MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
これから本格シーズン! ワラサ&イナダ絶好調【東伊豆・初島周り】

これから本格シーズン! ワラサ&イナダ絶好調【東伊豆・初島周り】

今年はどこの地区でもワラサの釣れ始めが早い。東伊豆・初島周りでも例年より早く、7月の終わりぐらいからワラサ、イナダがオキアミで釣れ始めていた。剣崎沖の好調で影に隠れていたが、8月の末に数、サイズともに爆発したぞっ。

小はイナワラサイズもまじるが、4㎏級のほか6㎏超も飛び出している。竿頭は10匹以上も珍しくない!

東伊豆・初島周りでは、ワラサ&イナダが釣れ盛っている。

当日はワラサとイナダの中間サイズが多かったが、取材後は3〜4㎏級主体の日もあった!

チャンスのマヅメ時を逃さないように!

目下のポイントは初島周辺沖。

「つちそう丸」では、貸し出し用のステン缶も常備。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代「つちそう丸」。

今年はどの地区でもワラサ&イナダが釣れているが、ここ東伊豆エリアも熱いまなざしを浴びている。
9月上旬の主戦場は初島沖。小はイナワラサイズもまじるが、4㎏級のほか6㎏超も飛び出している。おまけに本マグロの子であるメジマグロが取り込まれることもある。竿頭は10匹以上も珍しくなく、絶好調なのだ。
釣り方は他地区と同様のオキアミをコマセに使ったコマセ釣り。食いのいい今(9月前半)の仕掛けは、ハリス6号6m。ハリを大きめにしてワラサに飲み込まれないようにして数を稼ぐのがコツだと、「つちそう丸」土屋旬船長が教えてくれた。
また、底からしっかりコマセをまき、指示ダナ(取材当時は底から10m)にビシを合わせることも大事。
それともう一つ。決してビシの位置を低くしてはいけないが、周りの人が釣れているのに自分だけが釣れない時は、ビシを1〜2m高くしてみるのも一つの手だという。
今後、東伊豆エリアのワラサは、居着いている群れが大きくなると同時に、沖から新群れも合流して、しばらく留まるのが例年のパターン。これからの東伊豆・初島沖のワラサは大いに期待できるぞ!

以上の記事は「つり丸」2012年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
南房エリアは秋から春までロングランでヤリイカ釣りが楽しめるエリア。ヤリイカを狙って出船中の乙浜「信栄丸」では大型まじりで好調をキープ。大型ヤリイカシーズン本番。パラソル級の多点掛けを体感しよう!
多くの魚種を一緒に釣ってしまおう!鴨川江見沖では通常の概念を覆す五目釣りがあると聞く。同じタックルと仕掛けで多魚種が狙える!五目以上の魚種が顔を出す夢の釣りだ!
最新記事
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
スーパーライトジギングのエントリーモデル「ヴェデル SLJ エアポータブル(マルチピース)」
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
餌木のロングキャストが可能な摩擦抵抗軽減PEライン「SМ PE エギスタ×8」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読