタリがあったら即アワセがボクの基本です。ちょっと普通の人と違うかも(笑)」

良型のニベもよくまじる

オニカサゴも定番ゲスト

エサはオキアミを1匹掛けする

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯港「邦丸」。

「型はまじりですが魚は多いですよ。トップ20匹なんて日もありますよ」と話す、大磯港「那丸」の味澤藤吉船長。

ポイントは大磯ロングビーチの沖、水深70〜100mダチ。この日は開始から名手の末岡兼さんが良型3連発でスタート。その後、少しずつ深みを狙っていくもアタリは活発に出てたちまち10匹超え。アタリがなくなると、1m単位の水深で流すラインを変えて再びアタリを出す。

「ここの船長はアマダイ釣りが抜群にうまいです」と船長に絶大の信頼を置く末岡さんは止まることなくアタリを出していく。末岡さんのアマダイ釣りは、1m切ったタナから落とし込んでアタリを出すというもの。

「アタったら聞きアワセするよりも即アワセです」と言いながらビシっとアワせては巻き上げていく。気がつけば釣果は20匹に迫る勢い。

「魚は多いのでビギナーの人も楽しめますよ。ぜひ挑戦してみてください」と船長。いよいよベストシーズンだ。

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

手軽に美味しいアジが釣れる東京湾のLT(ライトタックル)アジが人気だ。都心からほど近い川崎の「つり幸」では、親子連れや女性を交えたグループ釣行者などで連日賑わいを見せている。


沖釣り入門にピッタリ! 猿島沖・絶品ビシアジ(村上釣舟店)

沖釣り入門にピッタリ! 猿島沖・絶品ビシアジ(村上釣舟店)

日本人が大好きで、沖釣り入門にもってこいのアジが猿島沖で絶好調だ!「アジ釣りはヤッパリ、タナ取りとコマセワークですね。ビギナーでも全く問題ありません」とは新安浦港「村上釣舟店」の村上敏宏船長。


衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

長竿の弾力を利用して、小さく鋭くシャクる。ここで大切なことは、竿に十分に力を加えることだ。竿が曲がった後、その反動で腕が引き戻されるくらいまで力を込めることにより餌木に鋭い動きを与えることができ、アオリイカへのアピール効果も高まる。


怒涛の連発も! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(沖右ヱ門丸)

怒涛の連発も! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(沖右ヱ門丸)

餌木シャクリのアオリイカ釣りでは、1.2〜1.5mのショートロッドと2.4〜3mぐらいのロングロッドが使われる。ショートでもロングでも、どちらでもOKだが、近年はロングロッドが主流だ。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読