沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

由比漁港から航程10分ほどの港目前が、200m以深に落ち込むドン深の海でのアカムツ釣り。最初は6月に挑んだものの、時期尚早だったようで全員玉砕となった。


大アラや大ムツのビッグボーナスも飛び出す由比沖の中深場狙い!

夏の富士を眺めながら、駿河湾でのアカムツ狙い。潮がよければ良型数釣りもできるぞ!

陸は目前。こんなロケーションはアカムツ釣りでは珍しい

由比沖のアカムツは港から10分ほどの超近場で狙えるのが魅力。近くても魚影はバツグン。良型数釣りが楽しめる

釣れたらしっかりとタモで捕獲しよう!

取材当日は連発する台風の後で潮が濁って条件は最悪。それでも本命は顔を見せてくれた。潮が直ればさらにいい釣りができるはず

この日は最悪の条件ながら船中3匹。潮さえよければ、楽しめるはず

小型のアラがまじった。ときおり大アラ、大ムツも姿を見せるポイントだ

タックルはPE4号が400m程度巻けるリールと中深場竿の組み合わせでOK

アカムツにはアクセサリーが効く。いろいろ試してみよう

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「龍神丸」。

「トップシーズンは8月」という船長のコメントを受けてリベンジを期すが、連続発生する台風に阻まれ好機を逸してしまう。

満を持して再戦に漕ぎつけたのは8月17日だった。台風前は連日好釣の報に「3度目の正直」を期すが、反面「2度ある事は…」が脳裏を掠めた出船前。

前日のウネリが少なからず残るポイントに「濁りが入り悪条件」と表情を曇らせた佐野船長。それでも朝イチで自ら口火を切り本命アカムツを食わせ、続いて船中たて続けのルビーレッド3匹をタモ取り。

残念ながら後が続かず納竿を迎えるが、「今が最盛期」の片鱗を感じる事は叶った。条件さえよければルビー連発! まれにではあるが、大アラや大ムツのビッグボーナスも飛び出す由比沖の中深場狙い。

9月15日以降は、解禁するヒラメ釣りメインにシフトする「龍神丸」。アカムツ乗合は残り2週の最終コーナー。再開は12月以降の予定ゆえ、早めに挑戦したい方は急いで釣行していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

最上級と言っても過言ではない食味のアカムツ。グルメな釣り師なら一度は釣りたい、食べたいターゲットだ。


アカムツ前線北上中! 水深140m手付かずの宝庫開拓中(第8光勝丸)

アカムツ前線北上中! 水深140m手付かずの宝庫開拓中(第8光勝丸)

「9月から小名浜沖を本格的に探り始めました。アカムツがいるだろうと思われるポイントは、実は誰もノーマークのところ。反応もない泥場で底引き網漁もやらないところですよ」とは、昨年末に中深場のアカムツを始め、いきなり爆釣させた小名浜港「第8光勝丸」の松原光平船長。


冬の風物詩、夜のイカブリ好調! 仕掛けと釣り方を解説(秀正丸)

冬の風物詩、夜のイカブリ好調! 仕掛けと釣り方を解説(秀正丸)

イカブリ仕掛けは独特だ。ハリス26号以上、長さ3〜4.5m。イカエサのため、親バリと孫バリを打ち、親バリ近くに6〜8号のナツメオモリを付ける。昼間のコマセ釣りに比べると太仕掛けだが、ハリスを細くする必要はない。理由は夜だからだ。


駿河湾では珍しい貴重なヒラメ釣り穴場ポイントをご紹介(龍神丸)

駿河湾では珍しい貴重なヒラメ釣り穴場ポイントをご紹介(龍神丸)

竿はヒラメ専用竿、手持ちで狙うのが基本なので持ち重りしないよう軽量なものがおすすめ。軽いライトロッドでもいいが、使用するオモリは基本60号統一なので、60号を背負って操作性がいいものをセレクトしよう。


勝浦沖ディープゾーンで狙う! 超高級魚アラ…ゲストも(初栄丸)

勝浦沖ディープゾーンで狙う! 超高級魚アラ…ゲストも(初栄丸)

勝浦沖の中深場を「ディープゾーン」と称し、高級根魚を追い続ける勝浦港「初栄丸」渡辺和明船長。


最新の投稿


誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本程度。その中に1本は7㎝のスッテや11㎝プラヅノに赤白の糸を巻いたものをまぜておこう。潮の濁り具合によって、グリーンや黄色系などが乗ることもあるので、基本のブルー、ピンク、ケイムラのほかにも用意しておこう。


変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、オーソドックスなコマセマダイ用があれば楽しめる。竿は80号のビシに対応したコマセマダイ用がオススメ。長さは2.7〜3.3mが扱いやすいだろう。


今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。


メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

タックルのサビと塩ガミ防止に効果抜群のスプレー。噴き付けがラクなトリガーノズルです!


外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読