MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味いはもちろん面白い! 走水沖のマアジは奥が深いぞ!【走水沖】

美味いはもちろん面白い! 走水沖のマアジは奥が深いぞ!【走水沖】

マアジがべらぼーに美味いのはもちろんのこと、それに加えて、卓越した観察眼、緻密な戦略、確かなテクニックなどが要求されるアジ釣りは、ゲームとして、レベルが高く攻略のしがいがある。だから面白い。

ビギナーにも釣れるアジだが、他の釣り人よりも釣ろうと思えば、実に奥が深いのがアジ釣りだ

顔が小さくて腹回りがぷっくりと太ったのが走水沖の居つきアジだ。

みなさんプロポーション抜群のアジにご満悦。

「潮が速いときは、コマセをまきすぎないことです」と常連の滝沢さん。

オーソドックスなビシアジスタイル。

バタバタと忙しい時間帯も。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「教至(のりゆき)丸」。

アジがうまい魚であることはいまさら言うまでもないが、うまさ以外でアジ釣りの面白さを語るときに何を挙げるだろうか?
数が釣れることや釣れるアジの大きさもあるだろう。そしてもうひとつ、その釣趣の奥深さが挙げられる。
ビギナーにも釣れるアジだが、他の釣り人よりも釣ろうと思えば、実に奥が深いのがアジ釣りだ。うまさと型の良さでブランドアジの一角を担う走水沖のマアジだが、これを釣るには状況を把握する観察眼と、その状況に相応しい戦略を立て実行する豊富な経験とテクニックが要求される。だからこそ、数多のアジ釣り師たちは足しげく走水へと通い詰めるのだ。
走水港「教至丸」は、船長と仲乗りが、その豊富な経験によるハイレベルなテクニックを、惜しげもなく親切丁寧に乗船客に伝授してくれる船宿だ。
ここでみっちり学べば走水沖のアジの魅力に取りつかれるハズだ。
走水港「教至丸」のアジ船に乗船すれば、走水沖の「居つきのアジ釣り師」になれること請け合いだ。

以上の記事は「つり丸」2012年10月1日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
最新記事
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読