MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味いはもちろん面白い! 走水沖のマアジは奥が深いぞ!【走水沖】

美味いはもちろん面白い! 走水沖のマアジは奥が深いぞ!【走水沖】

マアジがべらぼーに美味いのはもちろんのこと、それに加えて、卓越した観察眼、緻密な戦略、確かなテクニックなどが要求されるアジ釣りは、ゲームとして、レベルが高く攻略のしがいがある。だから面白い。

ビギナーにも釣れるアジだが、他の釣り人よりも釣ろうと思えば、実に奥が深いのがアジ釣りだ

顔が小さくて腹回りがぷっくりと太ったのが走水沖の居つきアジだ。

みなさんプロポーション抜群のアジにご満悦。

「潮が速いときは、コマセをまきすぎないことです」と常連の滝沢さん。

オーソドックスなビシアジスタイル。

バタバタと忙しい時間帯も。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「教至(のりゆき)丸」。

アジがうまい魚であることはいまさら言うまでもないが、うまさ以外でアジ釣りの面白さを語るときに何を挙げるだろうか?
数が釣れることや釣れるアジの大きさもあるだろう。そしてもうひとつ、その釣趣の奥深さが挙げられる。
ビギナーにも釣れるアジだが、他の釣り人よりも釣ろうと思えば、実に奥が深いのがアジ釣りだ。うまさと型の良さでブランドアジの一角を担う走水沖のマアジだが、これを釣るには状況を把握する観察眼と、その状況に相応しい戦略を立て実行する豊富な経験とテクニックが要求される。だからこそ、数多のアジ釣り師たちは足しげく走水へと通い詰めるのだ。
走水港「教至丸」は、船長と仲乗りが、その豊富な経験によるハイレベルなテクニックを、惜しげもなく親切丁寧に乗船客に伝授してくれる船宿だ。
ここでみっちり学べば走水沖のアジの魅力に取りつかれるハズだ。
走水港「教至丸」のアジ船に乗船すれば、走水沖の「居つきのアジ釣り師」になれること請け合いだ。

以上の記事は「つり丸」2012年10月1日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読