MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東エリアで有利な展開! 相模湾のキハダ&カツオ(一義丸)

東エリアで有利な展開! 相模湾のキハダ&カツオ(一義丸)

三浦半島・剣崎松輪から出船する「一義丸」も連日相模湾上でアツい戦いを繰り広げている。「日によるムラがありますが、反応、食いともに上向いてきました」とは北風幸人船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

中盤戦に入って上昇中! ワラサが来れば豪華リレーも夢じゃない!

ポイントは相模湾の西から東までまさに一帯だ。シーズン後半は東京湾口から洲崎沖方面にも群れがやってくることも

「この突っ込みはカツオじゃない!」

この日、“デカ”とはいかなかったが、好時合に良型のキメジがヒット。最後の最後まで油断できない相手だ

キメジは6~10kgサイズが多い。大型譲りの強烈な引きを見せてくれる

デカキハダゲット!

いい反応が通過するとみんなにヒットすることも

カツオはドラグを締めて一気に巻き上げ。問題は取り込みだが素早く取り込むほどバラシが少ない

カツオは協力しながらタモ入れを。オマツリはつきものだ

良型のカツオは味も抜群。「次の週はいいサイズばかり7本釣りましたよ」

まずは最初にカツオが釣れると安心だ

「探見丸があるといいですよ。これもいい反応です」と常連の丸山さん

タックルは慣れない人は電動がおすすめ。写真はダイワ「マッドバイパースティング」と「シーボーグ800MJ」の組み合わせ

コマセ、付けエサともにオキアミ

コマセは朝イチに解かしておき、半分くらいはクーラーにしまっておこう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「一義丸」。

剣崎出船は出船してすぐに城ヶ島沖に到達するので、沖で群れがある展開になると俄然有利になる。
「昨年は近場で反応が多かったのでかなりいい思いをしましたね。シーズン中盤から後半には楽しみですね」
取材日は反応の割りに口を使ってくれず、一瞬のチャンスにバタバタと食う展開。現在、そんな展開の日が多くそのチャンスをモノにできれば良型カツオやキメジのお土産を手にすることができる。デカキハダの反応も増えてきており、9月は間違いなくチャンス激増になるだろう。
「剣崎沖でワラサが釣れだしたらリレーで狙うこともあります」
そんな夢のリレー釣りも楽しみだ。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル