MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
”イワシ”がキーワード !-食わせサビキ釣り-(ディープオーシャン)

”イワシ”がキーワード !-食わせサビキ釣り-(ディープオーシャン)

「テレビゲームをしている感覚で操船してます」というのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長。彼はタテ釣り、関東では食わせサビキ釣りとよばれている釣り方で、ヒラメ、ブリ、ヒラマサ、マダイ、キジハタなど、マッチ・ザ・ベイトのイワシやアジで釣れるものすべてがターゲットである五目釣りを楽しませてくれる。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

”イワシ”がキーワード! マッチ・ザ・ベイトで釣り上げるタテ釣り

ポイントは茱崎港真沖。風光明媚な景色が広がる

ソナーと魚探に映っているのがウルメイワシの群れだ

この日のベイトはイワシ。船長はイワシを追い続けた

青物の引きは強烈! 魚礁周りをよく攻めるので、ドラグはきつめに設定する。ダイレクトな引きを満喫しよう

日本海の秋のヒラマサはおいしい。今期もヒラマサが回遊中だ

貴重な一本を釣り上げた!

イワシベイトにはマダイがよくヒットする

マダイゲットに思わずにっこり!

113㎝15・5㎏ブリキャッチ。この日は他に8.5㎏、7.5㎏、7㎏のブリがあがっている

ダブルワラサヒットで仲良く記念写真

青物のほか、多彩な根魚がまじるのがこの釣りの魅力のひとつ。小アジがベイトのときはヒラメがメインターゲットだ

これはクロソイ

ロッドのバッドパワーを最大限に生かしてやり取りしよう

カサゴの一荷

高級魚クロムツも釣れる

多彩な根魚はみなおいしい高級魚

青物が回遊しているときの仕掛けは、ハリス20号

今回、取材にご協力いただいたのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」。

「港前の魚礁に群れるウルメイワシを追いかけてます。そのイワシがとても手ごわい。ソナーで追いかけて、群れにそっと近づいて、仕掛けを投入。イワシはなかなか思いどおりには釣れません。リモコンで船を操舵してますから、テレビゲームをしているようなんです。これが一日やっていて楽しいんです」。船長独自の世界にどっぷりとハマッたコメントだが、この釣りは船長の操船力が大半をしめる。それだけに、浜野船長への釣り人の期待度も大きい。

イワシを上手にサビキにヒットさせることができれば、高確率で青物や根魚がヒットする。結果もすぐに出るので、置き竿でアタリを待つことはない。

一度この釣りを体験すると病み付きになる釣り人も続出中だが、そろそろ今シーズンも終盤戦。天気と相談しながら釣りへ行こう。

以上の記事は「つり丸」2014年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル