MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

由比漁港から航程10分ほどの港目前が、200m以深に落ち込むドン深の海でのアカムツ釣り。最初は6月に挑んだものの、時期尚早だったようで全員玉砕となった。

大アラや大ムツのビッグボーナスも飛び出す由比沖の中深場狙い!

夏の富士を眺めながら、駿河湾でのアカムツ狙い。潮がよければ良型数釣りもできるぞ!

陸は目前。こんなロケーションはアカムツ釣りでは珍しい

由比沖のアカムツは港から10分ほどの超近場で狙えるのが魅力。近くても魚影はバツグン。良型数釣りが楽しめる

釣れたらしっかりとタモで捕獲しよう!

取材当日は連発する台風の後で潮が濁って条件は最悪。それでも本命は顔を見せてくれた。潮が直ればさらにいい釣りができるはず

この日は最悪の条件ながら船中3匹。潮さえよければ、楽しめるはず

小型のアラがまじった。ときおり大アラ、大ムツも姿を見せるポイントだ

タックルはPE4号が400m程度巻けるリールと中深場竿の組み合わせでOK

アカムツにはアクセサリーが効く。いろいろ試してみよう

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「龍神丸」。

「トップシーズンは8月」という船長のコメントを受けてリベンジを期すが、連続発生する台風に阻まれ好機を逸してしまう。

満を持して再戦に漕ぎつけたのは8月17日だった。台風前は連日好釣の報に「3度目の正直」を期すが、反面「2度ある事は…」が脳裏を掠めた出船前。

前日のウネリが少なからず残るポイントに「濁りが入り悪条件」と表情を曇らせた佐野船長。それでも朝イチで自ら口火を切り本命アカムツを食わせ、続いて船中たて続けのルビーレッド3匹をタモ取り。

残念ながら後が続かず納竿を迎えるが、「今が最盛期」の片鱗を感じる事は叶った。条件さえよければルビー連発! まれにではあるが、大アラや大ムツのビッグボーナスも飛び出す由比沖の中深場狙い。

9月15日以降は、解禁するヒラメ釣りメインにシフトする「龍神丸」。アカムツ乗合は残り2週の最終コーナー。再開は12月以降の予定ゆえ、早めに挑戦したい方は急いで釣行していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読