MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味いはもちろん面白い! 走水沖のマアジは奥が深いぞ!【走水沖】

美味いはもちろん面白い! 走水沖のマアジは奥が深いぞ!【走水沖】

マアジがべらぼーに美味いのはもちろんのこと、それに加えて、卓越した観察眼、緻密な戦略、確かなテクニックなどが要求されるアジ釣りは、ゲームとして、レベルが高く攻略のしがいがある。だから面白い。

perm_media 《画像ギャラリー》美味いはもちろん面白い! 走水沖のマアジは奥が深いぞ!【走水沖】の画像をチェック! navigate_next

ビギナーにも釣れるアジだが、他の釣り人よりも釣ろうと思えば、実に奥が深いのがアジ釣りだ

顔が小さくて腹回りがぷっくりと太ったのが走水沖の居つきアジだ。

みなさんプロポーション抜群のアジにご満悦。

「潮が速いときは、コマセをまきすぎないことです」と常連の滝沢さん。

オーソドックスなビシアジスタイル。

バタバタと忙しい時間帯も。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「教至(のりゆき)丸」。

アジがうまい魚であることはいまさら言うまでもないが、うまさ以外でアジ釣りの面白さを語るときに何を挙げるだろうか?
数が釣れることや釣れるアジの大きさもあるだろう。そしてもうひとつ、その釣趣の奥深さが挙げられる。
ビギナーにも釣れるアジだが、他の釣り人よりも釣ろうと思えば、実に奥が深いのがアジ釣りだ。うまさと型の良さでブランドアジの一角を担う走水沖のマアジだが、これを釣るには状況を把握する観察眼と、その状況に相応しい戦略を立て実行する豊富な経験とテクニックが要求される。だからこそ、数多のアジ釣り師たちは足しげく走水へと通い詰めるのだ。
走水港「教至丸」は、船長と仲乗りが、その豊富な経験によるハイレベルなテクニックを、惜しげもなく親切丁寧に乗船客に伝授してくれる船宿だ。
ここでみっちり学べば走水沖のアジの魅力に取りつかれるハズだ。
走水港「教至丸」のアジ船に乗船すれば、走水沖の「居つきのアジ釣り師」になれること請け合いだ。

以上の記事は「つり丸」2012年10月1日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
東京湾のタチウオ!王道テンビン仕掛けで激戦区でも誘って掛ける!LTタックの真骨頂!がまかつフィールドテスター田中義博さんの攻略法!
好シーズンに突入中!東京湾のビシアジ。取材日は中小型の数釣り!のち大型も数釣り!!大アジ3点掛け連発で絶好調!今後も数釣りが期待大だ!!
相模湾の初夏の風物詩「ムギイカ・マルイカ」浅場で手返し良く、数が出るので人気が非常に高い!釣行日は厳しい釣りとなったが、前日はムギイカ中心に87杯を記録している!
最新記事
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!
カラーバリエーション豊富なタイラバ用カーリーネクタイユニット「桜幻 マルチカーリーネクタイユニット」
ルアーアングラーにおすすめなのが、東京湾のタイラバゲーム。乗っ込み後の浅場に群れるマダイを狙い撃ち!キャストして広範囲を攻めよう!
コクハンハタ(スズキ目ハタ科ユカタハタ属)とても珍しい魚で、本州ではまだ見つかっていない模様。三重県、和歌山県で目撃したという情報があるが、残念ながら画像が不鮮明で、らしい魚としかいいようがない。
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル