MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋のベストシーズン到来! 外房のヒラマサが今アツい(山正丸)

秋のベストシーズン到来! 外房のヒラマサが今アツい(山正丸)

外房のヒラマサが秋のシーズンを迎えている。春ほど数が出ているわけではないが、サイズがよく、ジギングでは3〜4㎏、キャスティングでは7〜8㎏が中心にキャッチされている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

「山正丸」ではバッグリミットを設定。釣った魚をリリースする人が増えている

「それはマサだよ!」という山口船長の言葉に表情が引き締まった

尾上智佳さんはヒラマサにハガツオ多数と絶好調だった

キャッチ&リリース!

キャスティングでは大型をラインブレイク…

ローカルスタンダード代表の尾上拓哉さんはジギングで

クロマグロなど水産資源の減少が叫ばれる昨今。「昔より魚がどんどん少なくなっている」ということを一番実感しているのは釣り人自身ではないだろうか? 釣り人も水産資源のことをちゃんと考えなければならない時期に来ている

外房は根が複雑なポイントが多い。緊張のやり取りだ

最後のひと流しでヒット! 諦めない心が大切だ

キレよくシャクってジグをアクションさせる

キャッチされているのは3~4㎏サイズが多いが、この秋はすでに30㎏オーバーもキャッチされている!

キャスティングでヒットしたグッドサイズ!

リップルフィッシャーテスターの岩倉さんはジギングで

今年はハガツオが非常に多い。超美味なので、ぜひ釣りたい!

10月20日、外房で30.24㎏という大変素晴らしいヒラマサをキャスティングでキャッチしたパッションズの荻原正幸さんはこの日は不調…。良型のハガツオのみだった

カンパチ(これはヒレナガカンパチ)やイナダ・ワラサもまじる

キャスティングで大型のラインブレイクが相次ぎ、見るに見かねて(?)キャストした山口徹船長にヒット!

160gという大型プラグのシングルフック仕様でキャッチ! この日はペンペンシイラが追われるシーンが何度も目撃された

山口船長も、もちろんリリース

タックルはキャスティングとジギングの両方を用意しよう

準備は万全に!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

当日は時折ペンペンシイラを追って派手な水飛沫が上がるエキサイティングなシーンが何度も見られ、明らかに10㎏オーバー思われるヒットも何回かあったが、残念ながらラインブレイク…。

そんなアングラーたちにお手本を見せるべく(?)、「山正丸」山口徹船長が大型プラグをキャストすると、グッドサイズがヒットするという一幕も。「こうやって釣るんだ!」と言わんばかりに見事にキャッチした。

そんな熱い山口船長が操船する「山正丸」だからこそ、これからヒラマサのルアーゲームを始めてみたいという人は門を叩いてみてはいかがだろう?ジギングもキャスティングも親切に教えてくれるはずだ。

外房は根のきついポイントが多く、キャッチには運も大きく左右するが、超大物は確実にいる。タックルやノットを万全にしてチャレンジしよう。

以上の記事は「つり丸」2014年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
勝浦松部港「信照丸」では、一年を通して生きイワシエサのマハタ五目で出船。1〜2㎏前後が中心だが、状況が良ければ3㎏以上のサイズも食ってくる。ゲストはカサゴ、キントキ、ヒラメなどいろいろまじる!
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル