MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

冬の本格シーズンを迎え、相模湾エリアのアマダイが好調だ。アマダイ狙いで出船している平塚港「庄治郎丸」では、トップ2ケタ釣果も珍しくなく、40㎝オーバーの良型もコンスタントに釣れている。さらに50㎝オーバーの良型もけっこう上がっているのだ。

LTアマダイ仕掛け。しっかり誘って付けエサをアピールしよう!

「庄治郎丸」はライトタックルで狙うLTアマダイ乗合。オモリは50号、道糸は3号以下を使用する。

タックルはLTロッド、ゲームロッドなど。オモリ50号を背負って七三調子ぐらいになるものがいい。

現在攻めているポイントの水深は100m前後。軽量な小型電動リールなら仕掛け回収も楽だし、手持ちで誘っても苦にならない。LTアマダイは小型電動が最も活躍する釣りと言ってもいいだろう。

「置き竿じゃ釣れませんよ!アマダイは手持ちでこまめに誘うのが好釣果への近道です」。こう話すのは「庄治郎丸」世古勇次郎船長。

アマダイは、マダイなどと同様上から落ちてくるエサに好反応を示すという。軽量なタックルの利点を生かして、しっかり誘いをかけるようにしよう。

「50㎝級も釣れてます。狙って大型を釣るのは難しいけど、しっかり誘えばたくさんアタリがでる。その中には50㎝級も…」と船長。

仕掛けは2m前後の2本バリ仕掛けが基本。船長おすすめは全長2.3mでガン玉などは付けないシンプルなもの。

「こまめに誘って、付けエサをアピールすることが大切です。エサの漂い方が悪くなるので基本的にはガン玉は付けない方がいいです」と世古船長。ハリスは一般的な3号でもいいが、太目を使うとヨレが少ない。4号もおすすめだ。

クッションゴムは付けない。こまめに誘うことは、アマダイへのアピールと同時にアタリを出しやすくする狙いもある。小さなアタリが分かりにくくなるクッションは付けないほうがいいという。

「50㎝級の大型は引きも強烈です。でもクッションゴムがなくても、慎重に手巻きでやり取りすればバレませんよ。大型は手巻きで引きを楽しんでください」と船長。

コマセを使わない釣りなので、付けエサだけが魚へのアピールポイント。エサのオキアミは形のしっかりしたものを選び、まっすぐになるように丁寧にハリに付けよう。

相模湾 アマダイ釣行レポート

ライトタックルでの釣り。手持ちで一日誘っても疲れが少ない。積極的に誘いをかけて食わせよう

この日「庄治郎丸」では、大型が連発。こちらの50cmジャストは、強烈な引きを見せた。「ぜんぜん上がってきませんでした。いい引きでした」

ライトタックルなので、強い大型アマダイの引き味が、さらに楽しく感じられる

出たー! 53cm。でっぷりしていて食べ応えあり

ステッカーゲットしました!!

40cmオーバーを釣ると記念にステッカーがもらえる。目指すは55cmオーバーの「ゴールド」

この日はトップ10匹。このところツ抜けの日も多い

LTは引き味も抜群!

トラギスとアマダイの一荷。一緒にいるんですね

アカボラ(ヒメコダイ)もおいしい魚。捨てないでね

ポイントの水深は100m前後。小型電動リールが最適の釣りだ

オモリは50号、仕掛けはシンプルなものがおすすめ

コマセを使わない「付けエサで勝負」という釣り。しっかりしたオキアミを丁寧にハリに付けよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄治郎丸」。

昨シーズンも好調だった相模湾のアマダイ、今年も開幕から絶好調で釣れている。

このアマダイを狙って出船している平塚港「庄治郎丸」では、このところトップ7~13匹前後の日が多く、2ケタ釣果も少なくない。

「50㎝級もけっこう上がってますよ。大きいのを狙って釣るのはなかなか難しいけど、たくさん食わせられれば大型のチャンスも高くなります。そのためにはしっかり誘いをかけてください」。こう話すのは「庄治郎丸」世古勇次郎船長。

「庄治郎丸」はオモリ50号のライトタックルでアマダイを狙っており、手持ちで一日誘って釣るのに最適。こまめな誘いとタナの取り直しで付けエサを動かすのが好釣果への近道だ。

さらにLTは引き味もバツグン。50㎝級アマダイの強烈な引きを楽しもう!

誘いをかけてアタリを出そう! アマダイのアタリはコツッと小さな場合も多い

タナ取りはオモリが着底したら、しっかり糸フケを取り、底から仕掛けの約半分ほど上げて待つのが基本。船長は基本的に2.3mの仕掛けで1m上げるという。

「タナ取りは、上バリも下バリも底に着き、引きずるくらいのイメージでいいです」と船長。もちろんこまめに誘うのが前提なので、実際にエサが海底を引きずるわけではない。誘いをかけたあと、上バリ、下バリどちらのエサもフワーッと海底に漂い落ちるイメージだ。

アマダイのアタリはコツッと小さな場合も多い。アカボラ(ヒメコダイ)やトラギスなどの外道もいるので、アタリに気づかないと、エサがなかったり、2本バリに2匹のトラギスを付けたまま待っていたりという状況にもなりえる。

アタリがあったらスーッと竿を立ててアワセを入れ、そのまま手巻きで数メートル巻き上げて魚の種類(本命か外道か)、大きさを確かめてみよう。

外道や小型アマダイなら電動巻き上げでもいいが、大型らしき引きなら最後まで手巻きでやり取りしよう。せっかくのライトタックルなので、大型アマダイの強烈な引きを存分に楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2014年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
最新記事
広丸(御宿岩和田)の釣果情報を掲載
極限の陸上での使用を想定したマスターオブGシリーズからブラックをまとったモデル登場!G-SHOCK「マスターオブGブラックアウト」 GW-9400J
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読