MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
近年稀にみる大フィーバー! 伊豆遠征カンパチへ行こう!(とび島丸)

近年稀にみる大フィーバー! 伊豆遠征カンパチへ行こう!(とび島丸)

大物、そして高級魚たちがひしめく船釣りの聖地・銭洲。釣り人なら誰もが一度は訪れたいと思う魚の宝庫に、今期は4月の開幕から良型のカンパチが大回遊! 泳がせ釣りで怒涛のスタートダッシュを決め、その後も好釣果をキープし、ここにきてさらにその勢いをスパークさせているのだ。

カンパチ猛ラッシュの銭州! 高活性キープで秋も視界良好だ!

スタンディングでファイト! 力対力のバトルを制して良型カンパチを締め揚げる

この日の最大は8㎏だったが、船長曰く「先日も25㎏近くが浮上したように、大物も顔を出すので侮らないように」とのこと

泳がせ釣り初挑戦で2本をキャッチ!「仲乗りの裕己船長がサポートしてくれたおかげです」

良型のカンパチをダブルでゲットだ!

取り込みは、通常タモアミを使い頭からすくうが、大型にはギャフをかけることもある

この日も釣り座に関係なくエキサイティングなファイトが行われ、次々と良型がキャッチされた。「順調に推移すれば秋も楽しめるハズ」と船長

銭洲は五目も楽しめるが、この日は泳がせ希望者が多かったため終始し、結果を出した

冬場までロングランで楽しめる!

この日の勝者たち。銭洲の象徴・ネープルスをバッグにパチリ!

この時期はツムブリも良く掛かる

泳がせ用の竿とドラグ力の強いリールで挑もう

エサがなければ始まらない。船宿推奨のチビムロサビキを使ってチビムロをまず釣ろう

ハリは上あご掛けが一般的

泳がせの仕掛けは胴付き。ハリス30〜60号を用意

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・土肥港「とび島丸」。

「この船を作って以来(昭和62年)、最高の釣果を叩き出しているし、どのエリアに行っても反応がバッチリあるからね。今後も楽しみで仕方ないよ」とニッコリ顔で話したのは、銭洲を知り尽くす船長で、自らもこの釣りのエキスパートである土肥港「第11とび島丸」の鈴木忠文さんだ。
冬場までロングランで楽しめる銭洲は、シーズンごとにエサが微妙に変わる。現在は、チビムロ(小型のムロアジを泳がす)パターンで、銭洲としては小振りな3〜5㎏クラスを中心に、10㎏近くまでのカンパチが良く取りこまれている。
「入門するなら、断然、今だよね。ただでさえチビムロの時期はヒット率が上がるんだけど、今期はカンパチの当たり年。チャンスがより多く、豪快なファイトも楽しめるので、醍醐味がわかるからさ」と船長。
とにかくチビムロをたくさん釣って投入しまくろう! 必ず結果が出るので、チャレンジする価値アリアリですよ!

銭州のタックル。敷居は高くない! キハダタックルでも楽しめる!

〝泳がせ〟と聞くと、みんなヘビータックルを想像して構えがちだが、近年は道具の進化が著しく、ワンランク落とした細身のタックルでも十分楽しめる。
「理想を言えば、しなやかに食い込ませ、アワセもしっかり効くスタンディング専用竿に25㎏くらいまで圧をかけられる両軸リールが欲しいけど、最近ブームのキハダ用やワラサロッドと大型電動リールの組み合わせでも十分対応可能。エントリーしやすくなったと思うよ」と話す、船長。
道糸は最低でもPE8号。「とび島丸」では、大型のモロコなども視野に入れているので、強度があるウルトラダイニーマの12号を推奨している。
リーダーは、使用ハリスより10号太いナイロンを使うのが一般的だが、すべてを加味して60号を付けておけば万全と言える。
現状のチビムロパターンでは、10㎏までのカンパチが良くアタルので、ハリスは30〜40号(フロロ、ナイロンどちらでも良い)でOK。なお大型を狙うなら50〜60号までを用意し、フックも使用ハリスによってインターフックシリーズの20〜28号を使い分けること。
一方、チビムロ釣りに使う道具は、LT(ライトタックル)でOKだ。具体的には、7:3〜6:4調子のゲームロッドに小型両軸または電動リールをセット。道糸はPE2〜3号で、その先にチビムロ仕様の専用胴付きサビキをクッションゴム越しに直結するか、30〜40号のビシを用いたテンビン仕掛けのサビキで迎撃するかの2パターンがある。

エサがなくては勝負できぬ…ムロアジの釣り方を釣って準備しよう

生きたエサがなければ始まらない〝泳がせ釣り〟は、当然ながらこのエサ釣りからスタートする。この時期のエサは、毎度出てくるチビムロになるが、こいつを釣るには前記した専用のチビムロサビキが大活躍する。
「日によって、良く食うサビキのカラーが変わるので、ド定番の白の他、ピンク、ケイムラ、蓄光の4タイプは用意したいよね。チビムロをたくさん釣れば、常に新鮮なエサで勝負でき、ヒット率もあがる。一生懸命釣って欲しいよね」と話す、船長。
釣り方はイラストの通りで、水面下10m以内の浅場を回遊するムロアジの足を止めて仕留めるスタイルとなる。まずは船上からアミを海面にチャミング(手で投げて撒く)して、ムロアジが浮くのを待とう。
「チビムロは特に表層を回遊するので、直結サビキで手返し良く釣るのが理想的なんだけど、浮かないこともあるし、中ムロが必要な場合もあるからさ。そんな時に備え、テンビン仕掛けも用意しておくんだ」とのことだ。

泳がせのカンパチ攻略法。ロックオン状態からの食わせ方をマスター!

エサとなるチビムロを確保したら、いよいよ泳がせ釣りの開始だ。
ちなみに「とび島丸=忠文船長」は、一ヵ所で粘って釣ることがほとんどなく、フレッシュな場所(実績があってしばらく攻めていないポイントを含め)を次々と攻めて行くスタンスをとっている。
「銭洲にはポイントが無数にあるのも理由のひとつなんだけど、フレッシュな場所で反応を見つけて、ピンポイントで狙った方が、勝負が早いからさ」と目を輝かせた。
つまり、「とび島丸」は、流し変える度にチャンスがあり、ドキドキ感が味わえるってワケなのだ。
仕掛けを投入したら、ロッドをキーパーには掛けず、スタンディング(立った手持ち)で挑んで欲しいと船長は話す。
「カンパチに狙われてロックオン状態となったムロアジが逃げ惑う前アタリを捉えるのに最適で、その後の一手を繰り出すのも有利だがらさ」。

泳がせのカンパチ攻略法の一連の流れは図解の通りで、船長の合図で、底まで仕掛けを落とすことから始まる。船長はカンパチの反応を捕らえ、絶妙なタイミングで合図を出すので、まずは遅れないように投入すること。
「誰よりも早く、そして誰よりも生きの良いムロアジを投入&使用することが1匹への最短ルートとなるので、エサをマメにチェック。弱っていたら即交換して自分でチャンスを広げることも大切」とアドバイスをくれた。
カンパチ釣りはもちろん、泳がせ釣りの鉄則は、ターゲットにエサを“見せて・追わせて・食わす”。これに尽きると船長。
見せて追わせる誘い上げの途中で、竿先がブルブルと震えるようなアクションを捉えたら、それはチャンスの合図。チビムロがカンパチにロックオンされて、逃げ回っている証なので、その場で仕掛けをステイさせて食わせよう。
ちなみに魚信が大きくならない場合は、再度仕掛けを送り込んだり、ゆっくり持ち上げたりして誘って、さらに追わせて食い込ませよう。
銭洲は比較的浅場で泳がせ釣りが楽しめる場所。ゆえに魚が元気。起伏が激しい根が多く、ここで糸を出されては、ラインブレイク必至なので、ドラグを強めに締めておき、最初の走りを止めて、強引に根から魚を離すこと。
その後は、小刻みなポンピングで魚を寄せて、タモ入れに持ち込もう!

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読