MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
9月に釣り場が拡大して10月には全面解禁! 片貝沖のヒラメ(二三丸)

9月に釣り場が拡大して10月には全面解禁! 片貝沖のヒラメ(二三丸)

外房片貝沖の夏ビラメが8月1日に部分解禁した。これから外房各地でヒラメの解禁が続いていくのだ。代表的なフィッシュイーターとして人気を博すヒラメ。そのなかでも水温の高い時期の夏ビラメはさらにアグレッシブだ。

perm_media 《画像ギャラリー》9月に釣り場が拡大して10月には全面解禁! 片貝沖のヒラメ(二三丸)の画像をチェック! navigate_next

今年は数だけじゃなく、サイズも楽しめる! 肉厚な良型を釣ろう!

9月にはさらに釣り場が拡大する片貝沖のヒラメ

LTだから引きが楽しい

当日最大は、この4.7㎏!

グイグイ引き込むのは良型の証!

この日は1〜2kgのサイズがほとんどだった!

こちらも良型!

こちらも肉厚の良型

仲良く本命ゲット!

良型ゲットに満足

これ1枚で十分なお土産だ!

座布団ヒラメフィーバーだ!

ソイもまじる

イナダ、ワラサなどの青物は定番ゲスト

これはホウボウ

ニベもまじった

「二三丸」の仕掛け

エサはマイワシ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「二三丸」。

ガツガツッと訪れるヒラメの最初のアタリから、グイーンと引き込む本アタリまでのドキドキの待ち時間を称して「ヒラメ40」などとよく言われる。ところが、水温の高い夏ビラメでは間髪入れずにエサに食いつくことも多々あるほどなのだ。
解禁直後の夏ビラメの状況を片貝港「二三丸」の小倉忠船長にうかがうと、「待ちに待った解禁にもかかわらず、初日から3日ほどは今ひとつ数が上がらなかった。少し心配な立ち上がりだったけど1週間過ぎてすっかりと例年どおりに釣れるようになってきたよ。しかも今年のヒラメはアベレージサイズがよくて、1.5㎏ほどあるんじゃないかな!?」と話してくれた。
これは楽しめそうだ! お盆休み真っ盛りの8月12日に釣行すると、4.7㎏を筆頭に2㎏オーバー多数のまさに「座布団ヒラメフィーバー」という釣果になった。
9月にさらに釣り場が拡大して、10月に全面解禁する片貝沖。今年は数だけじゃなくサイズも楽しめそうだ!

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル