MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ほんっとに美味しいアカムツ、今期も釣れてます【波崎沖カンネコ根】

ほんっとに美味しいアカムツ、今期も釣れてます【波崎沖カンネコ根】

今期も波崎沖カンネコ根のアカムツが好調だ。連日タタキだされている釣果を見れば、昨年、一昨年と同様当たり年といえる。アカムツと言えば、1匹でも釣れれば大喜びの高級魚だが、1匹じゃ終わらないこともしばしばだとか。こりゃーもう、ぜがひでも、波崎沖カンネコ根に行かなくちゃ。でしょ?

ずばり言って「釣れる高級魚・アカムツ」を釣らないのは損です!

「操作性のよい軽量のロッドがベスト」とダイワの松永さん。

「アカムツは誘いが大事ですよ」。

貴重なアカムツは必ずタモ入れしよう。エアを持たないので、水面でバレたら海中に泳いで潜ってしまう。

高級魚が、あっさりヒット!

こんなに簡単でいいのか、おい!

釣ったサバは鮮度がよいうちに切り身にして身エサにする。

サバに切り身オンリーでヒットしたアカムツ。サバ対策にはシンプルエサで。

ホタルイカのゲソだけでも十分にエサになる。

「アカムツはおいしいですからね。1匹釣れれば御の字の高級魚なんですけど、ここ最近は2、3匹じゃ、お客さんが満足しなくて……」と、笑みをまじえながら話すのは、深場釣りが得意な波崎「東洋丸」石橋敏男船長。
波崎の遊漁船はすべてこのアカムツをこの時期メインの看板にあげている。ポイントでは、釣果情報を波崎の遊漁船全船で共有しているので、アカムツの群れの動きが捉えられるのだという。当たり年と思われるのはチームワークによって成せる結果だったのだ。
最盛期は9月10月。さあ、本格シーズンに向けて、あなたもアカムツ釣りにチャレンジ!!

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読