MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

由比漁港から航程10分ほどの港目前が、200m以深に落ち込むドン深の海でのアカムツ釣り。最初は6月に挑んだものの、時期尚早だったようで全員玉砕となった。

大アラや大ムツのビッグボーナスも飛び出す由比沖の中深場狙い!

夏の富士を眺めながら、駿河湾でのアカムツ狙い。潮がよければ良型数釣りもできるぞ!

陸は目前。こんなロケーションはアカムツ釣りでは珍しい

由比沖のアカムツは港から10分ほどの超近場で狙えるのが魅力。近くても魚影はバツグン。良型数釣りが楽しめる

釣れたらしっかりとタモで捕獲しよう!

取材当日は連発する台風の後で潮が濁って条件は最悪。それでも本命は顔を見せてくれた。潮が直ればさらにいい釣りができるはず

この日は最悪の条件ながら船中3匹。潮さえよければ、楽しめるはず

小型のアラがまじった。ときおり大アラ、大ムツも姿を見せるポイントだ

タックルはPE4号が400m程度巻けるリールと中深場竿の組み合わせでOK

アカムツにはアクセサリーが効く。いろいろ試してみよう

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「龍神丸」。

「トップシーズンは8月」という船長のコメントを受けてリベンジを期すが、連続発生する台風に阻まれ好機を逸してしまう。

満を持して再戦に漕ぎつけたのは8月17日だった。台風前は連日好釣の報に「3度目の正直」を期すが、反面「2度ある事は…」が脳裏を掠めた出船前。

前日のウネリが少なからず残るポイントに「濁りが入り悪条件」と表情を曇らせた佐野船長。それでも朝イチで自ら口火を切り本命アカムツを食わせ、続いて船中たて続けのルビーレッド3匹をタモ取り。

残念ながら後が続かず納竿を迎えるが、「今が最盛期」の片鱗を感じる事は叶った。条件さえよければルビー連発! まれにではあるが、大アラや大ムツのビッグボーナスも飛び出す由比沖の中深場狙い。

9月15日以降は、解禁するヒラメ釣りメインにシフトする「龍神丸」。アカムツ乗合は残り2週の最終コーナー。再開は12月以降の予定ゆえ、早めに挑戦したい方は急いで釣行していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
東京湾の元気者、カサゴ!簡単に数釣りが楽しめ、食べても美味しい!子供やビギナーにもオススメだ。夏場に向けて活性が上昇してゆくので、GWあたりにはガツガツッと元気なアタリと引きで楽しませてくれるはず。
更新: 2019-04-22 07:00:00
すでに御前崎など西寄りのエリアではモンスタークラスが顔を出している乗っ込みのマダイだが、東京湾口の剣崎沖でもエンジンが掛かり出している。エサ取りが多いので、マメにエサのチェックをして釣果を伸ばそう!
更新: 2019-04-21 12:00:00
最新記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読