沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

カワハギ釣りシーズンを前に道具の準備と釣り方のおさらい(巳之助丸)

カワハギ釣りシーズンを前に道具の準備と釣り方のおさらい(巳之助丸)

9月に入り、これから秋の気配が深まってくる。秋は青物など大型魚が盛り上がる季節であるが、テクニカルで美味なカワハギもおもしろくなる時期。本格シーズンを前に基本をおさらいして、釣行に備えよう!


まだ拾い釣りの様相だが、これから群れが固まり上向くはずだ!

当日、前半は剣崎沖を狙い、後半は竹岡沖を狙った

当日は拾い釣りの状況! まずはアタリを出すことから!

「この引きはカワハギですね」と飯田さん

「今日は難しい状況でした」と言いながらも、しっかり釣っている飯田さん

飯田さんの釣友の中山吉彦さんもこのとおり

取材当日は夏休み中ということもあって、ファミリーで楽しむ人たちもいた!

三人とも仲良くヒットだ!

トラギスと本命の一荷も!

本命ゲットに一安心だ

ビギナーも始めるなら今がオススメ!

このサイズなら問題なし!

当日のトップは20枚。小型はリリース!

出船前、アサリを剥く飯田さん。カワハギ船の出船前の特徴的な光景だ!

飯田さんのエサ付けは、水管とベロにしっかり刺して、ハリ先をワタの部分に入れる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「巳之助丸」。

キハダ・カツオ、カンパチなど、秋は大型青物で盛り上がるが、テクニカルな小物釣りの代表・カワハギも忘れちゃいけない!
取材は8月中旬に久比里「巳之助丸」に乗船。ポイントは8月から解禁している東京湾口部・剣崎沖に向かった。後半は南風が強くなってきたので、さらに湾内に入った竹岡沖を狙った。
例年、夏場は拾い釣りの展開になるが、当日も例に漏れなくそのような展開になった。いろいろ試行錯誤して、戦略が合うとアタリが連発して数を伸ばせるが、上手くいかないと…。
厳しい展開になることもあるが、腕を試すにはちょうどいい時期。これから各大会も控えているので、大会参加を考えている人は、そろそろ始動したほうがいいだろう。
またビギナーも始めるなら今がオススメ。道具をそろえ、釣り方の基本を学んで、本格シーズンに備えよう!

カワハギ仕掛け。「エサ取り名人」のカワハギにオススメなタックル

まずはロッド。シマノの誇るカーボン穂先は、他の素材で感じる前にアタリを釣り人の手元にいち早く伝えてくれます。仕掛けとカワハギの接点が発生した時点から、 「モゾモゾ」、「カサカサ」、「クッ」などのかすかな振動が音のように手に伝わって、海の中の情報を的確に教えてくれます。
初めてこの竿を使ってみた人は「掛けにくい」とか「難しい」とか思ってしまうかもしれません。そんな場合は、アワセのタイミングを一呼吸ずらしてみてください。
竿先の感度が良い分、アタリの出も早いため、カワハギがエサの付いたハリを吸い込むまでにいたっていないのです。カワハギがエサを吸い込んだタイミングのアタリの音を聞き分ければ、「エサ盗り名人」の検挙率アップ間違いなしです。
以前はこのクラスの高感度ロッドはとても高額で、入門者にはなかなか手の出ない竿でした。この高感度竿を初心者にも使ってもらいたい! カワハギ釣りの魅力を幅広く皆さんにお届けしたい! この思いから、シマノから「2018ステファーノシリーズ」で、お手頃価格の「ステファーノSS」という新しいロッドが発売されます。なんと、初代「ステファーノ」と同等の仕様で少し頑張れば手に入る価格設定です。今シーズンからカワハギ釣りを始める方には、何よりもオススメしたい竿の一つです。

PEライン1号が200mほど入るリールがオススメです。
例えばカワハギ専用の「ステファーノ」や「ステファーノSS」は、一日中手持ちで釣りをするので必要最小限の装備で軽量化された最高の仕上げです。
また、カワハギを始めたいけど他の船釣りも考えている方は、「スティーレ」や「スティーレSS」。マイクロモジュールギア搭載の「ベイゲーム」はカワハギには少し大きめですが、負荷のかかる釣りでも重さを感じず滑らかな巻き上げが可能です。
カワハギメインにするか、船釣り全般かをご予算に合わせて選択してください。
海で使うリールは帰宅後流水をリールの隅々まで当てて、スプール部分はハンドルを回して塩分を良く洗い流し、指定部分に注油を行えばいつまでも滑らかな巻き心地が続きます。 

