沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

由比漁港から航程10分ほどの港目前が、200m以深に落ち込むドン深の海でのアカムツ釣り。最初は6月に挑んだものの、時期尚早だったようで全員玉砕となった。


大アラや大ムツのビッグボーナスも飛び出す由比沖の中深場狙い!

夏の富士を眺めながら、駿河湾でのアカムツ狙い。潮がよければ良型数釣りもできるぞ!

陸は目前。こんなロケーションはアカムツ釣りでは珍しい

由比沖のアカムツは港から10分ほどの超近場で狙えるのが魅力。近くても魚影はバツグン。良型数釣りが楽しめる

釣れたらしっかりとタモで捕獲しよう!

取材当日は連発する台風の後で潮が濁って条件は最悪。それでも本命は顔を見せてくれた。潮が直ればさらにいい釣りができるはず

この日は最悪の条件ながら船中3匹。潮さえよければ、楽しめるはず

小型のアラがまじった。ときおり大アラ、大ムツも姿を見せるポイントだ

タックルはPE4号が400m程度巻けるリールと中深場竿の組み合わせでOK

アカムツにはアクセサリーが効く。いろいろ試してみよう

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「龍神丸」。

「トップシーズンは8月」という船長のコメントを受けてリベンジを期すが、連続発生する台風に阻まれ好機を逸してしまう。

満を持して再戦に漕ぎつけたのは8月17日だった。台風前は連日好釣の報に「3度目の正直」を期すが、反面「2度ある事は…」が脳裏を掠めた出船前。

前日のウネリが少なからず残るポイントに「濁りが入り悪条件」と表情を曇らせた佐野船長。それでも朝イチで自ら口火を切り本命アカムツを食わせ、続いて船中たて続けのルビーレッド3匹をタモ取り。

残念ながら後が続かず納竿を迎えるが、「今が最盛期」の片鱗を感じる事は叶った。条件さえよければルビー連発! まれにではあるが、大アラや大ムツのビッグボーナスも飛び出す由比沖の中深場狙い。

9月15日以降は、解禁するヒラメ釣りメインにシフトする「龍神丸」。アカムツ乗合は残り2週の最終コーナー。再開は12月以降の予定ゆえ、早めに挑戦したい方は急いで釣行していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

今期の銭洲は空前のカンパチラッシュでにぎわっているが、相手は魚、潮の流れ方や水温によって日ムラは否めないのも確かだ。しかし、この秘境にいけば、必ずといっていいほど、高級魚が釣れる。大物釣りの聖地を呼ばれる所以はここにある。


チャンスタイムを逃すな! 大型アカムツの仕掛けをご紹介(明進丸)

チャンスタイムを逃すな! 大型アカムツの仕掛けをご紹介(明進丸)

タックルはノーマル、ライトどちらでもOKだ。ノーマルの場合はオモリは120号、ライトはオモリ80~100号だ。ノーマルの場合は、2m前後のアカムツ竿、ビシアジ竿、中深場竿等を使用する。リールは小型電動でPEは3号が標準。


アカムツ名人から学ぶ! 絶品アカムツの仕掛け(波崎・信栄丸)

アカムツ名人から学ぶ! 絶品アカムツの仕掛け(波崎・信栄丸)

不動のエース三沢氏のアカムツ仕掛けはいたってシンプル。ハリスのアピールアイテムはマシュマロボールLサイズを1ヶ付けるのみ。ハリは太字ムツ18号を使用。 中オモリは10号を必ず付けるのが、彼の仕掛けの特徴のひとつだ。


ジギング&エサ釣りで狙う! 焼津沖の夜〜早朝タチウオ(貴政丸)

ジギング&エサ釣りで狙う! 焼津沖の夜〜早朝タチウオ(貴政丸)

焼津沖のタチウオが大型まじりで好調だ。「連日1㎏オーバーの大型がヒットしています。このところはルアーのほうがいい釣果が出ていますよ!」という焼津港「貴政丸」の塚田貴政・若船長。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読