MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
暑いこの夏!東京湾の”照ゴチ”マゴチはまだまだ好調だ!(黒川本家)

暑いこの夏!東京湾の”照ゴチ”マゴチはまだまだ好調だ!(黒川本家)

新山下の「黒川本家」では、8月5日にはトップ22本、船中71本の好釣果を記録した。アワセのタイミングが難しいとされるマゴチ釣りだが、この釣りの老舗である「黒川本家」では、出船前に船長が独自の図を用いてレクチャーをしてくれるので、初めての人でもアワセのタイミングがわかりやすいはず。

良型マゴチの暴れっぷりは強烈でベテランから初心者まで楽しめる

ポイントは10m以浅がほとんど。アワセと同時に強烈な引きがやって来る

アタリ頻発! そしてパワフルな引きが連発! まだまだ楽しめる、東京湾のマゴチ

小さなアタリを取って食い込ませ、アワセからの強烈な引き! これがタマラン!

50~60㎝級も数まじる。さらに大型の期待も十分だ

アタリは多いので、それを逃さず掛けてゆけば数釣り、そして大型のチャンスも。食い込みのアタリ、強い引き込みを待とう

取材当日はトップ5本。それでも十分満足釣果だ(前日の22本を知らなければ…)

食味もバツグンなマゴチ

夏が旬の高級食材、マゴチ。刺身は絶品

エサは生きたハゼを使用する。元気よく泳いでいることがマゴチへのアピールになる。弱らないように素早くエサ付けしよう

上アゴにハリを刺すのがおすすめ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新山下「黒川本家」。

水深は10mに満たない浅場で、底をまめに取り直しながらマゴチがエサのハゼに食いつくのを待つ。50㎝を越える良型マゴチになればその暴れっぷりは強烈で、ベテランから初心者までが楽しめる「近場の大物釣り」だ。
「アタリが無ければタナを取り直してね、それが誘いになるよ」と話す、黒川剛俊船長からのアドバイス。
小さなアタリを取って食い込ませ、アワセからの強烈な引きの末に得た一本、マゴチは釣った満足感が大きい。
マゴチのもうひとつの魅力はその食味。きちんと締めて持ち帰ったマゴチの身は透明で弾力があり、薄造りにすれば極上の刺身が味わえる。
秋になるとマゴチ釣りは終盤戦に入るが、越冬に向けて活発にエサを追い始める時期でもある。特に今シーズンのマゴチは魚影が濃く、落ちに入る頃には夏以上の好釣果も期待できそうだ。
まだ今シーズンはマゴチを釣っていない、という人は今こそ最後の好機だ、横浜へと急ごう。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
キュキューンと小気味の良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がその魚体まで黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・横須賀沖の猿島周りの黄金アジが、水温の上昇と共に活性を高めている!
更新: 2019-07-14 12:00:00
最新記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
コストパフォーマンス最高の600m巻PEライン「ハードコアX8プロ600」
更新: 2019-07-14 17:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読