沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

今年も盛大に開催! 第17回金沢漁港シロギス釣り大会(黒一丸)

今年も盛大に開催! 第17回金沢漁港シロギス釣り大会(黒一丸)

今年も横浜・金沢漁港で第17回金沢漁港シロギス釣り大会が開催された。すっかり夏のビッグイベントとして定着した本大会は、数年前から1匹の全長(以前は3匹の総重量)で競うようになり、誰にでもより優勝のチャンスが広がった。


「運」も大きい⁉︎ 1匹の全長で競い、勝者には夢のハワイ旅行!

港前から各船一斉スタート。このスタートダッシュも壮観だ

富岡沖などの、一発大型狙いに絞ったポイントを攻めて行く

1匹の全長で勝敗を決める大会なので、腕の良し悪しで全てが決する大会ではない。むしろ「運」のほうが大事かも…。狙いは30㎝オーバーの尺ギスだ

子供連れでのんびり楽しく釣りを満喫しながらも、一発大物ゲットで優勝の可能性もあるのが、この大会のいいところ

型狙いでポイントを選ぶので、釣れるキスは太くてデカイ! 刺身にできるサイズだ

シロギスゲットに思わずにっこり!

あえて型狙いの操船なので大会ではそれほど数は釣れないが、それでもみなさんお土産十分

女性でも簡単に釣れるからチャンスは広がる!

子供たちにも十分優勝の可能性はある

どうかな? このサイズ!

今年も開催された「金沢漁港シロギス釣り大会」。毎回大勢の参加者を集め、優勝者にはペアハワイ旅行がプレゼントされる夏の人気釣り大会だ。今年も熱い戦いがくり広げられた!

ハワイ旅行をはじめ、豪華賞品が盛りだくさん!

各船宿別の表彰。「黒一丸」では釣り竿、クーラーの他、アナゴ、アジの開き、タチウオの干物、獲れたて野菜など、参加者全員なにかしらの賞品をゲット

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「黒一丸」。

午前8時、過去最多の総勢902名が37隻の船に分乗し一斉スタート。各船長思い思いのポイントへと走り、優勝賞品のハワイペア旅行を夢見て一発大物を狙った。

「先週まではビギナーでも半日で10匹以上は釣れていた」という状況も、数日前に「潮が変わってから厳しい」展開に。

各船、当然大型狙いだから数は伸び悩んだが、家族連れやグループ釣行者が多く船中和気あいあいがこの大会の良いところ。それでいながら一匹大型を釣ればハワイ! の夢があるのだから、皆冗談を言い合いながらも最後まで諦めず竿先に集中する。

13時に沖揚がりとなり、各船宿で計量&船宿表彰の後、大会会場にて全体表彰。憧れのハワイ旅行を手にしたのは、「忠彦丸」に乗船の植野忠一さん(横浜市)で28.3㎝を釣り上げての優勝。

「胴付き2本バリでカワハギ釣りの要領で、タタキをいれた後タルマセてからの聞きアワセで来ました」と勝因を話してくれた。

以下2位の国内旅行券は「健一丸」に乗船の新倉利一さんが27.8㎝で、3位の温泉宿泊券は「仁春丸」に乗船の有澤晋一が27. 7㎝でそれぞれ手にした。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

秋の行楽シーズン、紅葉狩りや温泉もいいけれど、気持ちのいい洋上で「イシモチ釣り」はいかがだろう?


アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

「落ち」のシーズンを前に、東京湾のシロギス釣りがおもしろくなっている。今回、金沢八景「荒川屋」の午前シロギス船を取材したが、その釣果はトップが51匹。同日の午後船のトップの釣果は61匹で、通しで乗った乗船客が101匹と束釣りを達成した。


一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

周年楽しめる走水沖のブランドアジは、9月に入ると数型ともに好調で、連日トップ50匹も珍しくなかった。走水港「関義丸」の取材当日も、丸々太ったジャンボサイズであっと言う間にクーラーはズッシリ満タン。


今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読