MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

イワシを使った一本釣り、フカセ釣りは可能な船宿が限られるが、じつにおもしろい釣りだ。散水の音とともに魚が船中に転がり、船底を叩く音を聞きながら、一気に抜き上げる。ダイレクトな引き味を楽しむ瞬間は、狩猟本能を激しく刺激する。

相模湾のカツオは型も味も良く、キハダは30kg級も釣れ始めた!

30kgオーバーのキハダの引きは強い!

漆山晃船長のタモ取りが決まった!

なんと、朝の1投目にルアーでヒットしたのはキハダの31kgだった!

当日はイワシエサのフカセ釣りと1本釣りでカツオを狙った

カツオは3〜4kgがアベレージ

1本釣り、フカセ釣りは、短いチャンスを逃さずに一気に釣ろう

キハダ狙いのルアーは大型フローティングペンシルを用意しよう

シイラもアタる

フカセ釣り、1本釣りでイワシをエサにする場合のエサ付け

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井漆山港「長助丸」。

取材当日は朝の第一投目で31㎏のキハダがルアーにヒット。続いて良型のカツオが散水に入り、1本釣りとフカセで釣果をあげることができた。
長井漆山港「長助丸」の漆山晃船長によれば、「魚の割合はキハダ6割にカツオ4割です。今年も11月いっぱいまで楽しめると思います。ルアーは朝と昼頃が効果的です。イワシ玉も出たので沈下系も効きます。1本釣りではバケよりもエサを付けて1本ずつ釣った方が確実ですが、脇に抱えて腹を上にするとハリを外しやすいです。エサのイワシも終盤まで手に入ります」と教えてくれた。
「長助丸」ではキハダを釣った人にオリジナルTシャツがプレゼントされるので、ぜひ挑戦してほしい。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
釣り物が少ない季節の救世主。数釣りよりもサイズ狙い。犬吠埼沖の大オニはルアーでもエサでも有効!ゲストはアラ、メバルなど多彩でお土産十分。夏のオススメターゲットを紹介!
更新: 2019-07-12 14:59:38
春先〜夏場に館山湾にはカタクチイワシが大量に入ってくる。湾内にはイワシのイケスも多く、全国各地のカツオ船もエサの買い付けに訪れる。イワシを求めてやって来るのはカツオ船だけでなく、様々な魚達も同様だ。
更新: 2019-06-26 07:00:00
エサ釣りとルアー釣りが胴船で釣果を競ってみるとどうなるのか…!? 東京湾のアジ釣りで検証してみました! LTのコマセ釣りとバチコン、果たしてどちらが勝つか…!?
更新: 2019-06-24 13:40:26
各地で人気のヒラメ釣り。釣り自体は難しくはなく、手巻きリールで浅場で釣れることが人気の理由のひとつ。近年はLTでのヒラメ釣りもブームになっている。外房飯岡港は関東で一番早くヒラメ釣りが開始される港だ。
更新: 2019-06-22 07:00:00
最新記事
西伊豆・戸田沖ではアカハタ&カサゴなどのロックフィッシュが熱い!胴付き仕掛け、テンヤ、ルアーのどれでも狙えるので、いろいろな釣り方で根魚を楽しもう!
更新: 2019-07-18 07:00:00
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-18 10:31:56

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読