MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超お手軽なゲームで楽しむ! ターゲットはマゴチ、マアジ他(釣福丸)

超お手軽なゲームで楽しむ! ターゲットはマゴチ、マアジ他(釣福丸)

横浜磯子をベースに独自のルアーゲームを展開している「釣福丸」。季節ごとに細かく看板ゲームが変わるが、秋から冬にかけてはとくにおすすめの釣り物がある、という。

ナイトゲームの基本的な攻略はリフト&フォール。ぜひ実践してみよう!

メッキ、カンパチ、マアジ、マゴチ、アオリイカ、ロックフィッシュ…。すべてのターゲットを根岸湾内で楽しめる

カケアガリを斜めに横切るようキャストしてから、ルアーをいったん着底させる

ポイントによってはカサゴも顔を出す

この日のマゴチの最大魚。60cm近いグッドサイズ。テンヤが大活躍!

これがアベレージサイズのマゴチ

釣り好き女子大生の高橋元美さんはヒラメとファイト中

なんとヒラメをキャッチ!「根掛かりかな、と思ったら動き始めて…」と大喜び

ソフトルアーで狙う美味しそうなマアジも釣福丸の得意ターゲット

良型アナゴも釣れた!

メッキゲームはデイゲーム。キャスティングで楽しめる

温排水周りでは小型のトウゴロウイワシがメッキ、カンパチに追われていた

メッキは南方系の魚。小気味いいファイトを存分に味あわせてくれた

苦戦したが腕達者がなんとか良型メッキを仕留めた! 岸壁際にDコンタクトを10秒フォール。そこからの縦トゥイッチでキャッチ

もちろん、スレでヒットすることもある

デイゲーム、カンパチ狙いのワインドにヒットしたレギュラーサイズのマゴチ

ルアーは7〜20g程度のジグヘッドに、ソフトルアー各種をセットする

ソフトルアーは様々なもので釣れており、ジグヘッドの代わりにひとつテンヤ用のテンヤを使っている人もいる

メッキ狙いのルアーは5〜7cm程度の小型シンキングミノーが最も使いやすい。ほかには小型ポッパー、ペンシルベイト、フローティングミノー、メタルジグ、ジグヘッド&ソフトルアー、ワインド用ジグヘッド&ソフトルアーなど

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子「釣福丸」。

「毎年の定番は温排水周りのカンパチとメッキだね。ただ、今年はまだ水温が落ち切らないせいか、いまひとつ食いが悪い。魚はいるんだけどね。あと人気があるのはマアジ。これに加えて今年から狙っているのがマゴチ。今日はここら辺を狙っていこうか?」

夕方は温排水周りの小型回遊魚、暮れてからはマゴチ、隙をみて? マアジというプラン、と福住武彦船長。

走って数分、という温排水周りからスタート! 到着するやいなや小さなベイトフィッシュが水面を逃げまどう姿があちこちで確認できた。期待大! と盛り上がるものの、なかなか手強い。かろうじて数匹のメッキを仕留めたものの、カンパチは不発。姿が確認できるほど魚はいたのだが…。

不完全燃焼のままマゴチ狙いに転向。海底周辺をジグヘッド&ソフトルアーで叩いていくのが基本スタイルだ。こちらは最初のポイントから型が出た。食いがいまひとつ、とのことだが、乗船者のほぼ全員がキャッチ! 最近多い、というヒラメまで登場し、おおいに盛り上がった。

マアジに軽くちょっかいを出して予定終了。駆け足でいくつかの釣り物を狙ったがいずれも応えてくれるところが凄い! この日は取材を柱に釣行計画を立ててくれたが、実際の出船でも同様の釣りが可能。もちろん、魚種を絞っての釣りもOK。船長と相談のうえ、思い思いに秋の東京湾を楽しんでほしい。

以上の記事は「つり丸」2014年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読