MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味いはもちろん面白い! 走水沖のマアジは奥が深いぞ!【走水沖】

美味いはもちろん面白い! 走水沖のマアジは奥が深いぞ!【走水沖】

マアジがべらぼーに美味いのはもちろんのこと、それに加えて、卓越した観察眼、緻密な戦略、確かなテクニックなどが要求されるアジ釣りは、ゲームとして、レベルが高く攻略のしがいがある。だから面白い。

ビギナーにも釣れるアジだが、他の釣り人よりも釣ろうと思えば、実に奥が深いのがアジ釣りだ

顔が小さくて腹回りがぷっくりと太ったのが走水沖の居つきアジだ。

みなさんプロポーション抜群のアジにご満悦。

「潮が速いときは、コマセをまきすぎないことです」と常連の滝沢さん。

オーソドックスなビシアジスタイル。

バタバタと忙しい時間帯も。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「教至(のりゆき)丸」。

アジがうまい魚であることはいまさら言うまでもないが、うまさ以外でアジ釣りの面白さを語るときに何を挙げるだろうか?
数が釣れることや釣れるアジの大きさもあるだろう。そしてもうひとつ、その釣趣の奥深さが挙げられる。
ビギナーにも釣れるアジだが、他の釣り人よりも釣ろうと思えば、実に奥が深いのがアジ釣りだ。うまさと型の良さでブランドアジの一角を担う走水沖のマアジだが、これを釣るには状況を把握する観察眼と、その状況に相応しい戦略を立て実行する豊富な経験とテクニックが要求される。だからこそ、数多のアジ釣り師たちは足しげく走水へと通い詰めるのだ。
走水港「教至丸」は、船長と仲乗りが、その豊富な経験によるハイレベルなテクニックを、惜しげもなく親切丁寧に乗船客に伝授してくれる船宿だ。
ここでみっちり学べば走水沖のアジの魅力に取りつかれるハズだ。
走水港「教至丸」のアジ船に乗船すれば、走水沖の「居つきのアジ釣り師」になれること請け合いだ。

以上の記事は「つり丸」2012年10月1日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!
東京湾・湾フグの老舗船宿「野毛屋」では、高級魚トラフグ+浅場で手軽にショウサイフグという、かなりゼイタクな釣りを展開中!このチャンスにぜひ両狙いを楽しんでみてはいかがだろう。
金沢沖は根魚の宝庫!美味魚を釣らせてくれる金沢港「北龍丸」は、定番のオキメバルをサビキで狙い~仕掛けを替えて、カサゴをメインに根魚狙い。最後にサビキで浅場のクロメバル!みなクーラー満タンだ。
最新記事
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
高性能でありながらコストパフォーマンスが高いPEライン 「UVFソルティガデュラセンサー8+Si2」
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読