MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のキハダ&カツオ攻略術! エビング編(沖右ヱ門丸)

相模湾のキハダ&カツオ攻略術! エビング編(沖右ヱ門丸)

相模湾のコマセキハダ・カツオ船において、すっかり定着した「エビング」。ジギングでもなく、キャスティングでもない、まさに第三のルアーゲームだ。このエビングの強みは、キハダやカツオがボイルしていない状況や、すっかりコマセに着いてしまった状況でもヒットが期待できること。

エビング絶好調! コマセに反応し始めたからエサ釣りもチャンス!

エビング専門のアングラーはミヨシが特等席

ヒットさせたアングラーはキハダのスピードあるダッシュや、トルクある引きに必至に耐える。それを乗船者全員で見守る

シャープなシャクリとストップのメリハリのあるアクションに反応した

ようやくキハダが姿を現した。ネットに入ると、船上は歓喜の声に包まれた

8月中旬現在、大型キハダはエビングで絶好調! この魚以外にも、数回アタリがあった

カツオは頭を海面から出してしまえば勝負アリ!

取材日はカツオやキメジの反応はあるものの、なかなか反応しなかった。貴重な一本は、丸々と太っていた

取材日、「沖右ヱ門丸」の別船ではコマセで2本キハダがキャッチされた!

このサイズが釣れれば文句なし!

ヒットワームはダイワのエビングスティック3.5インチのケイムラクリアだった

コマセは一人3㎏まで。ビシは80号だ

「沖右ヱ門丸」のキハダ・カツオ乗合は大型船で4隻出し!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」。

キハダ・カツオのコマセ釣りが解禁してから早一ヵ月。キハダもカツオもコマセを食ったり食わなかったりと不安定で厳しい状況が続いている。
そんななか、エビングだけは解禁してから絶好調だ。連日のように大型キハダが各船がキャッチされ、茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」でもホームページのギャラリーを賑わせている。
そんな「沖右ヱ門丸」を訪れたのは8月中旬。この日も唯一取り込まれたキハダは、エビングによるものだったのだ。
とはいえ、この日「沖右ヱ門丸」5号船は7発キハダのアタリがあり、5発はエサ、2発がエビング。エサはすべてバラシ、エビングでは1本獲ることができた。エサはすべてバラシに終わってしまったとはいえ、徐々に状況は上向いている。
「実際、別船ではコマセで2本のキハダが上がっています。重要なのは、前アタリでアワせることです。キハダの群れがすぐ近くにいるよ! といった感じでアナウンスしますので、そのようなときは竿を手に持って準備してください。前アタリはクククッと竿先に出ますので、その瞬間にアワせるようにしてください」と話す、「沖右ヱ門丸」5号船の木村康弘船長。
キハダは確実にコマセに口を使い始めている。今後に期待だ!!

エビングタックル。青物用ジギングタックルがあれば楽しめる!

エビングで使用するタックルは青物狙いのジギングタックルがあればOK。外房などでヒラマサやワラサを狙う際に使用するものが最適だ。
ロッドは、長さは6ft(1.8m)前後で、ジグウエイトのマックスが150〜200g程度のミディアムパワーのモデルが扱いやすい。リールはスピニングでもベイトでも可能だが、ドラグ性能のよいモデルをセレクトしよう。
ラインはPE4〜5号。リーダーはナイロンの100 Lbを1.5〜3mで、PRノットなど摩擦系ノットで接続する。
テンビンは、一般的な片テンビンでもできなくはないが、腕が横に出るためシャクる際にそれが抵抗となる。エビングでは専用のストレートタイプのテンビンが一般的だ。
ワームは、エビング専用が発売されているので、それをセレクトすれば間違いない。とくにケイムラ系カラーは必携で、実績も高い。

エビングの釣り方。しっかり間を取ったワンピッチが基本だ!

