MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ほんっとに美味しいアカムツ、今期も釣れてます【波崎沖カンネコ根】

ほんっとに美味しいアカムツ、今期も釣れてます【波崎沖カンネコ根】

今期も波崎沖カンネコ根のアカムツが好調だ。連日タタキだされている釣果を見れば、昨年、一昨年と同様当たり年といえる。アカムツと言えば、1匹でも釣れれば大喜びの高級魚だが、1匹じゃ終わらないこともしばしばだとか。こりゃーもう、ぜがひでも、波崎沖カンネコ根に行かなくちゃ。でしょ?

ずばり言って「釣れる高級魚・アカムツ」を釣らないのは損です!

「操作性のよい軽量のロッドがベスト」とダイワの松永さん。

「アカムツは誘いが大事ですよ」。

貴重なアカムツは必ずタモ入れしよう。エアを持たないので、水面でバレたら海中に泳いで潜ってしまう。

高級魚が、あっさりヒット!

こんなに簡単でいいのか、おい!

釣ったサバは鮮度がよいうちに切り身にして身エサにする。

サバに切り身オンリーでヒットしたアカムツ。サバ対策にはシンプルエサで。

ホタルイカのゲソだけでも十分にエサになる。

「アカムツはおいしいですからね。1匹釣れれば御の字の高級魚なんですけど、ここ最近は2、3匹じゃ、お客さんが満足しなくて……」と、笑みをまじえながら話すのは、深場釣りが得意な波崎「東洋丸」石橋敏男船長。
波崎の遊漁船はすべてこのアカムツをこの時期メインの看板にあげている。ポイントでは、釣果情報を波崎の遊漁船全船で共有しているので、アカムツの群れの動きが捉えられるのだという。当たり年と思われるのはチームワークによって成せる結果だったのだ。
最盛期は9月10月。さあ、本格シーズンに向けて、あなたもアカムツ釣りにチャレンジ!!

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読