MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

例年ならすでに秋のベストシーズンに突入している外房のヒラマサ。しかし今年は高水温の影響なのか、本格化が少し遅れていた。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

秋マサシーズンいよいよ本番! 今後はワラサやブリも回遊してくる

この日のヒラマサフィーバーは、午前のこの魚から始まった!

午前船ではジギングでキャッチ!

この魚もジギングでキャッチ

午前船唯一のトップでのヒット!

最大はこの8kgオーバー。コンディションのいい魚体だ。このような魚が水深10m前後の浅根でヒットするのだから、楽しくないわけがない!

2本目は6kgクラス

3本目ともなると、もう笑いが止まらない! 「こんなことは一生に一度でしょう」。通っていると、いいことがある!

3本すべてリリースした

午後はキャスティングオンリーで出船。日が傾き始めた頃、突如として怒涛のヒットラッシュとなった

午後はキャスティングで1本キャッチ。午前午後合わせてなんと4本!

いよいよ秋マサシーズンの本格化か? と思わせるような釣果となった

1年間通ってようやくキャッチしたという外房初ヒラマサ。アツい情熱がもたらした一本。本当におめでとうございます!

タックルは必ずジギングとキャスティングを持参しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

前日まではポツリポツリという釣果だったため、どこに行こうか迷っていた大原港「松鶴丸」中村真也船長は、出船直前に午前は大原沖へ向かうことを決意。なんとこれが大当たりで、水深35〜40mを主に攻め、とくにジギングが絶好調! 船中ジギングで6本、キャスティング1本の計7本!!

午後は一転して南下。勝浦沖の水深10m前後をキャスティングメインで攻め、今度は6〜8㎏の良型をなんと船中4本!

真也船長の読みが冴えに冴えた一日となった。

「今日は出来過ぎです。いつもこのような釣果だったらいいのですが…。多少のムラはあると思いますが、今後どんどん上向いて来ると思います。大型もいますので、万全の態勢でチャレンジしてください」

取材前日には明らかに10㎏オーバーと思われるヒラマサのバラシもあったとのこと。

さあ、いよいよ外房が本領発揮! 今後はワラサやブリも回遊して来ると思われるので、さらなる好釣果が期待できそうだ。

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル