MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
これから本格シーズン! ワラサ&イナダ絶好調【東伊豆・初島周り】

これから本格シーズン! ワラサ&イナダ絶好調【東伊豆・初島周り】

今年はどこの地区でもワラサの釣れ始めが早い。東伊豆・初島周りでも例年より早く、7月の終わりぐらいからワラサ、イナダがオキアミで釣れ始めていた。剣崎沖の好調で影に隠れていたが、8月の末に数、サイズともに爆発したぞっ。

小はイナワラサイズもまじるが、4㎏級のほか6㎏超も飛び出している。竿頭は10匹以上も珍しくない!

東伊豆・初島周りでは、ワラサ&イナダが釣れ盛っている。

当日はワラサとイナダの中間サイズが多かったが、取材後は3〜4㎏級主体の日もあった!

チャンスのマヅメ時を逃さないように!

目下のポイントは初島周辺沖。

「つちそう丸」では、貸し出し用のステン缶も常備。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代「つちそう丸」。

今年はどの地区でもワラサ&イナダが釣れているが、ここ東伊豆エリアも熱いまなざしを浴びている。
9月上旬の主戦場は初島沖。小はイナワラサイズもまじるが、4㎏級のほか6㎏超も飛び出している。おまけに本マグロの子であるメジマグロが取り込まれることもある。竿頭は10匹以上も珍しくなく、絶好調なのだ。
釣り方は他地区と同様のオキアミをコマセに使ったコマセ釣り。食いのいい今(9月前半)の仕掛けは、ハリス6号6m。ハリを大きめにしてワラサに飲み込まれないようにして数を稼ぐのがコツだと、「つちそう丸」土屋旬船長が教えてくれた。
また、底からしっかりコマセをまき、指示ダナ(取材当時は底から10m)にビシを合わせることも大事。
それともう一つ。決してビシの位置を低くしてはいけないが、周りの人が釣れているのに自分だけが釣れない時は、ビシを1〜2m高くしてみるのも一つの手だという。
今後、東伊豆エリアのワラサは、居着いている群れが大きくなると同時に、沖から新群れも合流して、しばらく留まるのが例年のパターン。これからの東伊豆・初島沖のワラサは大いに期待できるぞ!

以上の記事は「つり丸」2012年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読