MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アベレージサイズUP中! 東京湾タチウオゲームが絶好調だ!(太田屋)

アベレージサイズUP中! 東京湾タチウオゲームが絶好調だ!(太田屋)

「全体的には好調ですよ。いっときのようなトップ30本から60本という釣果は落ち着きましたけど、アベレージサイズがアップして釣り応えがあると思いますね」 教えてくれたのは、金沢八景「太田屋」でルアータチウオを担当する佐野一也船長。

perm_media 《画像ギャラリー》アベレージサイズUP中! 東京湾タチウオゲームが絶好調だ!(太田屋)の画像をチェック! navigate_next

模様次第では一旦、休止もあるが、ここ数年は冬まで楽しめるタチウオ

ポイントにはエサ釣り、ルアー釣りを問わず船が集結する

ポンピングはせず、軽くなっても構わずグリグリ巻く。これがキャッチへの最短距離

デカイッと思ったら船長にタモ取りしてもらうのが確実だ

最後の最後に出た118㎝。「ヒットしたのは底から20mくらい。わりと早めに小さくシャクりました」。仕留めたのは川口市の中本栄治さん

これが数釣れるサイズ。食べておいしいぞ!

こんなカタチで上がってくることもあり…

刺身にムニエル、塩焼きでも美味しいね!

巻きスピードとシャクリの間は常に意識しておきたい

適したタックルを準備できれば快適かつ効率的にタチウオ釣りを楽しめる

メタルジグは100~120gをメインウエイトに上下に散らして準備。150gは必携だ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」。

好調振りやいかが? と、たっぷりの水と塩飴を持って同船取材を敢行した。

まずは第二海堡周りから、と話していた船長だったが、移動中の横須賀沖で船を止めた。水深38m。底から10mくらいを探って! とのアナウンス。何本かの小型を仕留めた。

その後は航路近くの本命場所へ。

「指3本くらいが多いかな。でも、ここはドラゴンが出るところですからね」

アベレージサイズがそこかしこでポツリポツリ。水深は60m前後。海底からときおり30mくらいまで反応が立ちあがる。潮が動いたタイミングで食いが上がりはしたが、終始拾い釣りを展開。釣りとしては面白いが、暑さがキツい状況が続いた。

ストップフィッシングの合図で走り出した船が、またもや朝イチのポイントで止まった。船長の目論見通り、ここでドラゴンが登場!

「今期初の場所だったんですが、朝釣れたので帰り際にも期待できるかな、と思って」

してやったり! 首尾よく仕留めたドラゴンは118㎝。ほかにも良型を数本加えて帰港となった。
模様次第ではいったん休止もあるが、ここ数年は冬まで楽しめるロングランターゲット、タチウオ。ぜひお出かけあれ。

以上の記事は「つり丸」2018年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル