MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋の泳がせシーズン開幕中! 三宅島のカンパチ釣り(ラッパ荘)

秋の泳がせシーズン開幕中! 三宅島のカンパチ釣り(ラッパ荘)

例年であれば、7月末ごとから三宅島周辺はむろん、三本岳周りの浅瀬にチビムロと呼ばれる小型のムロアジの群れが集結しいたるところで泳いでいるところを見れるようになるが、今年はそれがないという。伊豆諸島全域でもムロアジは不漁気味でまったくいないわけではないが、少ないのが事実だ。

ムロアジは少ないがカンパチ高活性! 泳がせシーズンを満喫しよう

エサ釣りメインのポイントから望む

さまざま顔を見せてくれる三宅島の西に鎮座する三本岳

船の大きなイケスには半日以上かけて釣り上げたムロアジがたまった

貴重なムロアジ。大事に扱おう

谷船長が指差すのはベイトの下に映るカンパチの反応。この状態では入れ食いという

エサを確保したらいよいよ泳がせ釣りスタート! 三本岳周りはカンパチだらけだった

ムロアジの泳ぎを道糸から伝わる振動と竿先に現れる魚信でとらえる村上さん

晩夏の海に金に輝くカンパチが浮上!

ナイスボディ!

チビムロ、中ムロアジエサで釣れるカンパチのアベレージはコレ

パワフルなファイトで応戦する都内の高須さん

嬉しいダブル撮り!

ホンカンパチキャッチ!

最近では珍しくなった10kgオーバーのヒラマサがヒット

「寿丸」と「信栄丸」に乗船した三日間の釣果。カンパチの多さを体感できた

村上裕二さんの今回のタックルはコレ

ムロアジ釣りには専用のサビキを多めに持参しよう

三宅島へは東海汽船「橘丸」を利用しよう

「寿丸」は、今年5月より遊漁を開始

大物釣り師になおなじみの「信栄丸」

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・三宅島「ラッパ荘」。

今年は伊豆諸島周辺はほぼ全域でカンパチの当たり年だ。大物の聖地、銭洲はむろん、伊豆七島のひとつ三宅島でも陸っぱりからルアーで釣れてしまうほど、カンパチが沸いている。「今期はムロアジが少なくて、エサを釣るのが難しいですよ」と、話すのは、三宅島で漁師を営み、今年5月より本格的に遊漁船を開始した「寿丸」谷順二船長の弁。船長の言葉とおり、開始早々からムロアジ釣りに苦戦を強いられる。
しかし、このような環境化では、生きエサさえ手に入ればしめたもの。エサの数だけカンパチがヒットする、との定説を期待する。そして…。
そのとおり、カンパチの群れに生きエサを投入するとムロアジをむしりとるようにカンパチがアタックしてくる。まさに、エサさえ釣れれば、カンパチが超高確率でヒットする状況だ。
乗船したのは8月半ば。実質、この季節特有のチビムロ(小型のムロアジ)がよく釣れる季節であるが、この魚をまとめて釣り上げられることができたのは、島周りではこの釣行が今期初だ。
3日間の釣行でエサ釣りには苦戦をしたものの、カンパチの食いっぷりはまさに爆食い状態。三宅島・三本岳周りのポテンシャルの高さを例年どおり体感することとなった。
三宅島「信栄丸」の沖山船長は、エサさえあれば、三本岳周りだけでなく、三宅島周りでもカンパチは釣れるという。まさに、カンパチの楽園の言葉がぴったりのこの島へは、秋のハイシーズンに東海汽船を利用してのんびりと泊まりがけで釣行するのがオススメだ。

小・中ムロアジの釣り方。当たりダナをみつけ、その上を集中して誘いをかける

エサ釣りは、関東周辺でいうと、LTイサキやウイリーシャクリ釣りとほぼ同じと思ってよい。タックルもそれに順じるが、仕掛けはチビムロ専用サビキを使用する。
このサビキの選択を間違えるとなかなかチビまたは中ムロアジは釣れないので注意しよう。
釣り方のコツは、指示ダナでムロアジがヒットしたら、それ以降のタナは上へ上へとあげていくこと。ムロアジはアミなどを使うと上ずる傾向にある。最初の指示ダナが水深20mであっても、水深5〜10m前後でヒットすることはザラ。深い水深にこだわるとウメイロやモンガラハギにつかまることが多くなる。
夏〜秋のカンパチのエサのベストサイズは、チビと中サイズ。これは、水深が浅いところほど釣れる確率が高くなるので、このことを常に意識してムロアジのタナを探るようにしよう。
貴重なムロアジは水面まであがってきても取り込み時にバレルことが多い。
エサがなかなか釣れないときは必ずタモで掬うように。逆にムロが入れ食いになったときは、しっかりとハリ掛かりしていることがほとんどなので、抜き上げをして手返しよくムロを釣りあげよう。

カンパチの釣り方。置き竿は厳禁! 常にタナを探り続けよう!

例年、マッチ・ザ・ベイトの理由で、チビもしくは中ムロで釣れるカンパチのサイズは、中型の3〜6㎏がアベレージとなり、数釣りできるが、今期も同様だ。
中型カンパチの食いは、やはり生きエサが小ぶりなほどよい。
しかし、思うようにエサが釣れず数が少ないときは、そのエサの使いまわしが余儀なくされる。
その場合、ポイント移動時などは、魚からハリを外してイケスに泳がせておこう。こうすることでムロアジは弱らなくなる。
とはいうものの、この釣りの基本はエサ1投入につき、エサ1匹。やはり、生きエサは元気なものがカンパチにアピール力が高く、カンパチがよくヒットする。エサの数があるなら、これを実践しよう。
釣り方だが、近年主流の誘い釣法がベターだ。
エサを投入し、ボトムにオモリが着底したら、即座にリールを巻き始める。
この状態では、竿をキーパーにかけていてもよい。
巻き上げの速度の基本はリール1巻き1秒。リールによって巻き上げ量の差があるが、多少の差は気にすることはない。最低でも底上10mは探るようにする。今期はどの海域でも魚が浮いていることが多いので、底から15m〜20mほど探ってもよい。
リールを巻きながら竿先の動きを集中してとらえ、「ククククンっ」とか「ブルブルブル」などと変化が出たら、エサが暴れている。そこですかさずリールの巻きを止め、手持ち竿にかえてアワセの体制に入る。
活性が高ければ、すぐにグングングンと竿先を引きこみ始め、強い引きに変わる。そこで一呼吸おいてから、聞き上げるように竿を持ち上げる。その後、さらに強い引きこみがあれば、強めにアワセを入れる。これが、一連の流れ。
だが、そう簡単には食ってフッキングしない。
前アタリ後、なかなか食わない場合は、再びリールを巻き始めタナを探る。そして、アタリがなければ、再度底ダチを取り直す。この底ダチ取り直後に再びヒットすることが多いことも覚えておこう。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読