シマノから幹糸とハリがセットになった仕掛けと予備バリ、オモリ、集奇が発売されています。
オススメの「カワハギ仕掛け 楽々フルセット 吸わせ」は、ハリがセットされた幹糸2組と替えバリ10本が入ったオールマイティーな仕掛けパックです。シーズン、釣り場にもよりますが、1日船でしたら2パックも用意すればよいと思います。
ハリは「吸わせ」の6.5号、 7.0号、7.5号の3タイプの用意があります。どのサイズが良いのかは、その日の状況やエサのサイズにもよると思います。個人的な好みから言えば、大きいハリのほうが好きなので7.5号を選ぶでしょう。
これで十分といえば十分なのですが、アタリを感じないでエサを盗られたり、アタリを感じるけど掛からない…。こんな時は、臨機応変にハリのサイズを変えてみるのも効果的です。
替えバリには「吸わせ」の6.5号、7.0号、7.5号、8.0号の4タイプと「吸わせ力(各号数)」と「攻掛(各号数)」があります。幹糸仕掛けにセットされている替えバリとのバランスを考え、なるべくハリの号数の種類が多くなるように選んでみてください。
「吸わせ力」、「攻掛」などハリの種類を変えるのもアリですが、初心者の場合は迷いが生じて余計難しくなることもあります。なので、まずは「吸わせ」を信用して使ってください。いろいろ試せば、魚の大きさにより掛かりやすいハリサイズがきっと見つかるはずです。
ちなみに実釣時初めにセットするハリは7.5号です。どのサイズが良いのかは、カワハギを釣り上げるまで正直確信が持てません。「釣れた時のハリのサイ=正解サイズ」と考えています。そのため初めにセットするハリは、実績が高く、自信持てるサイズを悩まず選んでいます。
そしてやはり何といってもハリで重要なのはハリ先! カワハギのハリは鋭く刺さりが良いように細く繊細です。カワハギは歯が硬い魚ですので、歯にハリ先が当たると鈍ります。キタマクラやベラなどの他魚が多く釣れてしまうときも、あっという間にハリ先が鈍り、刺さりが悪くなってしまいます。毎回エサ付け時は、ハリ先のチェックを忘れてはいけません。
ハリ先チェックの方法は、ハリ先を爪に当てて滑らないか、またハリの形状に変化がないかを調べます。このほかにも、柔らかいはずのアサリの剝き身が刺さりにくくなったと感じた時は即座に交換しましょう。

オモリの役目を大雑把に
①カワハギのいる層に仕掛けをいち早く落とす
②様々な色による集魚効果
ということになります。
それではシマノから発売されているカワハギ専用オモリ「ドロップシンカー・底棚」と「投棚」は、何がどう違うのでしょう? それは釣り方での使い分けです。
投げてポイントを探りながら釣るときは、抵抗の少ない細めの「投棚」を。ハワセ釣り・ゼロテン釣りなど、オモリを底に置く釣り方には、安定の良い丸っこい形の「底棚」を使います。
カラーはどちらも5色あります。このカラフルな色何かに似てませんか? そうです、甘い、アレです。そして飴ちゃんみたいなカラーと野球の落ちる投球(最近はあんまり言わないみたいですね)をかけて、僕が「ドロップシンカー」と名付けました。
カワハギの水中動画を見ると、エサではなくオモリを突いていることが多くあります。エサだと思っているのか、敵だと思って追い出そうとしているのかわかりませんが、何かを感じて寄って来ているのは確かです。状況により特定の色のオモリで良く釣れた経験から、実績のある5色を選びました。
オモリの号数は釣り場、潮の速さ、その時の船長判断で変わることがあります。カワハギ釣りでは25号と30号を用意してください。
根掛かりなどもあるので、最低5個ぐらいは用意しましょう。根掛かりしてしまったときは、急に竿をあおったりせず、優しく上下に揺すって外れないか様子をみてください。力任せに引っ張るより、オモリ回収の成功率は高いです。
ちなみに、僕は全色揃えて、「投棚」、「底棚」の25号と30号を各2個用意しているのでバックが重いことに…(笑)。

カワハギの釣り方。剣崎沖は決して難易度が低いポイントではない

【釣り方1】
①海底にオモリが着いたら、ロッドを海面へ向けて糸フケを取って道糸を張ります。
②竿先をユックリと海面と平行になるように上げます。
③アタリを感じなければ、竿先をユックリ下げます。

