MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
9月に釣り場が拡大して10月には全面解禁! 片貝沖のヒラメ(二三丸)

9月に釣り場が拡大して10月には全面解禁! 片貝沖のヒラメ(二三丸)

外房片貝沖の夏ビラメが8月1日に部分解禁した。これから外房各地でヒラメの解禁が続いていくのだ。代表的なフィッシュイーターとして人気を博すヒラメ。そのなかでも水温の高い時期の夏ビラメはさらにアグレッシブだ。

今年は数だけじゃなく、サイズも楽しめる! 肉厚な良型を釣ろう!

9月にはさらに釣り場が拡大する片貝沖のヒラメ

LTだから引きが楽しい

当日最大は、この4.7㎏!

グイグイ引き込むのは良型の証!

この日は1〜2kgのサイズがほとんどだった!

こちらも良型!

こちらも肉厚の良型

仲良く本命ゲット!

良型ゲットに満足

これ1枚で十分なお土産だ!

座布団ヒラメフィーバーだ!

ソイもまじる

イナダ、ワラサなどの青物は定番ゲスト

これはホウボウ

ニベもまじった

「二三丸」の仕掛け

エサはマイワシ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「二三丸」。

ガツガツッと訪れるヒラメの最初のアタリから、グイーンと引き込む本アタリまでのドキドキの待ち時間を称して「ヒラメ40」などとよく言われる。ところが、水温の高い夏ビラメでは間髪入れずにエサに食いつくことも多々あるほどなのだ。
解禁直後の夏ビラメの状況を片貝港「二三丸」の小倉忠船長にうかがうと、「待ちに待った解禁にもかかわらず、初日から3日ほどは今ひとつ数が上がらなかった。少し心配な立ち上がりだったけど1週間過ぎてすっかりと例年どおりに釣れるようになってきたよ。しかも今年のヒラメはアベレージサイズがよくて、1.5㎏ほどあるんじゃないかな!?」と話してくれた。
これは楽しめそうだ! お盆休み真っ盛りの8月12日に釣行すると、4.7㎏を筆頭に2㎏オーバー多数のまさに「座布団ヒラメフィーバー」という釣果になった。
9月にさらに釣り場が拡大して、10月に全面解禁する片貝沖。今年は数だけじゃなくサイズも楽しめそうだ!

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読