MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。

南房ヤリイカのウリは安定感と釣期の長さ。その時季それぞれの釣趣と食味が楽しめる

ハモノ狙いもおもしろい。これはサメだったが、大型マダイや青物、メダイなどが食ってくる

南房のヤリイカ釣りがシーズンイン。まだスルメとの端境期だが、だんだんヤリイカの釣果はアップしている

今まじっている小型ヤリイカは軟らかくて美味。年末年始ごろに釣れる子持ちのメスもおいしい

この日は単発か2点掛けくらいだったが、本格化してくればツノ数パーフェクトも期待できる

釣れたこの瞬間が気持ちいい!

釣れたてはやっぱり刺身だね!

このところトップ20~30杯ぐらいだが、最盛期となれば束釣りも期待できるのが南房ヤリイカだ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・乙浜港「尭丸」。

「今季は水温が高くて今日も24度ありました。なのでヤリイカは少し遅れ気味ですが、まあ例年本番は12月から1月ですからねー。今年も期待できると思いますよ」と話す、新田義弘船長。

南房ヤリイカのウリは安定感と釣期の長さ。秋口には柔らかな小型ヤリイカの食味、また端境期ゆえの交じりのスルメイカも楽しみで、年末年始頃には子持ちのヤリイカが多くなり、春先にかけてはジャンボヤリイカと、その時季それぞれの釣趣と食味が楽しめる。そしてその安定感は抜群だ。

基本的に四隅限定で、オマツリしない潮のときだけだが、ハモノ狙いも南房ならではの高確率。こちらも楽しみですぞ。

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読