①~③の動作中、叩きやユサユサ誘うのもアリです。この釣り方でアタリが出れば、その時の当たりパターンなので繰り返し釣りましょう。

【釣り方2】
剣崎沖ですと場合により海底から2~3mオモリを上げたタナでも釣れます。このような状況も頭の片隅に置いて、アタリがなくなったらタナを上げて探るのも技の一つです。
着底から道糸の糸フケを取り、竿と海面が水平になるあたりまでリールで1mほど巻き上げアタリを見てから、叩きながら1mほどオモリを持ち上げます。少し待ってアタリがなければ今度は仕掛けを下げて様子を見ます。アタリが出るまで1~3mを探ります。
もし「探見丸」をお持ちでしたら、浮いたカワハギは反応として出ますので最高の武器になります。「探見丸スマート」搭載船でしたら、スマートフォンのアプリで見ることもできます。「探見丸」を見て、タナで釣れた時、アタリが多い時の反応の出方を覚えましょう。

【釣り方3】
竿を水平に構え、道糸を張った状態にして【釣り方1】で誘います。アタリが出なければ竿先を下げて、オモリを海底に置きゼロテンでアタるか試してください。
反応が出なくなった、エサも取らなくなった時はカワハギが海底付近に移動している場合があります。リールのクラッチを切り、オモリを海底まで下ろしてゼロテンで狙うと即食うことがあります。
カワハギのいる層は決まっていません。一連の動作で誘い、その時のタナを見つけてください。
ただし、底にオモリが着いてから、竿先をさらに下げて送り込みでアタリが多い場合は底釣りを中心に攻めた方が良いと思います。底釣りの時は仕掛けを這わせる目的と集魚効果がある集奇を付けると釣りやすくなります。剣崎沖でも根掛かりの少ないポイントもありますし、根掛かり覚悟で狙う場合もあります。
底の釣りをしているときも、たまに仕掛けを持ち上げて、遠くにいるカワハギにアピールするイメージで誘いをかけてください。海底は平らではありません。ちょっとした根や海藻の林でもカワハギにとっては大きな山や森でしょう。その山や森に隠されてしまい、あなたの仕掛けはカワハギの視界には入っていないかもしれません。
カワハギの行動範囲は狭くなさそうなので、近くにいなければ遠くのカワハギにも気づいてもらえるように、誘い方に変化をつけるのも効果的だと思います。 

アタリの取り方とアワセについて。アタリが取れない時の対策法も

アタリを感じたら動かすのを止めて、竿先をユックリ20~30㎝ほど下げてから上げてください。ガッガッガッとハリ掛かりするので、魚とケンカしないようにゆっくり巻き上げます。決してびっくりアワセをしてはいけません。口の中に入ったハリが口の内側に触れながら外に向かっているので、強くアワせるとハリ掛かりせずにそのまま出てきてしまいます。口の中を移動しているハリがなるべく刺さるチャンスを多く持てるように必要最小限のスピードで聞きアワせます。
この表現で気付いた方はいますか? ハリの形状とハリ掛かりする位置は大きく関係します。吸わせ系のハリはカワハギの食い方にもよりますが、ハリ先の当たった場所(比較的奥)に掛かります。
攻掛のハゲバリ系はハリ先が若干ネムっているので滑って出てきて柔らかい唇に掛かることが多くなります。つまりどの形状のハリを使ってもカワハギはハリの付いたエサを吸い込むのです。掛かり所はそのハリの形状です。
巻き上げの途中、竿のテンションがなくなり、一瞬「バレたかな?」ということがあります。これはカワハギの習性で、巻き上げのスピードに合わせて上向きに泳いでいるだけですから、迷わずそのまま巻き上げましょう。
バレる時は竿先を弾くような反応が出るので明らかにわかると思います。逆に下に向けて泳ぎ、強い抵抗を示す時もあります。このとき無理に巻き上げると枝スが切れたり、ハリの刺さりが甘い場合はバレにもつながります。タメを効かせて、いなしながら巻き上げてください。
アタリを感じずエサがハリに残らない場合は、カワハギがいる可能性が高いです。上下する速度を調整したり、送り込む長さを変えてみたりしながらアタリを探ってください。
また、アタリを感じたがハリ掛かりしない時は、竿先を小刻みに動かす「叩き」を入れてカワハギへアピールしてみてください。エサを取られないように焦らせてから止めて食う間を作ると、カワハギが勢いよくエサを吸い込みハリ掛かりしやすくなります。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

秋の行楽シーズン、紅葉狩りや温泉もいいけれど、気持ちのいい洋上で「イシモチ釣り」はいかがだろう?


アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

「落ち」のシーズンを前に、東京湾のシロギス釣りがおもしろくなっている。今回、金沢八景「荒川屋」の午前シロギス船を取材したが、その釣果はトップが51匹。同日の午後船のトップの釣果は61匹で、通しで乗った乗船客が101匹と束釣りを達成した。


一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

周年楽しめる走水沖のブランドアジは、9月に入ると数型ともに好調で、連日トップ50匹も珍しくなかった。走水港「関義丸」の取材当日も、丸々太ったジャンボサイズであっと言う間にクーラーはズッシリ満タン。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読