釣り方は、ワンピッチジャークと呼ばれるジギングのテクニックが基本。1回ロッドをシャクるのと同時に、リールを1回転させるテクニックのことだ。
シャクリのスピードや大きさはその日そのときで異なるので、遅め、速め、大きめ、小さめなど、いろんなパターンを試してみよう。
またその際に重要なのは、シャクリとシャクリの間に「間」をしっかりと作ること。つまり、連続的にシャクるのではなく、1回1回しっかりと止めることが大切だ。この間(止め)のときににヒットして来ることが多い(タナの探り方はイラスト参照)。
さて、このエビングは前述のジギングロッドなどルアーのタックルがなければできないかといえば、そんなことはない。コマセ釣りの人もタックルはそのままに、ビシをオモリまたはメタルジグに換えて、付けエサのオキアミをワームにすればエビングは楽しめる。実際、「沖右ヱ門丸」の取材ではそのようにしてアタリを取っていたエサ釣りアングラーもいたほどだ(残念ながら外れてしまったが…)。コマセへの反応が悪いときは試してみても面白いだろう。
シャクリは、電動リールはギア比が低いので、手巻きはおすすめしない。電動ジギングの要領で、メリハリを付けて(必ずストップを織り交ぜて)シャクろう。

PRノット。エビングのリーダーと道糸の結びはPRノット

PRノットはキャスティング、ジギングのどちらにも対応する、リーダーと道糸との結びだ。ノットの部分が他のノットよりも長くなるので、おもにジギングで使用される機会が多く、エビングにもオススメのノットだ。
このノットを作る際は、専用のノッター(ツール)が必要となる。コインなどでも代用できるが、大型魚狙いでは、これらの代用品では巻き付け強度が足りない。そのため必ず専用ノッターを使おう。
ノットを作るコツは、PEラインとリーダーを強く張り、しっかりとテンションをかけて巻きつけること。ただ、テンションが強すぎると、リーダーやPEラインにヨレが入ってしまうので注意が必要だ。
何度も練習して、適度な巻き付けテンションやノットの長さを知ることが大事だ。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
手軽でゲーム性高く超楽しい!SLジギング「公布号」では、マダイ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサ、サワラ、マハタ、カサゴ、アイナメ…と、外房エリアに生息、回遊して来る代表的な魚はほとんどヒットしている。
千葉県長浦港「こなや」では、この時期シーバスジギングが活況。水温が上がり始めればグッと釣果も上向くのが例年のパターン。ここでは、基本的なタックルセレクトとベーシック釣法&釣行レポートを紹介する。
相模湾のサワラのルアーゲームは、イワシを追って跳ねればキャスティング、それ以外はジギング。タックルは2種類が必要となる。今回はタックルと釣り方の概要を紹介!極上サワラをぜひキャッチしていただきたい。
東京湾の冬の名物ジギングシーバスがシーズン佳境を迎える。川崎「つり幸」は古くからシーバス乗合を続けている船のひとつだ。タックル、釣り方の基本を押さえておこう!
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
最新記事
チタントップと高感度ブランク採用のライトゲーム専用ロッド 「LG73」「LG82」
アブラボウズ。めったにお目にかかれない巨大魚だ。大きいと優に重量は100㎏を超える。この時期は、石廊崎周辺水深600mの根周りに産卵のためにアブラボウズが集結。深海モンスターゲットのチャンスだ!
東京湾では、2月1日からバル釣りが開幕!本牧港「長崎屋」では、2月から「エビメバル」と呼ばれるエサで狙うメバル釣りをスタート!小林名人の追い食いテクニックを参考にチャレンジしてみよう!
東京湾のイシモチが好期に突入。手軽な道具で小さな子どもたちも楽しめるが、ベテランも夢中になる奥深さもある。これから春先までが落ちの時期で大型狙いも有望。銀色に輝く魚体は見事なサイズが揃っている。
東京湾では、異例のタチウオ激釣が続いている。小柴港「三喜丸」では指4本サイズがアベレージで、メーター超え指5本サイズも多くまじる確変中!今が釣行チャンスだ!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読