MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味しいアジが好調に釣れている! 走水沖のビシアジ(関義丸)

美味しいアジが好調に釣れている! 走水沖のビシアジ(関義丸)

大アジが名物の走水沖は、秋の深まりとともにさらなる賑わいを見せている。水温の低下につれて脂が乗り始め、丸々太ったマサバもまじるうえ、アジも平均で30㎝級。何よりポイントが港の目の前なので、より長時間釣ることができる。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

トップの釣果は31匹だったが、条件が良ければ半日で70匹以上も釣れる

当日のポイントの水深は50〜60m

ポイントは比較的岸から近い!

当日は良型主体に釣れた!

30cm前後がアベレージ

良型アジは引き味も楽しめる

一荷もある!

味には定評がある走水沖のアジ。帰ってからが楽しみだ!

刺身になめろう、アジフライでも美味しいね

これだけ釣れれば十分なお土産だ!

イシモチがまじった

標準的なビシアジ仕掛けでOK

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「関義丸」。

「これからさらに味がよくなり、新しい魚も入ってくるので、今年いっぱい好調が楽しめますよ」と、走水港「関義丸」の関口道義船長は話す。

取材当日も30㎝級のアジが次々に食っていたが、食うタナを見極めてコマセを振れば、バケツにアジが溜まるのは時間の問題だった。トップの釣果は31匹だったが、条件が良ければ半日で70匹以上食う時もある。

「ここはマダイもまじることがあるから、3号のハリスも用意するといいよ」とは仕立て船の常連さん。

当日もハリス切れがあったが、船宿の仕掛けはハリスが2.5号とやや太め。平均サイズが大きい釣り場なので、あまり細仕掛けにしない方が無難だ。

走水は「古事記」にも登場する潮の速い海域。その流れに揉まれ、船宿が「プラチナアジ」と呼ぶ瀬付きのアジは、寿司屋や料理店へ直行するレベル。豊後水道の関アジにもひけをとらないだろう!
なお、「関義丸」は馬堀海岸駅から送迎も可能で、電車釣行も安心だ。

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル