MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

イワシを使った一本釣り、フカセ釣りは可能な船宿が限られるが、じつにおもしろい釣りだ。散水の音とともに魚が船中に転がり、船底を叩く音を聞きながら、一気に抜き上げる。ダイレクトな引き味を楽しむ瞬間は、狩猟本能を激しく刺激する。

相模湾のカツオは型も味も良く、キハダは30kg級も釣れ始めた!

30kgオーバーのキハダの引きは強い!

漆山晃船長のタモ取りが決まった!

なんと、朝の1投目にルアーでヒットしたのはキハダの31kgだった!

当日はイワシエサのフカセ釣りと1本釣りでカツオを狙った

カツオは3〜4kgがアベレージ

1本釣り、フカセ釣りは、短いチャンスを逃さずに一気に釣ろう

キハダ狙いのルアーは大型フローティングペンシルを用意しよう

シイラもアタる

フカセ釣り、1本釣りでイワシをエサにする場合のエサ付け

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井漆山港「長助丸」。

取材当日は朝の第一投目で31㎏のキハダがルアーにヒット。続いて良型のカツオが散水に入り、1本釣りとフカセで釣果をあげることができた。
長井漆山港「長助丸」の漆山晃船長によれば、「魚の割合はキハダ6割にカツオ4割です。今年も11月いっぱいまで楽しめると思います。ルアーは朝と昼頃が効果的です。イワシ玉も出たので沈下系も効きます。1本釣りではバケよりもエサを付けて1本ずつ釣った方が確実ですが、脇に抱えて腹を上にするとハリを外しやすいです。エサのイワシも終盤まで手に入ります」と教えてくれた。
「長助丸」ではキハダを釣った人にオリジナルTシャツがプレゼントされるので、ぜひ挑戦してほしい。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
イカが高活性のときは、プラヅノ仕掛けがいい。というか、なんでも乗るって感じかな。夜はね。お月さまの明かりの関係でどうしてもムラがある。乗りが渋いときは、エサ巻き餌木の釣りが確実だ。
公開: 2019-01-12 22:00:00
いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。
公開: 2018-12-08 22:00:00
沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【剣崎松輪港・一義丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。ワラサ、アジ、マダイなどが主なターゲット。
公開: 2018-11-22 04:40:00
東京湾のご当地ダーゲット”スミイカ”。釣り方はテンヤと餌木を使った2通りがある。伝統的なスタイルで、根強い人気を誇っているのが、生きたシャコを付けてテンヤで狙うスミイカ釣り。逆にエサを使わない手軽さと、あたりを取って掛ける釣り方が面白いと、近年ファンが急増しているのが、餌木によるスミイカ釣り。
公開: 2018-11-08 22:00:00
駿河湾・由比港「神栄丸」の夜タチウオゲームがついに開幕! 夜は日中に比べてタナが浅いため、手返しがよくなり数が伸びやすいとう特徴がある。トップ40〜50本以上という釣果も珍しくないのだ。
公開: 2018-10-28 03:00:00
エビエサに替わる究極のエビ系ソフトルアーシリーズに2つの追加カラー登場! 「パールシラス(夜光)」「赤エビ」!
公開: 2019-01-19 04:00:00
仕掛けはL‌Tマダイ用のテンビンにビシ40号、1.5~2㎜のクッションゴムを1‌mつける。ビシはプラビシ、アンドン、ステン缶など。ロッド、リール、キーパーほか、テンビン、ビシまで無料でレンタル可能
公開: 2019-01-19 03:00:00
布良沖は南房を代表する中深場ポイント、布良瀬。海図をみれば、一目瞭然。起伏どころか海溝もあり、根魚が潜むには好都合の海域なのだ。そんな布良瀬をホームグラウンドにしているのが、布良港「仁平丸」だ。
公開: 2019-01-18 22:00:00
とても暖かい船用ラジアル防寒デッキブーツ!
公開: 2019-01-18 04:00:00
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
公開: 2019-01-18 03:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読