沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

9月に釣り場が拡大して10月には全面解禁! 片貝沖のヒラメ(二三丸)

9月に釣り場が拡大して10月には全面解禁! 片貝沖のヒラメ(二三丸)

外房片貝沖の夏ビラメが8月1日に部分解禁した。これから外房各地でヒラメの解禁が続いていくのだ。代表的なフィッシュイーターとして人気を博すヒラメ。そのなかでも水温の高い時期の夏ビラメはさらにアグレッシブだ。


今年は数だけじゃなく、サイズも楽しめる! 肉厚な良型を釣ろう!

9月にはさらに釣り場が拡大する片貝沖のヒラメ

LTだから引きが楽しい

当日最大は、この4.7㎏!

グイグイ引き込むのは良型の証!

この日は1〜2kgのサイズがほとんどだった!

こちらも良型!

こちらも肉厚の良型

仲良く本命ゲット!

良型ゲットに満足

これ1枚で十分なお土産だ!

座布団ヒラメフィーバーだ!

ソイもまじる

イナダ、ワラサなどの青物は定番ゲスト

これはホウボウ

ニベもまじった

「二三丸」の仕掛け

エサはマイワシ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「二三丸」。

ガツガツッと訪れるヒラメの最初のアタリから、グイーンと引き込む本アタリまでのドキドキの待ち時間を称して「ヒラメ40」などとよく言われる。ところが、水温の高い夏ビラメでは間髪入れずにエサに食いつくことも多々あるほどなのだ。
解禁直後の夏ビラメの状況を片貝港「二三丸」の小倉忠船長にうかがうと、「待ちに待った解禁にもかかわらず、初日から3日ほどは今ひとつ数が上がらなかった。少し心配な立ち上がりだったけど1週間過ぎてすっかりと例年どおりに釣れるようになってきたよ。しかも今年のヒラメはアベレージサイズがよくて、1.5㎏ほどあるんじゃないかな!?」と話してくれた。
これは楽しめそうだ! お盆休み真っ盛りの8月12日に釣行すると、4.7㎏を筆頭に2㎏オーバー多数のまさに「座布団ヒラメフィーバー」という釣果になった。
9月にさらに釣り場が拡大して、10月に全面解禁する片貝沖。今年は数だけじゃなくサイズも楽しめそうだ!

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。


外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。


今期もヒラメラッシュ確定! 爆釣必至のヒラメ釣り(三栄丸)

今期もヒラメラッシュ確定! 爆釣必至のヒラメ釣り(三栄丸)

「今期のヒラメも絶好調だよ。部分解禁した11月1日から船を出しているけど、出船すれば2ケタ釣果のお客さんが何人か必ず出るし、ボウズもナシ。この分で行けば12月1日の全面解禁直後も安泰。爆釣必至だと思うよ」と、近況から見通しまでを端的に語ってくれたのは、11月中旬に取材で訪れた波崎港「三栄丸」の木村卓三船長だ。


鍋ネタにピッタリ! これからが好シーズンのショウサイフグ(敷嶋丸)

鍋ネタにピッタリ! これからが好シーズンのショウサイフグ(敷嶋丸)

80、76、80…。これは、大原「敷嶋丸」のショウサイフグ船の、このところのトップの数だ。台風三連発の影響を受けた日を除けば、軒並みこんな好釣果がアップされている。古くから、ショウサイフグ釣りで名を馳せる大原沖。好釣果が続くのは、ショウサイフグが集まる好条件が整っているということだ。


美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

最上級と言っても過言ではない食味のアカムツ。グルメな釣り師なら一度は釣りたい、食べたいターゲットだ。


最新の投稿


誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本程度。その中に1本は7㎝のスッテや11㎝プラヅノに赤白の糸を巻いたものをまぜておこう。潮の濁り具合によって、グリーンや黄色系などが乗ることもあるので、基本のブルー、ピンク、ケイムラのほかにも用意しておこう。


変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、オーソドックスなコマセマダイ用があれば楽しめる。竿は80号のビシに対応したコマセマダイ用がオススメ。長さは2.7〜3.3mが扱いやすいだろう。


今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。


メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

タックルのサビと塩ガミ防止に効果抜群のスプレー。噴き付けがラクなトリガーノズルです!


外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読