沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

上越エリア水深150mで釣る! キクガレイがオススメ!(里輝丸)

上越エリア水深150mで釣る! キクガレイがオススメ!(里輝丸)

マダイで有名な新潟県上越エリアだが、8月9月の暑い季節は意外と釣り物が少ない。昼間の釣りはとても暑いのでどちらかといえば夜釣りが盛んだ。そんな中、昼の釣り物でオススメなのがキクガレイ釣り。この魚の標準和名はムシガレイだが、なにせよく釣れる。


沖釣りビギナーや子供、女性にも! うまいカレイを食べたいならここだ!

釣り座はくじ引きで決める

ポイントの水深は160m前後だった。フラットな泥地だ

さあ! 豪快に引き抜こう!

活性が高いとこの通り。名人はパーファクト達成!

多点掛けを達成した常連さん。入れ食い時は、再投入時は事前に仕掛けにエサを付けておき、仕掛けごと交換するとよい

この釣りは仕掛けも太く扱いやすいので女性にもオススメだ

夏休みを利用してきたという学生もごらんのとおり

「太平洋は台風なので日本海へきました。楽しいですね! カレイ釣り」と大満足という女性アングラー

目立つものが大好きなキクカレイ。ワームを駆使してアピールアップを図るとよい

釣果はごらんのとおり。これでも少ないほうだという。焼き物、煮付けに最高だ

持参した洗濯干しで船上干しすると、きれいに干せる。これを焼くと最高にうまい!

うれしいゲストはアラ。小ぶりだがよくまじるという

オモリは120号。テンビン仕掛け。PEは3~4号300m以上。竿は先調子のものがよい

里輝丸オリジナルキクカレイ仕掛けは船上で購入可能。オキメバル仕掛けにヒントを得て作られたものという

エサは身エサからイカタン、ホタルイカなどなんでもよい

サバタンはスーパーでサバの切り身を切ってつくるとよい

ワームなどにもヒットする。アピールアイテムは大事だ

エサはあまり大きすぎないように気をつけよう!

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「里輝丸」。

ポイントは直江津沖水深140~150m前後。フラットは泥地がポイント。仕掛けはテンビン吹流し。3~5本のサビキのハリ先にサバの切り身やワーム、イカタンなどを付け、それを底に這わすだけ。仙台湾のような小突き動作は必要なく、1枚掛かれば、ズラズラズラリと多点掛けであがってくる。
カレイなのでヌメリがありちょっと匂いがある魚だが、船上で金ダワシなどを使ってヌメリとウロコを取り除き、内臓をだして、洗濯干しなどにかけて船上干しすれば、地元で高級食材として取引きされているキクカレイの干物の出来上がり! 焼けば独特の香ばしさとホクホクの身で、酒の肴にはもちろん、ご飯もススム。まさに、知る人ぞ知る絶品カレイだったのだ。
直江津「里輝丸」では、希望で出船するという。一人50枚~100枚釣果もザラという激釣ターゲットだけにぜひ一度この釣りを体験してみてはいかが。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


日本海の極上寒ブリを狙うなら上越沖! 仕掛けと釣り方(第二八坂丸)

日本海の極上寒ブリを狙うなら上越沖! 仕掛けと釣り方(第二八坂丸)

タックルは、「日本海電気釣り仕様」といわれる4mを超える長尺竿に実績がある。リールはPE8号300m以上巻ける中大型電動リール。道糸のPEラインは一生に何度もないブリとの対峙に備えて新品を用意したいもの。


独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。


秋のマダイシーズンは遅れて開幕中! 上越沖のコマセマダイ(里輝丸)

秋のマダイシーズンは遅れて開幕中! 上越沖のコマセマダイ(里輝丸)

上越沖は2月から4月のプレ乗っ込み、5月〜7月の乗っ込みマダイ釣りが有名。真夏の高水温期はひと段落し、9月半ば以降から年末まで秋マダイ釣りが本格化するのが例年のパターン。ところが、今秋は高水温が続いたためか、海のなかの夏は継続。10月までそのような状況だった。つまり、海の秋の到来が約1ヵ月遅れている。


マダイ好調!アオリイカはティップエギングで(第一・第五なかくに丸)

マダイ好調!アオリイカはティップエギングで(第一・第五なかくに丸)

今期の寺泊沖のコマセマダイは絶好調だ。数の上越、型の寺泊と一時いわれたが、この秋は型だけでなく数も絶好調続きだ。「なかくに丸」の秋の看板メニューのひとつが、アオリイカのティップエギングだ。ティップランとも言われているが、釣法に変わりはない。


高ダナで浮いたマダイを釣る! 直江津沖のコマセマダイ(里輝丸)

高ダナで浮いたマダイを釣る! 直江津沖のコマセマダイ(里輝丸)

マダイ釣りのメッカ、上越沖が秋のマダイシーズン真っ盛りだ。現在のポイントは、水深60m前後の人工魚礁周辺。直江津港内で人気 No1の「里輝丸」は、直江津沖をベースに連日、マダイを好調に釣り上げている。


最新の投稿


誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本程度。その中に1本は7㎝のスッテや11㎝プラヅノに赤白の糸を巻いたものをまぜておこう。潮の濁り具合によって、グリーンや黄色系などが乗ることもあるので、基本のブルー、ピンク、ケイムラのほかにも用意しておこう。


変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、オーソドックスなコマセマダイ用があれば楽しめる。竿は80号のビシに対応したコマセマダイ用がオススメ。長さは2.7〜3.3mが扱いやすいだろう。


今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。


メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

タックルのサビと塩ガミ防止に効果抜群のスプレー。噴き付けがラクなトリガーノズルです!


外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読