MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手軽に伝統釣法が楽しめる! 上総湊沖のシャクリマダイ(とう市丸)

手軽に伝統釣法が楽しめる! 上総湊沖のシャクリマダイ(とう市丸)

天羽のシャクリマダイが面白い。天羽とは、富津市の一部をそう呼んだ、かつての郡名らしいが、内房総・上総湊「とう市丸」の船上には「天羽 とう市丸」と書かれているプレートが貼られている。そんなところにもこの釣りの歴史を感じるが、なにより手バネ竿でマダイを釣るのは、マダイ釣りの歴史に触れたような味わいがある。

perm_media 《画像ギャラリー》手軽に伝統釣法が楽しめる! 上総湊沖のシャクリマダイ(とう市丸)の画像をチェック! navigate_next

「とう市丸」ではレンタルタックルも充実! 道具がなくても楽しめる

ポイントは広範囲。当日は竹岡沖からスタート

本命マダイが顔を出した

秋のアベレージサイズだが、ときおり大型マダイのヒットもある!

秋のマダイは美味しい! 刺身、塩焼きなどいろいろ楽しめる!

少し小ぶりだが食べるにはちょうどいいサイズ

落ちの時期で楽しみ!

良型のマゴチも釣れた!

アマダイは嬉しいゲスト

ヒラメもまじった

イトヨリは定番ゲスト

エサ付けの見本

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・上総湊「とう市丸」。

手バネ竿にリールはない。竿にフックが二本付いて、そこにナイロンの道糸が巻きつけられている。また、船長から出されるタナの指示も「ヒロ」だ(「とう市丸」のひとヒロは1.6m)。しかし「とう市丸」では、道糸の要所要所にマーキングが施されているので、釣り人が迷うことはない。そして、マダイを掛けたら道糸を手繰るのだが、マダイが引く感触を手でじかに感じるのだから格別だ。

「本当はもう落ちていてもいいはずなんだけど、そろそろマダイが深場に落ち始めるよ。深場に落ちればマダイが固まるから、数が釣れるようになる。型だって、3㎏や4㎏なら出る。年内は、そんな感じで釣れるよ」と話すのは、この釣りの歴史を受け継いだ吉野泰治朗大船長だ。

そろそろ、お正月用のマダイの確保も気になり始めるころだ。歴史ある天羽の伝統釣法で、シャクリマダイを楽しんでみてはいかがだろうか。

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル